羽生善治

2017年02月17日
1 : 野良ハムスター ★@\(^o^)/[ageteoff] :2017/02/16(木) 21:38:56.21 ID:CAP_USER.net
■AIに仕事を奪われないもの

石山 羽生さんが最初にAIに興味をもたれたのはいつですか?

羽生 将棋の世界全般の話ではありますが、認知科学を研究されている方と交流があるんです。たとえば理化学研究所で脳の研究をするとなったときに、ぼくが被験者として入ったりするわけです。

石山 被験者ですか! 羽生さん自身が研究材料というわけですね。

羽生 MRIに入って、検査を受けるのです。人間の脳を調べていくことと、AIの研究を進めていくことは、きわめて近い距離にあるので、いろいろな専門の先生から話を聞くことが昔から多かったということはあります。

石山 実際、羽生さんはこの将棋の世界にAIが入ってきていることを、ポジティヴにとらえているのか、それとも危機感をもっているのかを伺いたいです。

羽生 AIに対して恐怖感があり、脅威に感じる人たちもいますね。そういう一面も必ずあると思っています。でも、非常に誤解というか混乱されている部分もあります。たとえば「人類がAIに乗っ取られるじゃないか」といった『ターミネーター』のような世界でのAIは、いわゆる「汎用AI」といわれています。一方で、将棋のソフトなどは「専門AI」です。

同じAIでも全然違って、ぼくは高尾山とエヴェレストくらい違うと思っています。汎用AIと専門AIをごっちゃにして考えてしまうと、AIのニュースがあると「なにか人類にすごいことが起こる」ととらえやすいです。一方で、AIは「ものすごく難しいこともできるけれども、ものすごく簡単なこともできない」という側面もあるのです。

羽生 たとえば「接待将棋」という、相手にうまく負けて喜ばせてあげるっていう研究を真面目に研究されている方もいます。接待将棋を指すのって、難しいのです。接待将棋は、基本的に相手の人がどれくらいのレヴェルで、どれくらいの将棋を指すのかを推測できないとできない。力を加減することはできるのですけど、あからさますぎてバレバレになるのですぐわかっちゃう。

AIに仕事が奪われる、みたいな話もありますが、ぼくの答えはいつも決まっていて、「接待ゴルフのような仕事は絶対なくなりませんよ」って答えるようにしています(笑)。

(以下、長いので省略)

全文よむ
http://wired.jp/2017/02/14/habu-ishiyama/


続きを読む




2017年02月14日
1 : ラ ケブラーダ(新潟県)@\(^o^)/ [sage] :2017/02/13(月) 22:48:04.93 ID:P6Kx+L2a0.net BE:993788992-PLT(13001) ポイント特典
4ヶ月ぶりの復帰戦
竜王戦1組ランキング戦
先手 羽生善治○ 後手 三浦弘行●

この日の対局は竜王戦予選で、相手の羽生善治3冠(46)が先手。午前10時に始まった対局は、持ち時間は各5時間。入室前には三浦9段の希望により、金属探知機や目視により両者のボディチェックを実施。日本将棋連盟の佐藤康光新会長(47)も対局に立ち会った。



http://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/1778395.html


続きを読む
2016年10月20日
1 : あずささん ★@\(^o^)/ :2016/10/20(木) 08:22:53.82 ID:CAP_USER9.net
将棋界が三浦弘行九段の「スマホ不正疑惑」で揺れる中、羽生善治三冠が10月20日、妻の羽生理恵さんのTwitterを通じて、コメントを出した。ツイートは2回に分かれ、疑惑について自身の考えを述べている

?こんばんは。突然にお騒がさせてしまい申し訳ありません。本日、一部報道で誤解を招くような表現がありましたのでこの場をお借りして説明をさせて頂きます。まず、灰色に近いと発言をしたのは事実です。 〜2に続く
https://twitter.com/mau28310351/status/788756638161252352

?そして、今回の件は白の証明も黒の証明も難しいと考えています。疑わしきは罰せずが大原則と思っていますので誤解無きようにお願いを致します。羽生善治
https://twitter.com/mau28310351/status/788756658830790656

なぜ、このタイミングでコメントを出したのか

10月19日に週刊文春WEBで「将棋『スマホ不正』問題を渡辺明竜王が独占告白」と題する記事
(http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6688)が発表された。渡辺竜王が疑惑の根拠について
証言している。

その中で、羽生三冠らトップ棋士7人が「極秘会合」を開き、渡辺竜王の説明を聞いて「99.9%やってますね」などという声も出たと書かれている。

この会合の詳細などは、20日発売の週刊文春で掲載されるという。

将棋界を揺るがす疑惑。否応なく注目を集める第一人者として、報道を通じてではなく、直接、自分の意見を示したかったのかもしれない。

このコメントは深夜の発表だったにもかかわらず、拡散されている。

ソース/YAHOO!ニュース(BuzzFeed Japan)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161020-00010000-bfj-soci


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1476919373/【将棋】スマホ不正疑惑に羽生三冠がTwitterで発言「灰色に近い」が「疑わしきは罰せず」 一部報道は誤解

続きを読む
2016年05月22日
1 : [Φ|(|´|Д|`|)|🌀] BBxed!! エメラルドフロウジョン(空)@\(^o^)/ :2016/05/22(日) 21:00:29.25 ID:3t6T9+R20●.net BE:273822876-PLT(13000) ポイント特典

将棋「電王戦」 コンピューターが2戦全勝
5月22日 20時36分

コンピューターと人間のプロ棋士が対戦する将棋の「電王戦」の第2局が大津市で行われ、コンピューターの2戦全勝で幕を閉じました。
一方で、来年の電王戦では人間の出場者を決めるトーナメントに羽生善治四冠の参加が発表され、人間対コンピューターの対戦にますます注目が集まっています。
コンピューターとプロの棋士が対戦する将棋の「電王戦」2番勝負は、人間とコンピューター、それぞれの予選を勝ち抜いた山崎隆之八段と将棋ソフト「PONANZA」が対戦し、第1局は「PONANZA」が勝ちました。
21日から大津市で始まった第2局では、先手の山崎さんが独創的な指し手で勝負に出ましたが、的確な攻めを見せた「PONANZA」には通じず、22日午後5時すぎ、118手までで「PONANZA」が勝ちました。これで「PONANZA」は2戦全勝となり、コンピューターが圧倒的な強さを見せてことしの電王戦は幕を閉じました。
一方、対局のあと、主催者の「ドワンゴ」は、来年の電王戦で、人間側の予選に羽生善治四冠が初めて参戦することを発表しました。
予選はトーナメント形式で今月から始まるということで、羽生四冠が勝ち抜けば、多くのファンが待ち望んだコンピューターとの対局が実現することとなりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160522/k10010531101000.html


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1463918429/
羽生 が 電王戦 参戦正式発表キタ━━━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━!!人類の一番長い日

続きを読む
2016年05月20日
1 : レインメーカー(東日本)@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 23:56:53.75 ID:PRJ+P+dJ0.net BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典




15日、将棋棋士の羽生善治名人がNHK『天使か悪魔か 羽生善治人工知能を探る』に出演。世界の人工知能(AI)に迫る内容が話題となった。

昨今、将棋界はとAIとの対局が盛んに行なわれ、人間側が苦戦している状況にある。そのような状況の中、トップ棋士である羽生名人が目下の敵を探るという内容は、ファンにとってかなり衝撃的だったようだ。

なお現在、人間代表の山崎隆之八段とAI代表のPonanzaが対局する電王戦が開催されているが、羽生名人は人間代表を決定する棋戦には参加していない。

一部からは「逃げている」などと批判の声もあったが、9日に開かれた番組の取材会で「近々のうちに何かしらのアナウンスができると思う」と発言。初めて対局に前向きな姿勢を見せている。

■世間はコンピューターのほうが強いと認識

電王戦は、2012年の米長邦雄永世棋聖対ボンクラーズを皮切りに、2015年まで団体戦形式で開催。AI側が勝ち越す結果となっている。

開催当初は世間も「棋士の方が強い」という認識がほとんどだったが、現在はそれが逆転。2016年の電王戦に出場する山崎隆之八段とPonanzaどちらが勝つと思うかという調査では、7割がPonanzaが勝つと回答。世間は確実にAIのほうが強いとみている。




■ファンも複雑な心境か

将棋ファンに話を聞いてみると…

「正直羽生さんとコンピューターの対局は見たくありませんね。コンピューター将棋の進化が凄すぎて、羽生さんでも勝つことは難しいと思います。もし負けた場合、チェスのガルリ・カスパロフのように晒し者にされてしまいそうなので…。リスクが高すぎます」(30代男性)


「私は対局してほしいと思っています。羽生さんはAIを超えるようなひらめきと惑わせるような鋭い読みで勝ってくれるはず。将棋ファンとして、彼を信じたいです」(20代女性)


本当に羽生善治名人が対局するのか。今後の動向が注目される。

http://sirabee.com/2016/05/19/121098/


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1463669813/
ついに山が動く?羽生善治名人と人工知能の対局が実現か

続きを読む
2016年05月10日
1 : スパイダージャーマン(catv?)@\(^o^)/[ageteoffcpnashi] :2016/05/10(火) 21:20:03.06 ID:laTUH+nT0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典

将棋の羽生善治名人(45)が9日、東京・渋谷のNHKで「NHKスペシャル 天使か悪魔か羽生善治 人工知能を探る」(15日、午後9時放送)完成試写会に登場。自身の人工知能との対戦について質問されると、否定せず、「近々のうちに何らかのアナウンスがあると思いますが」と話し、対戦の可能性を示唆した。

番組では「以前から関心を持っていた」という人工知能について、羽生名人自身がいろいろな場所へ出向き、人工知能の最前線をリポートしている。「さまざまな情報がある中で、こんなところまで進んでいるんだと、たくさんの人に伝われば、番組の意義や価値が更に大きな物になると思う」とコメントした。

番組内では囲碁の李世ドル氏に勝った「アルファ碁」を開発したグーグル・ディープマインド社創設者のデビス・ハサビス氏とチェス対決する貴重な映像も披露されるなど、見応え十分な内容。番組を撮り終えた羽生名人は、番組のタイトルでもある「(人工知能が)天使か悪魔か」という質問には「どんなものも使い方による。これからの枠組み次第ではないか」と、慎重に言葉を選んだ。

そして誰もが期待する羽生名人と人工知能との対戦だが「これはタイミング的な問題がありまして、(放送される)15日の段階では、そのことはまだ何も言えないんですが…」と苦笑い。それでも「近々のうちに何らかのアナウンスがあると思います。申し訳ございません、それ以上はすいません、まだ言えないです」と話し、何かしらの動きがあることを匂わせていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160509-00000067-dal-ent




転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1462882803/
【羽生 vs 人工知能】 おまえらどっちにベットする?

続きを読む
2011年10月30日
1 : 名無しさん@涙目です。(WiMAX) :2011/10/30(日) 19:10:12.61 ID:rIjrK57i0 BE:1286577874-PLT(12001) ポイント特典
【パリ=西條耕一】
将棋の羽生善治二冠(41)と森内俊之名人(41)は29日、フランス中部のトゥール近郊にあるビランドリー城で、同国のチェスチャンピオンで世界的にも知られるマクシム・バシエ・ラグラーブ氏(21)にチェスの対局を挑んだ。

 二人はパリ近郊のリュエイユ・マルメゾン市で27〜30日に行われた第5回国際将棋フォーラム(読売新聞社特別協力)に合わせて渡仏していた。

 ラグラーブ氏がチェス盤二面を使い、同時に二人を相手にするハンデ戦で、趣味とはいえ日本国内のチェス大会で優勝経験もある羽生二冠と、それに劣らぬ実力の森内名人は善戦。森内名人は敗れたが、羽生二冠は序盤から積極的に攻めてドロー(引き分け)に持ち込み、集まった地元のチェスファンを驚かせた。
(2011年10月30日18時40分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20111030-OYT1T00529.htm


依頼366

続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク