マザー・テレサ

2016年09月05日
1 : スターダストプレス(庭)@\(^o^)/ :2016/09/05(月) 08:37:22.61 ID:7l5sjfgl0●.net BE:273822876-PLT(13000) ポイント特典
マザー・テレサが創設した「神の愛の宣教者会」の本部「マザーハウス」=8月26日、AP


■脳腫瘍の男性が回復、二つ目の「奇跡」と認定されて

 貧者の救済に尽力したノーベル平和賞受賞者、マザー・テレサ(1910〜97年)が4日、カトリック最高位の崇敬対象「聖人」に列せられ、バチカンで列聖式が行われる。2008年、ブラジル人男性の家族がマザー・テレサに祈り、脳腫瘍の男性が回復したことが聖人となるのに必要な二つ目の「奇跡」と認定された。

 マザー・テレサの生誕記念日(8月26日)の前後には、墓のあるインド東部コルカタの「マザーハウス」に、多くの人が追悼に訪れていた。貧者に生涯をささげたその遺志はシスター(修道女)たちが受け継ぎ、孤児院などの施設は139カ国758カ所に増えている。その活動の原点は、コルカタの「死を待つ人々の家」だ。開設から半世紀以上を経た今も、ここでは「貧者の中の貧者」が最期のときを待つ。中に入ると、約100人の収容者が広間に座り、シスターたちの介護を受けていた。【コルカタで金子淳】

■マザー・テレサ

 1910年に現在のマケドニア・スコピエに生まれる。高校卒業後、修道女になり、インドに派遣される。高校で地理と歴史を教えたが、46年に「神の声」を聞き、最も貧しい人々への奉仕に人生をささげることを決意。50年に「神の愛の宣教者会」を設立し、52年に「死を待つ人々の家」を開設した。79年にノーベル平和賞受賞。2003年に異例の早さでカトリック教会で「聖人」の前段階の「福者」に列せられていた。

http://mainichi.jp/articles/20160903/k00/00e/030/257000c


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1473032242/
マザーテレサをカトリック最高位の「聖人」認定 脳腫瘍の男性を治す奇跡を起こしたため←マジなの?

続きを読む




スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク