西之島

2017年06月21日
1 : 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ :2017/06/21(水) 16:27:45.77 ID:4Dr7A2Qt0.net BE:323057825-PLT(12000) BE:323057825-PLT(12000)
国土地理院は21日、噴火によって約9倍に広がった小笠原諸島の西之島の地図を初めて公開した。活動が沈静化した2016年12月時点の地形を表したものだが、皮肉なことに(?)今年4月以降、再び活発な噴火が続いている。

(省略)

 これらの地図や地形図、空中写真は、今月30日に国土交通省のホームページで公開されることになる。西之島では今年4月、約1年5ヵ月ぶりに噴火を再開し、マグマ活動が小休止以前と同程度に戻ったことから、今回公表されたばかりの地図も、近いうちに再び更新されるだろうと期待される。

西之島「面積9倍」噴火後初の地図 地理院が公開 25年ぶりの更新だが…
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/0/20764.html





続きを読む
日本 18:46│コメント(37)




2017年06月20日
1 : 名無しさん@涙目です。(dion軍)@\(^o^)/ :2017/06/20(火) 09:15:14.60 ID:yTD3gjAT0●.net BE:448218991-PLT(14145) BE:448218991-PLT(14145)
小笠原諸島の西之島では、高温のマグマが地下から火口付近に供給され、活発な噴火活動が続いていることが気象庁の気象研究所の火山灰の解析結果などからわかりました。流れ出た溶岩で、今後も陸地が拡大する可能性があるとしています。

小笠原諸島の父島の西、およそ130キロにある西之島では、ことし4月、海上保安庁の上空からの観測で、およそ1年半ぶりに噴火が確認され、流れ出た溶岩で島の西側や南西側を中心に陸地が拡大しているのが確認されています。

(省略)

気象研究所火山研究部の高木朗充第三研究室長は「いったん弱まった離島の火山の活動がわずか2年ほどで再活発することは珍しく、今度も観測を続けたい」と話していました。

全文(リンク先にニュース動画あり)
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170620/4341251.html




続きを読む
日本 09:54│コメント(23)

2016年10月12日
1 : リキラリアット(やわらか銀行)@\(^o^)/ :2016/10/12(水) 22:48:55.60 ID:SiFKJYlY0.net BE:961799614-PLT(13001) ポイント特典
西之島、噴火後初の上陸調査…16日から
読売新聞 10月12日(水)18時3分配信

小笠原諸島の西之島(東京都小笠原村)で、2013年11月から約2年間続いた噴火後初めてとなる上陸調査が、今月16日から11日間の日程で行われる。

 期間中に上陸するのは2日間で、国内の火山や地質、鳥類の専門家ら14人が参加し、島が成長した経緯や、島の生態系の解明につなげるという。

 調査団の代表を務める東京大学地震研究所の武尾実教授(火山物理学)によると、溶岩を採取したり、海鳥の営巣状況を観察したりするほか、島内や周辺に火山活動を監視する地震計などの装置計11基を設置する。再び噴火して大規模な火山の崩落が起きれば、約130キロ・メートル離れた父島(同村)に津波が来る恐れもあることから、周辺の海域に津波計も設置する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161012-00050076-yom-sci


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1476280135/【すくすく】西之島、噴火後初の上陸調査 16日から これならヤギと一緒に上陸できる

続きを読む
2015年11月18日
1 : ジャンピングエルボーアタック(dion軍)@\(^o^)/[sage] :2015/11/18(水) 14:59:03.32 ID:0/V/6Edo0.net BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典

西之島に新しい火口、島の面積は噴火前の12倍
2015年11月18日 14時46分
 小笠原諸島(東京都)・西之島の海底火山の噴火が確認されてから、20日で2年となる。

 噴火で出現した新しい陸地は、元の西之島をのみこむ形で成長し、活発な火山活動が続いている。

 17日に上空を飛んだ本社機から、高さ約150メートルの丘にある火口近くで、新たに溶岩が流れ出している場所が見つかった。同乗した東京大地震研究所の前野深・助教(火山地質学)によると、新しい火口とみられるという。

 海上保安庁が9月に行った観測では、島の面積は噴火前の約12倍の2・68平方キロ・メートル(東京ディズニーランドの5倍超)に拡大した。17日も、従来の火口から、約30分おきに爆発的な噴煙が上がり、1メートル以上の噴石が飛び出していた。
http://www.yomiuri.co.jp/science/20151118-OYT1T50060.html?from=ytop_main6


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1447826343/
西之島がまだまだ大きくなる件 TDLの5倍超に

続きを読む
日本 16:15│コメント(27)

2015年08月04日
1 : アンクルホールド(やわらか銀行)@\(^o^)/[ageteoff] :2015/08/04(火) 21:18:51.12 ID:7dhggakh0.net BE:961799614-PLT(13001) ポイント特典

西之島最新映像公開、火口拡大を確認
TBS系(JNN) 8月4日(火)19時34分配信

火口から白い煙が噴き出しています。これは先月31日海上保安庁が撮影した最新の西之島の映像です。

 海上保安庁が航空機から観測したところ、山頂の北側の斜面に新たな火口ができていて、元の火口と併せて大きな1つの火口となっていることが新たにわかりました。拡大した火口からは噴煙が継続的に出ているということです。

 先月の海上保安庁の測量船調査でも、別の火口ができていることが確認されていて、海上保安庁は引き続き調査しています。

 また、6月に観測した時の面積はおよそ2.70平方キロメートルでしたが、今回は島の上空に雲があり、全体の面積や形の観測ができなかったということです。

 爆発的な噴火の回数は減っていて、噴火の形態が変わっている可能性があるということですが、海上保安庁は引き続き周辺海域に警戒を呼びかけています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150804-00000052-jnn-soci

2015年7月31日 11:50-12:50 海上保安庁 撮影





|・ω・`) 噴火が収まってきたそうなので同居するヤギの用意をします

転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1438690731/
【すくすく】西之島最新映像公開、火口拡大を確認 噴火回数は減 移住できる日も近いな

続きを読む
日本 22:44│コメント(29)

2015年07月07日
1 : リキラリアット(catv?)@\(^o^)/[ageteoff] :2015/07/07(火) 07:18:23.17 ID:V/OPL3980.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典

活発な噴火活動が続く小笠原諸島の西之島について、海上保安庁は測量船による海上からの観測の結果、これまで続いていた島の中央部の火口からの噴火が停止し、新たにできた火口から噴火が始まったと発表しました。
小笠原諸島の父島の西、およそ130キロにある西之島では、おととし11月、島の南東側の海底で噴火活動が確認され、その後、新たにできた陸地が元の島と陸続きになって拡大するなど、活発な噴火活動が続いています。
海上保安庁は先月下旬から測量船を使って周辺からの観測を行っていて、引き続き、島の中央部の火山灰などが堆積した、高さおよそ150メートルの「火砕丘」の頂上部の火口から活発な噴火が確認されていました。
ところが5日の朝になって、頂上部の火口から噴煙が確認できなくなり、そのおよそ4時間後に火砕丘の北東側の斜面にできた新たな火口から噴煙が上がり、噴火が確認されたということです。
5日午後1時の時点で、新たな火口からは断続的に噴煙が上がり、噴火が確認されましたが、頂上部の火口では噴煙は確認できず、噴火が止まった状態が続いていたということです。
海上保安庁は、何らかの理由で地下深くからのマグマが上昇する経路が変化し、新たな火口からの噴火が発生したのではないかとしています。海上保安庁は、引き続き、周辺の海域での調査を続けることにしています。

リンク先に動画あり
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150707/k10010141341000.html


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1436221103/
【スクスク】西之島タン、新たな火口から噴火始まる【成長】

続きを読む
日本 09:00│コメント(31)

2015年03月17日
1 : スリーパーホールド(宮城県)@\(^o^)/[ageteoff] :2015/03/17(火) 22:18:37.79 ID:Br0AJXFN0.net BE:601381941-PLT(12121) ポイント特典

西之島、標高137メートルに 体積は東京ドーム52個分

国土地理院(茨城県つくば市)は17日、噴火による拡大が続く小笠原諸島・西之島(東京)の新たな航空写真を公開した。標高は137メートルに達し、海面上の体積は東京ドーム約52個分の6446万立方メートルとなった。

民間の無人航空機が1日に撮影した画像を分析した。前回撮影した平成26年12月時点と比べると、標高は27メートル高くなり体積は1・3倍に増えた。陸地面積は、1・1倍に広がり2・55平方キロだった。

国土地理院の担当者は「噴火活動はいまも活発と考えられる。昨年12月と比べると、島の東側部分で標高が増している」と話した。

西之島では25年11月、付近で海底火山が噴火し新たな陸地が出現。元の島とつながり、拡大を続けている。



噴火活動が続く小笠原諸島・西之島=1日(国土地理院提供)

http://www.sankei.com/life/news/150317/lif1503170025-n1.html


西之島をいろいろな場所で比較できるサイト ※2014年10月16日での比較なのでちょっと小さめ
http://www.asahi.com/topics/word/%E8%A5%BF%E4%B9%8B%E5%B3%B6.html


皇居と比較


大阪城と比較


博多の森球技場と比較


仙台駅と比較



転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1426598317/
西之島、標高137メートルに 体積は東京ドーム約52個分 面積は皇居よりちょっと広いくらい

続きを読む
日本 23:49│コメント(29)

2015年02月24日
1 : フォーク攻撃(やわらか銀行)@\(^o^)/[ageteoff] :2015/02/24(火) 19:16:50.55 ID:flcsp8kr0.net BE:961799614-PLT(13001) ポイント特典

西之島、東京ドーム52倍に
時事通信 2月24日(火)18時5分配信

海上保安庁は24日、噴火活動が続く小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)が、東京ドーム52個分に当たる約2.46平方キロに拡大したと発表した。写真は西側上空から撮影された西之島=23日午前(海保提供)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150224-00000029-jijp-soci.view-000



動画はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=XjXy_3JkioE


|*´ω`) かわええのう いとおしいのう

転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1424773010/
【動画・画像】西之島、東京ドーム52倍にすくすく成長中 約2.46平方キロに拡大

続きを読む
日本 20:30│コメント(29)

2015年01月22日
1 : FinalFinanceφ ★[sageteoff] :2015/01/22(木) 19:08:25.14 0.net
小笠原諸島の西之島は、海上保安庁の上空からの観測の結果、現在も活発な噴火活動が続き、島の東側に面積が拡大しているとみられることが分かりました。

小笠原諸島の父島の西およそ130キロにある西之島は、おととし11月に島の南東側の海底で噴火活動が確認され、その後、新たに出来た陸地が元の島と陸続きになり、拡大が続いています。

21日、海上保安庁が航空機で上空から観測したところ、島の中央部付近の火口から、1分間に5、6回程度、噴煙や噴石が噴き上がるなど、現在も活発な噴火活動が続いていることが確認されました。

今回の観測では、島の北側への拡大が止まったとみられる一方で、島の東側で流れ出した溶岩が海水と接触し、白い蒸気が上がっている様子が確認されました。また、赤外線カメラによる映像では、火口から激しい勢いで高温の噴石などが噴き出している様子や、島の東側で表面が固まった溶岩のすぐ下を高温の溶岩が海岸に向かって流れ出しているとみられる様子も確認されました。

天候の影響で島の大きさや面積は測定できなかったということですが、海上保安庁によりますと、先月の観測と比べて島は東側へ数百メートルほど拡大しているとみられるということです。海上保安庁は引き続き、周辺を航行する船に十分注意するよう呼びかけています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150122/k10014890311000.html



22 : オレオレ!オレだよ、名無しだよ!![sage] :2015/01/22(木) 21:27:10.31 0.net
東にさらに拡大 西之島、北への溶岩流止まる: http://youtu.be/3o9psvY2RD0


転載元スレッド:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/dqnplus/1421921305/
西之島、先月からさらに東に数百メートル拡大

続きを読む
日本 23:10│コメント(14)

2014年11月18日
1 : 朝一くんφ ★@\(^o^)/[sageteoff] :2014/11/18(火) 19:38:59.19 ID:???.net
2014年11月18日(火) 16:43
溶岩流出続く西之島、専門家「世界的にも珍しい」
小笠原諸島・西之島の噴火が確認されて、間もなく1年になります。このような長い期間、溶岩が流れ続ける現象について、専門家は「世界でもほとんど例がない」と指摘しました。

今月15日に撮影された西之島の最新映像。白い噴煙が勢いよく上がり、活発な火山活動が続いているのが分かります。

西之島は1973年にも今回と同じ場所から噴火し、新しい島ができましたが、ほとんどが波に浸食されてその後、消滅しました。専門家は今回のように海底火山で1年という長い期間、溶岩が流れ続けるのは「世界的にも極めて珍しい」と指摘します。

「ほとんど事例がないと思います。1年間(溶岩が)流れ続けるのは極めてまれな事例」(東京工業大学・野上健治教授)

また専門家は、「噴火がいつ終わるか分からない」としたうえで、「どこからマグマが来るのかは謎だ」と話しました。

西之島全体の面積は、先月時点で東京ドームのおよそ40倍、1.89平方キロメートルと噴火前の8.6倍に拡大していますが、今後、さらに2倍から3倍ほど拡大し、数百年単位で島として残るとの見通しも示しています。
http://www.rsk.co.jp/news/news_jnn.cgi?cat=1&id=2352261




転載元スレッド:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1416307139/
【島】溶岩流出続く西之島、専門家「世界的にも珍しい」

続きを読む
日本 23:50│コメント(20)

2014年08月27日
1 : ファイヤーバードスプラッシュ(WiMAX)@\(^o^)/ :2014/08/27(水) 19:49:31.45 ID:ZiHw9lMl0.net BE:545512288-PLT(15444) ポイント特典

西之島、爆発的噴火の恐れも…火口に溶岩だまり
2014年08月27日 19時24分

 海上保安庁は27日、小笠原諸島(東京都)の西之島で、火口の一つに溶岩だまりができているのを確認したと発表した。

 溶岩が火口にあるマグマの通り道をふさぐと、地中の圧力が高まって爆発的な噴火を引き起こす恐れがあるといい、同庁は「引き続き慎重に観測を続ける」としている。

 同庁の航空機が26日に観測した。島北部にある直径100メートルほどの「北側火口」で、溶岩が長さ90メートル、幅60メートルの楕円だえん形にたまっていた。
(※以下ソース)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140827-OYT1T50112.html

転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409136571/
小笠原諸島の西之島さん、爆発的噴火のおそれ

続きを読む
日本 21:05│コメント(17)

2014年08月20日
1 : Cancer ★@\(^o^)/ :2014/08/19(火) 22:27:48.61 ID:???.net
西之島、斜面崩落の可能性…父島に津波の恐れも
2014年08月19日 10時01分

活発な噴火が続く西之島。噴出する溶岩は主に東(右方向)へ広がっている(6日、読売機から)


西之島、斜面崩落の可能性(動画)
http://www.yomiuri.co.jp/stream/?id=2286009

 昨年11月からの火山活動で急成長した小笠原諸島の西之島(東京都)は、このまま溶岩が活発に流出し続けると不安定になり、斜面の一部が崩壊する可能性があるとの見方を、東大地震研究所の前野深助教(火山地質学)らがホームページ上で明らかにした。

 崩壊した部分が海に流れ込み、約130キロ・メートル東の父島(同)に津波が到達する恐れもあるという。

 溶岩の流出量は1日約20万立方メートル。これが続くと、円すい形の急斜面に積み重なり、崩壊しやすくなる。

 前野助教らがコンピューターで計算した結果、11月以降の溶岩の噴出量の約4分の1にあたる1200万立方メートルが、東側斜面で崩落した場合、17〜19分で最大約1メートルの津波が父島に到達することが分かった。前野助教は「津波計などを新設して、崩壊をすぐ把握できれば、避難につなげられる」と指摘している。

2014年08月19日 10時01分 Copyright c The Yomiuri Shimbun

西之島の一部(左図の赤色部分)が崩壊した場合に発生する重力流と津波の数値シミュレーション結果.発生直後の 3 分間. 海水面付近で崩壊が起こるために,陸上で重力流が発生して海へ流入する場合と比べて津波の励起に関与する重力流の運動エネルギーは小さい.

http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/VRC/nishinoshima/nishinoshima_tsunami/wc/tsunami_narrow_wc.GIF
(上記画像のGIFアニメーション。サイズ2MB)

ソース:YOMIURI ONLINE(2014年08月19日)
西之島、斜面崩落の可能性…父島に津波の恐れも
http://www.yomiuri.co.jp/science/20140819-OYT1T50027.html

ソースのソース:東京大学地震研究所ウェブサイト
西之島噴火に伴い発生する可能性がある津波について
http://www.eri.u-tokyo.ac.jp/VRC/nishinoshima/nishinoshima_tsunami/

転載元スレッド:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1408454868/
【地質学】西之島、噴火が続くと一部崩壊・津波の可能性 東大助教が指摘

続きを読む
2014年07月26日
1 : Cancer ★@\(^o^)/ :2014/07/25(金) 22:12:46.91 ID:???.net
西之島、新たな陸地100倍に 新しい火口も

活発な噴火活動が続く小笠原諸島の西之島=23日(海上保安庁提供)


 噴火活動で新たにできた小笠原諸島・西之島(東京)の陸地面積が、昨年11月に発見された当初の約100倍に当たる約108ヘクタールに拡大したことが24日、分かった。陸地の北東部には新しい火口が確認され、活発な活動が続いている。

 海上保安庁が23日午前、航空機で上空から観察した。最も活発な中央部の火口では、2〜3分ごとに爆発的な噴火を繰り返し、高度1500〜2000メートルまで噴煙が上昇。新たに見つかった火口では、あふれ出した真っ黒な溶岩が海に流れ込み、大量の水蒸気を発生させていた。
2014/07/24 20:47 【共同通信】

ソース:47NEWS(2014/07/24)
西之島、新たな陸地100倍に 新しい火口も
http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072401001802.html

プレスリリース:海上保安庁(平成26年7月24日)
西之島の火山活動の状況(7月23日観測)
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/kouhou/h26/k20140724/k140724-1.pdf (PDF)

動画:東京都小笠原村西之島の火山活動の様子亜 擅祁遑横各撮影】1分18秒)
http://www.kaiho.mlit.go.jp/stream/index.html#meta45.asx


(以下は西之島に関する別ニュースです)
西之島溶岩は東京ドーム18杯分 無人機撮影の画像分析

火山活動が続く東京都の小笠原諸島・西之島=7月4日(国土地理院提供)


 国土地理院(茨城県つくば市)は23日、海底噴火でできた新島と合体した小笠原諸島・西之島(東京)で、海面に出ている溶岩量が東京ドーム18杯分に相当する約2220万立方メートルに達したと発表した。無人航空機が4日に撮影した画像を分析した。

 国土地理院によると、前回撮影した3月22日と比べると、標高は3メートル高い約74メートル、海面上の溶岩量は2倍になった。陸地面積は、昨年11月の噴火で新島が出現する前の約0・22平方キロから、6倍の約1・3平方キロに拡大した。

 西之島と新島は昨年12月につながり、溶岩噴出による拡大が続いている。
2014/07/23 16:35 【共同通信】

ソース:47NEWS(2014/07/23)
西之島溶岩は東京ドーム18杯分 無人機撮影の画像分析
http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072301001280.html

プレスリリース:国土地理院(2014年07月23日)
西之島の面積1平方キロメートル以上増加
http://www.gsi.go.jp/kenkyukanri/kenkyukanri60007.html

転載元スレッド:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1406293966/
【地質学】西之島 陸地面積が噴火前の約6倍に 北東部に新たな火口も

続きを読む
日本 08:00│コメント(28)

2014年05月20日
1 : 大口小火◆lol.XSQqdw :2014/05/20(火)14:41:33 ID:???
小笠原諸島の「新島」出現から半年。溶岩などの噴出量は東京ドーム20杯分になる。近くの西之島とつながった新しい陸地面積は元の西之島の3.5倍を超え、更に「成長」を続けている。

陸地面積は約75万平方メートル、最も高い地点の海抜は70メートルを超えた。

この半年間の溶岩の噴出量は約2500万立方メートルに達し、これは、海底火山の噴火活動が1年以上続いて西之島が拡大した1973〜74年の約2400万立方メートルを上回っている。

東大前野助教は「今回の噴火は、73年時の水深100メートル程度より浅い水深数十メートルで始まったために、島の成長も当時より速いと考えられる。噴火がいつまで続くかは予測できないが、面積は更に拡大するだろう」と話す。

一部省略、ソース:毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20140520k0000e040166000c.html

転載元スレッド:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1400564493/
【地理】小笠原新島、すくすく成長 東京ドーム20杯分に[05/20]

続きを読む
日本 23:45│コメント(17)

2014年03月25日
1 : ぱぐたZ〜時獄篇◆fEbKMTmIyQ[sage] :2014/03/25(火)21:12:19 ID:e9AGkHPWS
★噴火の西之島、面積4・5倍に 70ヘクタール
2014.3.25 20:12

噴火で出現した小笠原諸島、西之島(東京)の新しい陸地面積が、東京ドームの約15倍に当たる約70ヘクタールに拡大したことが25日、分かった。「新島」と合体する前の面積約20ヘクタールを合わせると、西之島は約4・5倍になった。

海上保安庁が航空機で上空から観察。海保はこれまで2カ所で火口を確認していたが、北側の火口の西側で、灰色の噴煙を30分に1回ほどの間隔で噴き出している火口を新たに見つけた。

同乗した東京工業大火山流体研究センターの野上健治教授は「マグマの供給は継続しており、島の成長はしばらく続くと見込まれる」とのコメントを出した。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140325/trd14032520160016-n1.htm
24日午後に撮影された小笠原諸島、西之島(海上保安庁提供)
http://sankei.jp.msn.com/images/news/140325/trd14032520160016-p1.jpg

転載元スレッド:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395749539/
【領土/小笠原】噴火の西之島、面積4・5倍に 70ヘクタール

続きを読む
日本 22:00│コメント(16)

2014年02月05日
1 : トペ コンヒーロ(京都府) :2014/02/04(火) 22:04:57.52 ID:QsF3D+QXP BE:2601900465-PLT(12014) ポイント特典

西之島の面積3倍に 海保「100年は残る」

火山活動により、元の大きさの約3倍になった西之島=3日午後(海上保安庁提供)

小笠原諸島(東京)の西之島が火山活動によって、元の大きさの約3倍になったことが4日、海上保安庁の調査で分かった。噴火で出現した「新島」と一体化して拡大を続けており、海保の担当者は「火山活動が収まって波で削られても、100年や200年は残るだろう」と話している。

海保によると、西之島の面積は約20ヘクタールだったが、南東にできた新島が溶岩で徐々に大きくなり、昨年12月に一体化。今月3日の上空からの観測では約60ヘクタール(東京ドームの約13倍)に達していた。

マグマの安定供給が続いているとみられ、さらに広くなる可能性が高いという。
2014/02/04 21:21 【共同通信】
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20140204000124
http://www.47news.jp/CN/201402/CN2014020401002617.html

転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1391519097/
噴火出現「新島」と一体化の西之島!拡大を続け面積3倍にw海保「100年は残る」「更に広く」www

続きを読む
日本 00:15│コメント(32)

2013年12月25日
1 : 毒霧(大阪府) :2013/12/25(水) 17:37:39.47 ID:KYdPtLvJ0 BE:496876436-PLT(12001) ポイント特典

小笠原の新島、西之島とほぼ合体 面積も拡大

 小笠原諸島・西之島(東京都小笠原村)近くの火山噴火でできた「新島」は溶岩が流れてさらに大きくなり、西之島に近づいて、ほとんど合体していることが25日、分かった。海上保安庁が24日、上空から観測したところ、流出した溶岩が海を埋め立て、西之島まであと10メートルほどに迫っていた。

 米航空宇宙局(NASA)が24日撮影した衛星画像でも、くっつきそうになっている様子が分かる。

 海保によると、13日までの観測では、新島は東西に面積を拡大し、北側の西之島との距離は11月の初観測時とほとんど変化がなかった。

http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122501001669.html

転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1387960659/
【悲報】小笠原の新島があっけなく消滅

続きを読む
日本 18:30│コメント(26)

2013年11月26日
1 : FinalFinanceφ ★[sage] :2013/11/26(火) 13:43:15.41 0
11月20日、小笠原諸島の西之島(東京・小笠原村)周辺で噴火があり、新しい島が出現した。波に浸食され、島が崩れる可能性もあるが、流れ出た溶岩により表面が固まれば島として残るという。

新島の出現は韓国でも話題だ。韓国メディアは「海底火山爆発で日本の小笠原諸島に新しい島が誕生」(聯合ニュース)、「火山爆発で新しい島出現…領海が広くなる?」(KBS TV)などと連日に渡り報じ、日本が領海を拡大するのではないかと注目している。

この新島の出現について、韓国の中にはおもしろく思っていない人もいるようだ。韓国人ブロガーのザカエフ(ハンドルネーム)さんは24日、自身のブログに「日本にできた新しい島…気に入らない」と題したエントリーを投稿し、新島の出現に不快感を示した。

日本列島ではたびたび噴火が起きるなど自然災害が多く発生するが、今回は本土から遠く離れた場所で発生し、人的被害もなかった。筆者は、今回の噴火は災害というよりも大地からの“プレゼント”だとし、「日本は新しい島によって領海を拡大させるだろう」と警戒感を示した。

日本と韓国は、竹島の領有権をめぐって対立が続いている。筆者はブログに1880年代の日本の教科書に載っていたとされる地図を紹介し、この頃日本は竹島を韓国領だと認識していたと指摘。
日本は竹島を強引に自国領に含めたように、新島出現で領有を拡大させていく可能性があると論じた。

筆者は慰安婦問題にも触れると日本の歴史認識を再度非難し、「このような状態にあるため、日本に新しい領土ができることは非常に不快なのだ」と説明した。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1126&f=national_1126_017.shtml

転載元スレッド:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1385440995/
韓国人「日本にできた新しい島・・気に入らない。非常に不快だ」

続きを読む
2013年11月23日
1 : 絶対殺すマン(140103)φ ★ :2013/11/23(土) 16:34:49.66 ID:???


小笠原諸島の西之島の南500メートルの海上に、直径約200メートルの新たな島ができたというニュースは日本でも大きな話題となっておりますが、お隣中国でもこのニュースは敏感にキャッチ。なぜなら新しい島ができるということはすなわち、領土・領海が増え中国人にとってデメリットでしかないからだ。また「中国の領土だ」などと主張する者もおり、決して「おめでとう!」と喜ばれる状況ではないようだ。



新しい島のニュースはすぐに中国に伝わり、中国版ツイッターであるウェイボ―で多くのコメントが寄せられております。多くは単純に「日本に新しい島ができた」「40年ぶりの島」などという非常に淡泊な紹介がされているだけにとどまっているが、中には「日本の領土になるのか」「中国の領土だ」「どうせすぐに沈むだろう」と悲観的なコメントを寄せるユーザも。

ただし現時点で中国人に「岩」ではなく「領土」と認めていただけるのはうれしい限りだ。


―この島は日本の領土になるのか?

領土になる為には、国連海洋法条約で定められているとおりである。

1: 自然に形成された陸地であって、水に囲まれ、高潮時においても水面上にあるものをいう。

2: 3に定める場合を除くほか、島の領海、接続水域、排他的経済水域及び大陸棚は、他の領土に適用される
  この条約の規定に従って決定される。

3: 人間の居住又は独自の経済的生活を維持することのできない岩は、排他的経済水域又は大陸棚を有しない。

これらを十分に満たしているので島といえるが、沈んでしまったり3を維持できない場合は、単なる岩に降格され、排他的経済水域または大陸棚が失われる。

余談だが沖ノ鳥島は消失の恐れがあるので、消波ブロックなどで補強をしている。


―ウェイボ―でヤジが飛ぶ

案の定新しい島に中国から根拠のないヤジが飛ばされているようだ。

・え?この島は日本の領土ですかw
・埋め立てた領土かもしれない
・国連はこの島の領土と認めない
・地下にゴジラがいたのかな
・島は神聖かつ日本が侵略してはならない古くから中国の領土の一部である
・期待持つのが早すぎ、どうせすぐ海に沈む
・中国の領土の一部
・東京で大きな地震が起こるでしょう
・モンスターが出てきそうだ
・日本の領土が広がるわけではないけど凄いです!
・大韓民国の領土と見なされるべきである
・安心してください、泥ではなく、固い岩によって形成された島なのですぐに沈むでしょう。

地震大国日本にも、新しい島ができるなどメリットがあることはうれしい限りだ。


引用元: 秒刊サンデー 2013/11/23
http://www.yukawanet.com/archives/4576799.html

転載元スレッド:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1385192089/
【中国】小笠原の新島は「中国の領土だ」と中国人がウェイボ―で主張

続きを読む
中国 23:30│コメント(66)

スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク