日立

2017年02月26日
1 : キチンシンク(宮城県)@\(^o^)/ :2017/02/26(日) 12:33:52.63 ID:4o5UqqM70●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典
メーカーの文系社長は会社をダメにするのか? 東芝と日立の例から
日立と東芝、歴代社長の出身学部を比較してみた


■日立と東芝、歴代社長の出身学部は?

(省略)

★日立歴代トップ

★東芝歴代トップ


■東芝のトップには文系が多く、日立は全員が理系

まず、東芝の結果から見てみましょう。1939年に東京芝浦電気が発足後、現在の社長である綱川智氏は19代目の社長となりますが、このうち経歴が確認できなかった1人を除くと、理系社長は7人、文系社長は11人と、文系社長のほうが多いという結果になります。

一方、日立は創業社長である小平浪平氏から数えて現在の社長の東原敏昭氏は11代目の社長となりますが、この間、全員が理系出身者でした。

ちなみに、両社には社長の在任期間でも大きな違いが見られます。単純計算では、東芝は約4年(1939年から現在までの78年間÷19人)、日立は約8年(1928年から2017年までの89年÷11人)と、2倍もの開きがあるのです。それだけ、日立のほうが長期政権の社長が多く、東芝は社長の入れ替わりが頻繁であったということになります。

(省略)

全文

http://park5.wakwak.com/~soka/dakkai.htm


続きを読む




スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク