脳細胞

2008年08月14日
8ed75f62.jpg1 名前: 愛斯徳労徳(千葉県) 投稿日:2008/08/14(木) 19:29:24.28 ID:XIHJE1TM0 BE:548676285-PLT(12021) ポイント特典
sssp://img.2ch.net/ico/gikog_lighter.gif
培養ラット脳細胞がロボット操る…英大学が開発成功と発表

 ラットの脳細胞から出る電気信号によって、障害物を避けながら動くロボットの開発に成功したと、英レディング大が14日発表した。

 ロボットは、人やコンピューターなどの助けなしで動いたという。

 研究グループは、ラットの胎児から採取した脳細胞を培養して増やし、脳細胞が発する電気信号を検出できる装置に組み込んだ。
二輪走行するロボットは、この電気信号を無線で受けて動く仕組みで、ロボットに積んだセンサーが障害物を検知すると、ロボット側から無線で送られる信号が脳細胞を刺激する。

 ロボットは最初こそ障害物に接触していたが、障害物検知の信号で脳細胞が“学習”したとみられ、避けて動けるようになったという。

 同大システム工学部のケビン・ワーウィック教授(自動制御学)は「培養した脳細胞が初めてロボットを操ったというだけでなく、脳が経験を蓄積して学習する仕組みの解明につながる成果だ」と話している。

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080814-OYT1T00613.htm?from=main1
続きを読む




スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク