庵野秀明

2016年08月18日
1 : バーニングハンマー(dion軍)@\(^o^)/[sage] :2016/08/18(木) 20:50:30.78 ID:URgHvuGD0●.net BE:614796825-PLT(17667) ポイント特典
◆製作委員会ではなかった、東宝単独制作による利点

 そんな同作の大ヒットの最大の要因は、言うまでもなく作品のよさだろう。東宝は、庵野総監督にすべてを託し、庵野総監督はこれまでにも伝えられている通り、不退転の決意をもって魂を削って作品に打ち込み、自ら全スタッフを牽引して渾身の一作を作り上げた。それは制作者として当たり前のことなのだが、メジャー大作をはじめとした昨今の邦画シーンに少なくなっているものが、ここにはあったのではないだろうか。

 監督が自ら脚本を書き、伝えるべきメッセージを思うままに形にしていく。プロデューサーは監督を信じてすべての一任することで作家性の高い作品が生まれる。そこには、製作費を出資する製作委員会(数人ものプロデューサーが名を連ねる)からの、若手の旬の俳優をメインキャストに入れる、恋愛要素を入れるといった“ヒットさせるための要素”への意向を汲むこともなく、映像描写についてのよこやりもない。『シン・ゴジラ』は、製作委員会方式をとらずに東宝が単独で制作したからこそ生まれた名作ともいえるかもしれない。はじめから万人向けに作られた作品と、メッセージ性を強く出した監督の作家性がにじむ作品。どちらがおもしろいのか、結果的に多くの人に観られるのかはどういう作品かを、改めて示してくれた。

 『シン・ゴジラ』は、公開4週目に入り引き続き好調。3週目の時点で『GODZILLA ゴジラ』(2014年公開:日本最終興行収入32億円)と比較して約160%だったが、IMAXや4DXなどの特別興行もとくに夏休み中の映画館では人気が集まっおり、さらなる動員も期待できる。最終興収50億円超えも確実とみられ、今年の邦画実写トップの座が見えてきている。

オリコン 8月18日(木)8時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160817-00000323-oric-ent.view-000


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1471521030/東宝「庵野監督に全てをまかせて、単独でゴジラ作ったら社会現象になってビビった」←製作委員会(笑)

続きを読む




2016年07月29日
1 : バックドロップ(やわらか銀行)@\(^o^)/[ageteoff] :2016/07/29(金) 03:43:34.32 ID:XVtS2mWz0●.net BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典


2016年7月29日から公開されている、庵野秀明監督の映画「シン・ゴジラ」が、予想以上に大絶賛されている。なかには感動で泣き出したファンもおり、歴史に名を残す名作であることが判明した。

・終電がない時間でも大盛況
「TOHOシネマズ新宿」では、2016年7月28日深夜から「シン・ゴジラ」を上映。巨大スクリーンTCX、IMAX、MX4Dの3スクリーンでほぼ同時に公開し、終電がない時間にもかかわらず、多くのファンがかけつけた。

・観客たちの声
「私は観た!確かにゴジラだった!」
「対ネタバレ食らう前に見た方がいいです」
「シンゴジラおわた! 拍手喝采!」
「シンゴジラはすごい。書いても書いても文章が出てくる」
「いいよ!! めちゃくちゃいいよ!」
「シン・ゴジラめちゃくちゃ面白いぞ!! 2周目行ってくる!」
「やはり歴代最高に心に訴えるゴジラですたね」
「ありがとう庵野監督。 今日まで生きていてよかった」
「凄まじく新しいもの凄いゴジラがやってきました。この脳が弾け飛ぶような驚愕と興奮は是非劇場で体感してほしい」
「ゴジラすごいよ」

・次回作に対する期待の声
また、ストーリーが続編に繋がりそうな結末であった事から、「続編ある作りだな」「早くシン・ゴジラ2観たい」など、次回作に対する期待の声も出ていた。辛口な意見として「俳優のセリフが棒読みすぎる」という声も出ているようだが、

「むしろ棒読みなのが日本の特撮映画っぽくていい」との意見もある。以下は、ゴジラファンの男性(81歳)の声である。

・ゴジラファンの声
「そもそもゴジラは想像上の生物ですが、長い歴史があるため、すでに命ある生物として世界の人たちに無意識に認識されているんですよ。

それゆえ、ときおり見せる生物っぽさに鳥肌が立つのです。ああ、これは映画だけど「命あるゴジラ」がそこに実在してるんだなって。○○○を○したシーンなんて背筋がゾゾゾッとしますよ」

http://buzz-plus.com/article/2016/07/29/shin-godzilla/










転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1469731414/【大絶賛】映画シンゴジラ最高すぎて泣く人続出「今まで生きてて良かった」「鳥肌立った」「続編ある」

続きを読む
2016年04月14日
1 : ニールキック(庭)@\(^o^)/[sage] :2016/04/14(木) 06:42:55.49 ID:fnCU/ZVu0●.net BE:614796825-PLT(17667) ポイント特典

全身


予告
https://youtu.be/ysRIwlEBjuw


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1460583775/
庵野秀明の シンゴジラ 予告とゴジラ公開

続きを読む
2014年08月28日
1 : ダイビングエルボードロップ(東日本)@\(^o^)/ :2014/08/27(水) 23:50:27.36 ID:xLLeei150.net BE:837857943-PLT(16555) ポイント特典

宮崎駿の後継者は「エヴァ」庵野秀明? 「ナウシカ」続編に期待高まる

スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが記者会見で、宮崎駿氏の引退後は「新世紀エヴァンゲリオン」などで知られる庵野秀明監督が「日本のアニメを牽引していく」と期待を口にした。一連の発言が複数メディアで「後継者指名」と報じられ、庵野監督によってジブリ映画「風の谷のナウシカ」の続編が作られるのでは期待する声が高まっている。

「いいや、いいや! 庵野がナウシカやりゃいいんだ!」庵野監督は「風の谷のナウシカ」の続編を撮らせてほしいと、鈴木プロデューサーに頼みこんだこともあるという。文藝春秋 13年5月号に寄稿した文章で鈴木氏は、

「庵野に会うと、時々「『ナウシカ』の続編を自分に撮らせてほしい」と言われる。彼によると、『エヴァ』もまた『ナウシカ』のつづきを自分なりに作っているんだ、と言うんです。どれだけ『ナウシカ』に取り憑かれているのか」と述べている。

また、13年7月4日の朝日新聞によると、「風立ちぬ」の完成会見で宮崎氏は

「『いいや、いいや! 庵野がナウシカやりゃいいんだ!』って思ったんです。原作通りやろうがどうしようが、それは好きにすりゃあいい。僕も亡くなった人の作品をやりたいようにやってますから。そう思った。(庵野とは)そういう関係です」という発言をしていた。

庵野監督は現在、アニメ制作会社・カラーの代表を務めているので、実現は難しそうだが、

「庵野〜ナウシカの続編作ってくれ〜!!!!」
「ナウシカを完成させてもらいたい」
「エヴァひと区切りついたらナウシカ2に着手するのかなー」
などと期待する声がツイッターに続出している。

http://news.livedoor.com/article/detail/9190370/

転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409151027/
後継者に庵野氏でナウシカ続編キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

続きを読む
2013年06月25日
1 : 縞三毛(やわらか銀行)[sage] :2013/06/25(火) 00:50:26.38 ID:5b4RjtRO0 BE:538736933-PLT(12000) ポイント特典
宮崎駿、完成した最新作に涙!「本当にみっともない」と照れ笑い


一部省略(詳細はソースで)

 実在の人物をベースにしたリアリティーあふれる描写は宮崎監督の新境地ともいえるが

庵野は

「いずれはこういうのをやると思っていたけど、70過ぎてこれかと。本当は『崖の上のポニョ』の
前くらいにこういうのがくるかと思っていた。だからむしろ『ポニョ』の方が意外だった。

でも『ポニョ』があったから、あれのリバウンドでこうなったのかなとは思いました」と分析。


さらに「72を超えてようやく20歳過ぎの映画が作れた。失礼な言い方かもしれないけど
宮さん大人になったなと。地に足が着いた映画ですよ。

今まで少し浮いていましたからね。まあ、今回の映画もところどころ浮いていますけど」

と庵野らしい表現で、本作を褒めたたえていた。


ソース
http://www.cinematoday.jp/page/N0054104


依頼
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1372052742/24

転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1372089026/
庵野秀明「宮崎駿は72を超えてようやく大人になった。今までの映画は地に足が着いてなかった。」

続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク