中曽根康弘

2017年05月01日
1 : :2017/05/01(月) 22:35:33.18 ID:a+306lvl0●.net BE:544270339-PLT(13000)?PLT(13000)
98歳・中曽根康弘元首相「国民自らがつくる憲法へ奮起を」(発言詳報)


安倍晋三首相も出席した「新しい憲法を制定する推進大会」であいさつする中曽根康弘元首相=1日午後、東京都千代田区の憲政記念館(飯田英男撮影)

 中曽根康弘元首相(98)は1日、自身が会長を務める「新憲法制定議員同盟」が主催して東京・永田町の憲政記念館で開いた「新しい憲法を制定する推進大会」に出席し、「国民が自らがつくり上げる初めての憲法を目指し、一層の奮起をお願いする」などと訴えた。中曽根氏の発言要旨は次の通り。



(以下略)
http://www.sankei.com/politics/news/170501/plt1705010022-n1.html




続きを読む




2016年05月02日
1 : フルネルソンスープレックス(宮城県)@\(^o^)/ :2016/05/02(月) 21:50:28.04 ID:XXDTl/JX0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典

「安倍内閣は憲法改正に意欲を示し、大いに期待する」 中曽根元首相あいさつ詳報

超党派の国会議員らでつくる「新憲法制定議員同盟」(会長・中曽根康弘元首相)が2日に開いた「新しい憲法を制定する推進大会」での中曽根氏のあいさつは以下の通り。




           ◇

「みなさまにはご繁忙のところ、本大会に多数のご参集をたまわりまして、厚くお礼を申し上げます。みなさまの力を得て、われわれの手による、真に新しい憲法制定に向けて、さらに邁進(まいしん)していきたいと思います」

「昨年は戦後70年という節目の年であり、われわれにとっては、敗戦から今日に至るまでの国の歩みを顧みながら新たな未来を展望し、国の在り方を考える機会でありました。当然のことながら、国の基本たる憲法が問われることでもありました。来年は施行後70年となる現憲法が、グローバル化の中で果たして日本民族が民族たる意味を示しうるかどうか、また、国を取り巻く時代の状況変化に十分対応しうるかどうかといったことが従前にも増して大きく問われることでしょう」

「われわれ国民が共有すべき普遍的価値や民族的価値とともに、国際社会の中で果たすべき役割や責務などは、国の基本たる憲法によるところが大きく、また、国民が国際社会でその存在を示しうる上でも、憲法は誠に重要な基礎となるものであります。憲法改正におけるさまざまな障害をなおざりにすることなく、丁寧な説明と対応をもって、問題を一つ一つ解決していかなければなりません」

「人間の壁とは、戦後一貫して憲法改正を訴え続けてきた私の偽らざる考えでありますが、戦後、国民意識の中に強く根付いてきた厭戦(えんせん)感や現状肯定の意識をいかに克服しうるか、われわれの不断の努力が望まれてきました。現下、(安倍晋三)内閣はこういった認識に立って、国民世論への訴えとともに、憲法改正への意欲を示し、その実現のために取り組もうと挑戦しており、われわれはこれを大いに評価し、支持し、また期待するものであります。ただ、世論の動向を見れば、憲法改正の必要性は受け入れつつも、躊躇(ちゅうちょ)もあり、依然、壁の厚さを感じざるをえません。一層の説明と説得をもって道を切り開くことを期待してやみません」

「われわれが目指す憲法とは、世界を見渡し、時代状況や国際環境に対応しながら、国家の進路を切り開くものであります。それは国家的理想への前進でもあります。みなさまにおかれましては、われわれの運動に対するご理解となお一層のご支援を切にお願いしまして、みなさまとともに新憲法制定実現に向けて、さらに運動を展開してまいりたいと思います」

http://www.sankei.com/politics/news/160502/plt1605020029-n1.html


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1462193428/
中曽根元首相(97)が講演 「安倍内閣は憲法改正に意欲を示している。大いに評価し期待する」

続きを読む
2015年03月13日
1 : スターダストプレス(宮城県)@\(^o^)/[ageteoff] :2015/03/13(金) 00:00:51.53 ID:KPI933tP0●.net BE:601381941-PLT(13121) ポイント特典

安倍首相、歴代首相6人と会食

安倍晋三首相は12日夜、中曽根康弘、小泉純一郎両氏ら歴代の自民党首相経験者6人と東京・紀尾井町の日本料理店で会食した。「政治とカネ」の問題や原発再稼働、安全保障法制整備など難題を抱える中で、助言を受けたとみられる。

会食は安倍首相が主催した。海部俊樹、森喜朗、福田康夫、麻生太郎の各元首相も参加。菅義偉官房長官が同席した。

http://www.sankei.com/politics/news/150312/plt1503120063-n1.html


首相の年齢と在任期間
 中曽根康弘 96歳 在任期間 1982年11月27日 - 1987年11月6日
 小泉純一郎 73歳 在任期間 2001年4月26日 - 2006年9月26日
 海部俊樹   84歳 在任期間 1989年8月10日 - 1991年11月5日
 森喜朗    77歳 在任期間 2000年4月5日 - 2001年4月26日
 福田康夫   78歳 在任期間 2007年9月26日 - 2008年9月24日
 麻生太郎   74歳 在任期間 2008年9月24日 - 2009年9月16日

転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1426172451/
安倍首相、歴代首相6人と会食  中曽根康弘、小泉純一郎、海部俊樹、森喜朗、福田康夫、麻生太郎

続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事
スポンサードリンク