東芝

2017年04月25日
1 : :2017/04/25(火) 17:18:45.88 ID:Z7y9V+PV0●?2BP(2000)
東芝に続き…日本郵政の巨額損失招いた西室元社長の罪
2017.04.25

 日本郵政の巨額損失を巡り、市場の判断が揺れている。

 日本郵政は2015年に子会社の日本郵便を通じて、オーストラリアの物流会社トール・ホールディングスを6200億円で買収した。ところが、オーストラリア経済の低迷などでトール社の業績は悪化。3000億〜4000億円程度の減損を計上する可能性が指摘されている。17年3月期の最終損益で赤字転落する恐れも出てきたのだ。

(省略)

 一方で、トール社買収を主導した人物が、西室泰三元社長だったことから、市場がざわついている。

「西室氏といえば東芝の元社長です。“東芝の天皇”とすら呼ばれ、その影響力は計り知れません。東芝が不正会計に手を染めたキッカケとされる経営トップの人事抗争をつくり出した張本人ともいわれます。日本郵政の巨額損失は、東芝と同じ海外M&Aに絡んでいます。もしかすると日本郵政も東芝と同じように、次々と悪材料が出てくるのではないか……と勘繰っているのです」(市場関係者)

(省略)

全文
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204179/1




18 : :2017/04/25(火) 17:23:35.92 ID:Z7y9V+PV0?2BP(1000)

日本郵政、400億円赤字=民営化後初、17年3月期

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042500708&g=eco




続きを読む




2017年04月01日
1 : セントーン(北海道)@\(^o^)/ [sage] :2017/04/01(土) 10:43:47.30 ID:0BX675Oq0.net BE:422186189-PLT(12015)
?PLT(12015)
東芝、決算発表3回目の延期の公算 監査法人が疑義=関係筋

東芝(6502.T)が、2016年度第3四半期(4─12月)決算について、提出期限の今月11日の発表が難しくなり、延期する公算が大きくなっている。複数の関係筋が1日、明らかにした。延期なら3回目となる。

今年度から同社の監査を担当しているPwCあらた監査法人が、15年度決算について疑義を指摘しているもようだ。

http://jp.reuters.com/article/toshiba-result-delay-idJPKBN1722BN




続きを読む
2017年03月05日
1 : ジャーマンスープレックス(宮城県)@\(^o^)/ :2017/03/05(日) 17:28:11.97 ID:MBbiCFod0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
「東芝はアップルに売りたい」経産省幹部が漏らしたホンネ
生き残りのカギを握るメモリ事業の行方


■メモリー事業をどこに売るのか

(省略)

■アップルに売りたい

こうした中で某日夜、経済産業省幹部と会食し、長時間話を聞く機会があった。

まず驚いたことは、同幹部が「東芝は、事ここに至ってはエレベーター製造会社に特化して生き残る以外に道はない」と断じたことだった。

しかし続く言葉にさらに驚かされた。

続き
現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51116



続きを読む
2017年03月02日
1 : YG防衛軍 ★@\(^o^)/[sage] :2017/03/02(木) 16:50:24.72 ID:CAP_USER9.net
(省略)

 東芝は不正会計問題で「特設注意市場銘柄」に指定されており、3月15日をめどに改善報告書を提出する。JPXの自主規制法人が審査し、改善が不十分なら上場廃止となる。

「東芝はこのまま政府が手を差し伸べなければ、上場廃止で倒産に追い込まれる。番組のスポンサーをやっている余裕はない。かといって、フジに東芝に変わるスポンサーを見つける力はない。『サザエさん』は打ち切り秒読みに入ってます」(広告代理店関係者)

続き
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170302-00000029-tospoweb-ent

続きを読む
2017年02月28日
1 : 急所攻撃(神奈川県)@\(^o^)/ [sage] :2017/02/28(火) 19:05:25.43 ID:qb+d4wh70.net BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
http://news.livedoor.com/article/detail/12733959/


沈みゆく東芝。現実味を帯びてきた、数万人規模のリストラ計画

日本中に衝撃を与えた、東芝の7,000億円を超える特別損失。我が国を代表する巨大企業がこのような事態に見舞われるなど、誰が予想できたでしょう。そしてこの先、東芝はどのような道を辿ることになるのでしょうか。無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』では、「事態の沈静化を図るために次々と資産を売却しているが追いつかず、このままだと数万人単位の大規模リストラが行われる」と予測しています。

続きを読む
2017年02月26日
1 : パイルドライバー(東京都)@\(^o^)/[US][ageteoff] :2017/02/26(日) 22:28:58.66 ID:G0lSLkFG0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
■小泉進次郎・自民党衆院議員

 今の東芝の問題を見ていると、私は思うことがいっぱいある。東芝という会社の存続さえ危ないかもしれないという今の状況を見て思い出したのは、ホリエモンショック。学生の皆さん、ホリエモンって知ってる? 堀江(貴文)さんが(社長だった旧ライブドアの粉飾決算事件で)逮捕されて実刑判決を受けて、牢屋に入っていたことも知ってる?

 ひと言でいうと日本という国は、既存のシステムを作り上げた人に甘い。そして、挑戦者、チャレンジャーに厳しい。ぼくはこの事件をみてそう思った。

 堀江さんは粉飾決算をして牢屋に入った。東芝は、粉飾ではないかもしれないけど、会計において不正を働いた。それで、だれか、堀江さんみたいなことになったか。なっていない。

 既存の勢力、エスタブリッシュメントに甘く、挑戦者に厳しい。そういった日本のままでは、絶対に日本の経済はよくならないと思う。(富山市での党富山県連学生セミナーで)
http://www.asahi.com/articles/ASK2V5HXHK2VPUZB007.html


続きを読む
2017年02月26日
1 : キチンシンク(宮城県)@\(^o^)/ :2017/02/26(日) 12:33:52.63 ID:4o5UqqM70●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
メーカーの文系社長は会社をダメにするのか? 東芝と日立の例から
日立と東芝、歴代社長の出身学部を比較してみた


■日立と東芝、歴代社長の出身学部は?

(省略)

★日立歴代トップ

★東芝歴代トップ


■東芝のトップには文系が多く、日立は全員が理系

まず、東芝の結果から見てみましょう。1939年に東京芝浦電気が発足後、現在の社長である綱川智氏は19代目の社長となりますが、このうち経歴が確認できなかった1人を除くと、理系社長は7人、文系社長は11人と、文系社長のほうが多いという結果になります。

一方、日立は創業社長である小平浪平氏から数えて現在の社長の東原敏昭氏は11代目の社長となりますが、この間、全員が理系出身者でした。

ちなみに、両社には社長の在任期間でも大きな違いが見られます。単純計算では、東芝は約4年(1939年から現在までの78年間÷19人)、日立は約8年(1928年から2017年までの89年÷11人)と、2倍もの開きがあるのです。それだけ、日立のほうが長期政権の社長が多く、東芝は社長の入れ替わりが頻繁であったということになります。

(省略)

全文

http://park5.wakwak.com/~soka/dakkai.htm


続きを読む
2017年02月20日
1 : ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(★ 99cb-Itbt [104.199.227.129])[https://tokimeki.awe.jp/] :2017/02/20(月) 07:16:26.90 ID:CAP_USER9.net
日本を代表する名門企業が混乱の極みにある。世間がバレンタインデーで浮かれる2月14日。本来ならばこの日、東芝は2016年4〜12月期決算を発表するはずだった。それが、米国の原子力子会社ウエスチングハウス(WH)で内部統制の問題が発覚したため、決算を発表することができなくなったのだ。

しかも「決算を開示できておりません」とのリリースが公表されたのが、当日の正午。そして提出延長の申請を公表したのが午後2時半というドタバタぶりである。

(省略)

両人の責任が重いことに変わりはないが、危機の原点は綱川社長の見立てどおり、2015年末ではなく2006年にある。

以下全文
*+*+ 東洋経済 +*+*
東芝の危機はすでに10年前から始まっていた
http://toyokeizai.net/articles/-/159144


続きを読む
2017年02月16日
1 : ファイヤーバードスプラッシュ(catv?)@\(^o^)/ :2017/02/16(木) 09:00:45.85 ID:PCO7wT/p0●.net BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
 深刻な経営難に陥っている東芝が目標としていた今年3月末時点での「債務超過」の解消を断念したことが明らかになりました。これにより、東芝株は上場以来初めて東京証券取引所の第1部から降格される見通しです。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170216-00000000-jnn-bus_all


続きを読む
2017年02月05日
1 : 海江田三郎 ★ :2017/02/04(土) 20:25:58.68 ID:CAP_USER.net
http://www.mag2.com/p/news/236781


本当は2011年から破綻している東芝

東芝が7,000億円の特別損失を計上することを発表しました。東芝は、2015年の末に(子会社である)ウェスティングハウスが買収したS&Wの資産が大幅に目減りしたことを理由にしていますが、これはとんでもないデタラメです。

この特別損失は、本来であれば、2011年の福島第一の事故の影響で大幅に下がったウェスティングハウスの企業価値を反映し、(それが明確になった)2013〜2014年の時点で計上すべきものでした。しかし、債務超過に陥ることを何としてでも避けたい経営陣と、「国策」である原発が事業として成り立たないことを認めたくない霞が関との利害関係が一致し、東芝はのれん代の償却を見送ることを決めました。2015年にパソコン事業の粉飾が判明した時点で、もう一度(のれん代の償却の)チャンスがありましたが、ここでもさらに見送りを決めました。


これに関しては、このメルマガの2015年8月6日号に詳しく書いたので、引用します。

(省略)

全文
http://www.mag2.com/p/news/236781

著者/中島聡(ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア)
マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。IT業界から日本の原発問題まで、感情論を排した冷静な筆致で綴られるメルマガは必読。


続きを読む
2017年01月28日
1 : 海江田三郎 ★ :2017/01/27(金) 22:10:55.81 ID:CAP_USER.net
http://www.sankei.com/economy/news/170127/ecn1701270046-n1.html

東芝が27日、稼ぎ頭の半導体主力商品「フラッシュメモリー」事業の分社化と原子力発電事業の縮小を発表し、巨額損失からの再生にスタートを切った。半導体と原発を柱に据えた再建シナリオを抜本的に見直す。ただ、財務危機を切り売り戦略でしのいだ結果、新たな成長の柱は見えず、コーポレートガバナンス(企業統治)も弱体化。「再生」には暗雲が漂う。(万福博之)

入札の行方
 「これを契機に再生に向かって頑張りたい」 綱川智社長は27日の記者会見でこう意気込んだ。

 分社する半導体新会社の買い手候補は、半導体拠点の四日市工場を共同運営する米ウエスタンデジタル(WD)やキヤノン、シャープ親会社の鴻海精密工業(台湾)、複数の欧米ファンドなどビッグネームがずらりと並ぶ。市場価値2兆円ともされる成長事業の魅力の表れだ。日本政策投資銀行やメガバンクが組成する投資ファンドが出資する案もある。
 中国や韓国の同業からの出資は技術流出懸念から避けるとみられ、現時点では「ファンドが有力」(東芝幹部)という。だが、ファンドは2割の出資にうまみを感じるか不透明で、着地点はみえにくい。平成29年3月期の債務超過回避までに残された時間はわずか。資本増強の肝である半導体分社は時間との戦いだ。

巨艦解体
 一方、東芝は事業構造の再編にもかじを切った。経営危機の元凶となった原発事業は半導体と並ぶ柱としての位置付けを見直し、海外を中心に事業を縮小する。「底なし沼」のように損失が発生し続けるリスクを払拭する。
 東芝は主力2事業の見直しをてこに、新たな成長事業の創出など再建計画を練り直す。だが、不正会計問題発覚後にエアコンなどの白物家電子会社や医療機器子会社といった有望事業を切り売りしてしのいできた結果、巨艦企業の「解体」が進行しており、次の稼ぐ力を見いだすのが難しくなっている。
 利益の大半をたたき出す半導体事業にも分社が影を落とす。韓国サムスン電子などとしのぎを削るフラッシュメモリーは競争力保持に年数千億円規模の投資が必要。分社計画は昔からあったが、もともと投資資金を集めやすくするためだった。資金が損失の穴埋めに回れば、競争力強化はおぼつかなくなる。

ガバナンス崩壊

 東芝をめぐっては不正会計問題の発覚で経営陣が刷新され、ガバナンス改革に取り組んだはずだった。
 今回の巨額損失は、米原子力子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)が買収した原発建設会社で想定外にコストが膨らんだのが原因。だが、東芝経営陣は、WHの原発建設会社買収から約1年間も巨額損失の存在を把握できず、ガバナンスは弱体化したままだ。半導体事業の売却で一時的に資金繰りが改善されても、再建には暗雲が立ちこめている。

www.sankei.com/economy/news/170127/ecn1701270046-n1.html


続きを読む
2017年01月23日
1 : 砂漠のマスカレード ★ :2017/01/23(月) 19:55:39.76 ID:CAP_USER9.net
「あの東芝が……」。世間に驚きをもって受け止められた粉飾事件で東芝の名声は一度地に落ちた。そして、信頼回復もままならないうちに会社を揺るがす巨額損失の発覚。ついに追い詰められた――。

「ふざけるんじゃない!」

「巨額損失の一報を聞いた時には、結局この会社はなにも変わっていないのか、と?然としました」

東芝の研究開発部門で働く現役幹部は言う。


(省略)

いったい、東芝で何が起きているのか。

社長にも原因がわからない

今回、東芝の取締役会議長を務める前田新造氏が本誌の取材に応じ、その内情を率直に明かした。以下、前田氏との一問一答である。

続き
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170123-00050757-gendaibiz-bus_all

現代ビジネス 1/23(月) 11:01配信


続きを読む
2017年01月22日
1 : ダブルニードロップ(埼玉県)@\(^o^)/ :2017/01/22(日) 21:47:14.82 ID:+L6Cs5Iu0.net BE:971283288-PLT(13000) ポイント特典
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19H9E_Z10C17A1MM0000/


米原子力事業で巨額損失が発生する見通しとなった東芝に対し、日本政策投資銀行が資本支援に向けて本格検討に入ったことが19日分かった。分社した後の半導体子会社に出資する案が有力とみられ、メガバンクと共同で組成しているファンドを活用する案も出ている。東芝の米原発事業で発生する損失は最大7千億円規模に膨らむ可能性もあり、財務基盤の強化が急務となっている。


続きを読む
2016年06月13日
1 : もろ禿HINE! ★@\(^o^)/[sage] :2016/06/12(日) 21:46:24.14 ID:CAP_USER.net
東芝 研究開発センター:研究開発ライブラリ 単眼カメラで撮影した1枚の画像からカラー画像と距離画像を同時に取得できる撮像技術を開発
https://www.toshiba.co.jp/rdc/detail/1606_01.htm









概要

当社は、単眼カメラで撮影した1枚の画像から、カラー画像と距離画像を同時に取得できる撮像技術を開発しました。レンズの工夫と画像処理を組み合わせることで、ステレオカメラ並みの高精度な距離検出を実現しました。本技術について、2016年6月8日からパシフィコ横浜で開催される「第22回 画像センシングシンポジウム(SSII2016)」で発表します。


開発の背景

近年、自動車では、前方、後方、周辺に複数のカメラやセンサが搭載され、自動運転などの運転支援の高度化が進みつつあります。また、ドローンやロボットなどの遠隔操作によるインフラ点検など、カメラによる画像センシングの重要性が増しています。これらの用途では、2次元の映像を撮影するだけでなく、対象物の形状、動き、距離などの動的な3次元空間の把握が求められます。従来から、ステレオカメラ(注1)、赤外線デプスセンサ(注2)、超音波センサ(注3)、ミリ波レーダ(注4)、LiDAR(注5)、SfM技術(注6)など、対象物までの距離を計測するさまざまな方式が提案されています。ステレオカメラでは、高い距離精度を得るためには、2つのカメラ間の距離を30cm程度まで離す必要があり、小型化が困難です。赤外線デプスセンサや超音波センサは、それぞれ赤外線パターン光や超音波を対象物に照射して距離を測るため、数10m以上の長距離の対象物の測定が困難になります。ミリ波レーダやLiDARは、装置コストが高く、また小型化が困難です。SfM技術は、カメラを動かしながら撮影した複数枚の画像から対象物の距離を測定するため、動きのある対象物の距離を高精度に検出することが困難となります。
このように、従来の様々な距離センサはそれぞれ一長一短あり、小型・低コストで高精度に距離を取得することが困難でした。


本技術の特徴

そこで当社は、独自のカラーフィルタと画像処理の組み合わせにより、単眼カメラで撮影した1枚の画像から、カラー画像と高精度な距離画像が得られる独自の撮像技術を開発しました。レンズ開口部に、水色と黄色のカラーフィルタからなる独自のカラー開口フィルタを取り付けることで、物体までの距離に応じたボケと色ズレが発生します。撮影された1枚の画像から得られるボケと色ズレを画像解析することで、物体までの距離が画素毎に検出可能となります。本カラーフィルタは、明るさへの寄与率が高い緑色の光を透過させるため、撮像した画像の画質劣化も抑えられます。市販カメラを用いた試作により、カメラ間距離35cmのステレオカメラ並みの距離精度が、単眼カメラで撮影した1枚の画像から得られることを確認しました。本方式は、レンズと画像処理で構成されるため、一般的な安価なイメージセンサを利用して構成することが可能です。

https://www.toshiba.co.jp/rdc/detail/1606_01.htm


転載元スレッド:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1465735584/
【技術】単眼カメラで撮影した1枚の画像からカラー画像と距離画像を同時に取得できる撮像技術を開発

続きを読む
2016年03月31日
1 : デンジャラスバックドロップ(宮城県)@\(^o^)/ :2016/03/31(木) 20:07:25.67 ID:t4WXsJhc0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典

東芝ブランド40年間使用 白物家電事業、中国・美的に売却で最終合意

東芝は30日、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電事業を中国の家電大手、美的集団に売却することで最終合意したと発表した。同事業を手掛ける子会社、東芝ライフスタイルの株式の80.1%を約537億円で6月末に譲渡する。美的が白物家電について、東芝ブランドを40年間使用することでも合意。東芝の成長に大きな役割を果たしてきた白物家電事業が中国資本の傘下に入ることが正式に決まった。

東芝ライフスタイルの従業員数は今月末時点で約1万2800人の見通し。このうち追加の早期退職者を除く全従業員が美的に移籍する。同社は東芝が持つ白物家電関連の5千件以上の知的財産も引き継ぐ。

美的は「われわれの家電の競争力は世界市場で非常に強化される」とコメントした。同社は東芝が販売網を持つ日本や東南アジアで販路を広げる狙いだ。

平成24年に三洋電機の白物家電事業を買収した中国のハイアールについては、東南アジアでの三洋ブランドの使用期間は数年とみられる。40年間という長期間になったことに関して美的は「東芝に信頼を示していただいた」としている。

東芝は昭和5年に国産初の洗濯機と冷蔵庫を発売するなど、家電産業を主導してきた。室町正志社長は今月の会見で「長年支えてくれた事業で、(売却は)じくじたる思いだが、構造改革の一環として断行する」と強調。子会社の負債が美的に移ることなどで、売却益は約900億円に膨らむと見込まれ、平成28年4〜6月期決算に計上する。

http://www.sankei.com/economy/news/160330/ecn1603300047-n1.html


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1459422445/
中国に売却の東芝家電 東芝ブランドは40年間維持で合意 潰れても名前が残るよ!やったね!

続きを読む
2016年03月17日
1 : バックドロップ(空)@\(^o^)/ :2016/03/17(木) 22:35:05.29 ID:1fEP+RQH0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典

 経営再建中の東芝は17日、洗濯機などの白物家電事業を、中国の家電大手「美的集団」に売却することで基本合意したと発表した。

 売却額は数百億円とみられ、3月末までの最終合意を目指す。台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に買収される見通しになっているシャープに続き、日本の家電市場をリードしてきた東芝の白物家電もアジア企業の傘下に入る。

 東芝の白物家電は、1930年に日本初の電気洗濯機を生産した伝統ある事業だ。日本の家庭を支えてきた東芝の白物家電が中国勢に買収されることは、日本の電機産業の苦境を象徴するものとなる。

 東芝は、白物などの家電の子会社「東芝ライフスタイル」の株式の過半を美的に売却する。美的は、東芝ブランドを維持して家電を販売するほか、国内外にある製造拠点の閉鎖や人員削減は行わない方向だ。東芝ライフスタイルのテレビ事業は、東芝グループに移して事業を継続する。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160317-OYT1T50111.html


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458221705/
東芝 テレビ以外の家電事業を中国に売却で基本合意

続きを読む
2015年12月27日
1 : 海江田三郎 ★ :2015/12/27(日) 18:54:11.19 ID:CAP_USER.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151227-00000009-mai-bus_all


2015年大みそかまであと10日と迫った12月21日月曜日。東京株式市場は米国の9年半ぶりの利上げや原油価格下落などの不安要因が重なり、多くの銘柄が下落する展開で始まった。

 なかでも東芝の株価は下げ幅が大きかった。一時は前週末終値比10%を超す大幅安となり、この日の終値は同27円70銭安の254円80銭だった。5月に不正会計が表面化する前の株価は500円前後だったから、ほぼ半値水準だ。
 東芝の株価急落には理由があった。新聞各紙が前週末、「東芝が21日にもリストラ策を発表する。16年3月期決算は約5000億円の最終赤字になる」と相次いで報じていたからだ。
 この日午後5時20分、東京都港区の東芝本社の大会議室に室町正志社長が姿を見せ、年間で1万600人にのぼる人員削減を柱とするリストラ策を発表した。同時に16年3月期の業績予想も公表した。最終(当期)損益は過去最悪の5500億円の赤字。ほぼ各紙の報道どおりだった。

 ◇自己資本が一気に6割も減少
 この記者会見は、東芝の問題が単なる「不正会計」から、「経営危機」という別次元の段階に入った象徴的なものだった。それほど今回の巨額の赤字は衝撃的だった。なぜか。東芝の自己資本が急激に減少するからである。

 東芝のリストラ策の骨格は次の通りだ。家電部門と本社部門で早期退職の募集を中心に約7800人を削減し、今年度の削減規模を1万600人とする▽テレビ事業は自社生産から撤退し、インドネシア工場を売却する▽冷蔵庫、洗濯機など「白物家電」の事業とパソコン事業は他社との統合など再編を検討する
▽家電の開発拠点である青梅事業所を閉鎖、売却する−−。

 国内で新たにリストラの対象になるのは5300人。配置転換はほんの一部で、大半が早期退職になりそうだ。
募集対象は40歳以上で、かつ勤続10年以上の社員だ。16年2月をめどに募集を始め、3月末までに退職する。
通常の退職金に特別退職金を加算し、希望者に対して再就職支援も行うという。

 ◇繰り延べ税金資産の取り崩しが影響

 リストラは、赤字部門の「出血」を抑え、来年以降の収益回復につなげる狙いだ。人員削減や拠点の統廃合には一時的に多額の費用がかかるため、ある程度の赤字は想定されていた。だが、5500億円というのは予測を大きく超えた。リストラの直接的な費用に加え、利益があがることを前提に
積み上げた資産である「繰り延べ税金資産」を取り崩すことが大きかった。

 繰り延べ税金資産の取り崩しによる赤字額は2600億円。この影響で、全体の赤字額が2倍近くに膨らんだのだ。
 日本の大手電機各社はこの十数年、家電や半導体部門で韓国や台湾、中国など新興国のメーカーの激しい追い上げを受け、人員整理や事業の統廃合などリストラを急いだ。ところが東芝は構造改革を先送りしてきた。
 「なぜリストラが遅れたのか」。この日の会見で記者から質問された室町社長は「利益至上主義に走り、構造改革が後手に回った。もう少し早く対策を取っていれば、これほど大きな痛みになっていなかったかもしれない」と苦渋の表情を浮かべた。

 東芝はこうしたリストラの結果、が大きく減少する。不正会計発覚前の15年3月末に自己資本は1兆840億円あった。それが16年3月末に4300億円になる。1年で6割の大幅減だ。

 「完全に過去と決別した構造改革を実現するつもりだ。それが実現しなければ、東芝の再生の道筋は閉ざされる」

 室町社長の言葉通り、東芝は土俵際に追い詰められた。その東芝の状況を、21日の株価急落が写し出していた。
 だが、21日に東芝が発表したリストラ策は、子会社の米原子力大手ウェスチングハウスについては一切触れていない。

 ウェスチングハウスは単体で巨額の損失を計上し、東芝は連結決算にその損失を反映していない。ウェスチングハウス単体で計上している資産である「のれん」に比べ、東芝が計上している資産である「のれん」は膨らんだままだ。この間のウェスチングハウスの経営悪化を反映していないからだ。その差は1613億円ある。

続き


転載元スレッド:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1451210051/
【企業】東芝、「もはや経営危機」自己資本6割減の衝撃

続きを読む
2015年12月26日
1 : サッカーボールキック(空)@\(^o^)/ :2015/12/26(土) 01:24:41.17 ID:/rLvJK0C0.net BE:422186189-2BP(1501)


経営立て直しを進める東芝が、炊飯器など小型白物家電を開発・生産する国内拠点を、売却する方向で検討して
いることが24日、分かった。

海外の白物家電生産拠点は既に売却の検討に入っており、国内拠点も売却すれば、すべての白物家電の生産拠点を売却することになる。

室町正志社長はこの日、読売新聞の取材に対し、「東芝の中に(白物家電事業を)残すという選択肢はほとんどない」と述べた。急速な財務悪化で、設備投資の余力が限られているためとみられる。家電を手がける東芝子会社「東芝ライフスタイル」が保有する関連会社株の過半数を手放す案が有力となっている。

白物家電の生産拠点は、国内は新潟県、海外は中国、タイ、インドネシアにある。このうちインドネシア工場は、中国家電大手「スカイワース」に売却することを明らかにしている。他の拠点についても、売却を模索してきた。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151224-OYT1T50198.html


13億円の会計不正が問題となった東芝の綱川智副社長は21日開いた記者会見で、テレビや白物家電などで構成するライフスタイル部門で約6800人の合理化を実施する構造改革策を発表した。原子力エネルギーや半導体集積回路を中核にして経営のスリム化をはかる。

その構造改革の一環として東芝家電製造インドネシアを中国家電大手の創維集団(スカイワース)に売却することで合意したと発表した。金額は試算したところ約30億円で、2016年3月までの売却完了を予定している。

東芝側のアナウンスによれば、東芝家電製造インドネシアの売却も含めたリストラのため、今年度の3月までの当期純損失は45億3000万円にのぼるという。「この構造改革を行うことで、株主も含めた全ての利害関係者からの信頼を回復し、私たち自身も堅実なビジネスを行えるようにしたい」と綱川副社長は語った。

東芝の株価は4月にスキャンダルが報じられた時点から40パーセント程度まで下落しており、その株価の変化は、140年の歴史を誇る巨大コングロマリットの没落を示すものである、とインドネシアでも報じられている。
http://www.ind-news.asia/news_GlRsIzQbd.html


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1451060681/
東芝、原発と半導体を残して全部売却 / 売却先は中国「創維集団(スカイワース)」が最有力

続きを読む
2015年12月25日
1 : 張り手(東京都)@\(^o^)/ :2015/12/25(金) 19:18:08.86 ID:9IcRIvOX0.net BE:586999347-PLT(15931) ポイント特典

東芝の粉飾決算を主導し、7月に役員を辞任した歴代3社長が全員1億円を超える役員報酬を得ていたことが本紙の調べでわかりました。利益を水増しし、社会をあざむいてきた会社のトップが高額報酬を受け取ってきた責任は重大です。

 西田厚聰(あつとし)氏は2005年6月〜09年6月に社長、09年6月〜14年6月に会長、14年6月〜15年7月に相談役を務めました。09年度から、直近の有価証券報告書が発表されている13年度までの5年間、毎年1億円を超える役員報酬を受け取っていました。粉飾が判明したため14年度の決算はまだ発表されていません。

 西田氏の後任、佐々木則夫氏は09年6月〜13年6月に社長、13年6月〜15年7月に副会長を歴任。11年度から3年間、1億円以上の役員報酬をもらっていました。

 佐々木氏の後任として13年6月に社長に就いた田中久雄氏は13年度に1億1100万円の報酬を得ました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-08-19/2015081904_01_1.html


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1451038688/
【悲報】東芝の歴代社長、社長退任後も東芝に留まり年収は1億円超

続きを読む
2015年12月21日
1 : ハイキック(芋)@\(^o^)/ :2015/12/21(月) 17:31:35.49 ID:L2yHDmyy0.net BE:422186189-2BP(1501)

東芝、5500億赤字予測…7800人削減へ
有利子負債2兆円・赤字5500億円 ※原発含まず

不適切会計問題で業績が悪化している東芝は21日、2016年3月期連結決算の税引き後利益が5500億円の赤字になるとの業績予測を発表した。多額のリストラ費用の計上が主因で、過去最大だった09年3月期の3988億円を上回ることになる。

また、早期退職制度を含めた人員削減策として、家電事業で6800人、各事業部門に属さない本社機能部門で1000人の計7800人を対象にすると発表した。経営を抜本的に見直すことで、早期の業績回復を図る。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20151221-OYT1T50090.html


従業員数 連結:19万8741人
(2015年3月末時点)[1]
http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/library/sr/sr2014/tsr2014.pdf


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1450686695/
東芝、リストラ7800人 ← 大企業出身者って再就職先あるの?

続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク