ノキア

2017年02月15日
1 : 海江田三郎 ★ :2017/02/15(水) 20:16:49.30 ID:CAP_USER.net
http://buzzap.jp/news/20170215-nokia-3310-relaunch/



NOKIAがかつて世界を風靡した携帯電話が再発売されることが分かりました。詳細は以下から。スマートフォン全盛期になってからは名前を聞くことも少なくなったNOKIA。しかしガラケー全盛期には海外で携帯電話といえばNOKIAという時代が長く続いていました。

その中でも代表的なのが2000年に発売された「Nokia 3310」。白黒液晶モニターというレトロさながら、極めて長い待ち受け時間と高い耐久性、そしてシンプルながら洗練されたデザインによって一時は世界で最も有名な携帯電話となった機種です。

NOKIAは2月26日にスペインのバルセロナで開催されるMobile World Congressにおいて正式に公開されるとのこと。値段は59ユーロ(約6700円)になる予定とされています。

従来のファンはもちろん、スマホやタブレットとの2台持ちを考えている人にはバッテリーを気にしなくて済む通話専用機としてまたとないチョイスになりそうです。日本での再発はあるのでしょうか?気になるところです。


続きを読む




2016年05月19日
1 : 海江田三郎 ★ :2016/05/18(水) 22:21:29.22 ID:CAP_USER.net
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDX18H2S_Y6A510C1FFE000/


【台北=伊原健作】台湾の電子機器の受託製造サービス(EMS)世界最大手、鴻海(ホンハイ)精密工業は18日、グループ会社を通じ、ノキアの従来型携帯電話事業を買収すると発表した。買収額は3億5千万ドル(約380億円)。鴻海は4月にシャープの買収を決めたばかりで、M&A(合併・買収)による
ブランドビジネスの取り込みを加速している。

 ノキア(フィンランド)は2014年に携帯電話事業を米マイクロソフトに売却した。鴻海は今回、中国で携帯電話の受託製造を手掛ける富智康集団(FIHモバイル)を通じ、マイクロソフトから事業の一部を買収する形を採る。契約にはスマートフォン(スマホ)事業は含まれていない。

 ノキアブランドの従来型携帯電話はインドやインドネシア、中東などの新興市場で展開している。昨年発表した新製品は1台55ドルの低価格が武器で、鴻海は成長性があると判断したとみられる。

 鴻海は16年1〜3月期の連結純利益が前年同期比9%減の275億台湾ドル(約920億円)と、2四半期連続の最終減益となった。大口顧客である米アップルのスマホの販売不振が足かせで、成長に向け新たな収益源を模索している。

転載元スレッド:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1463577689/
【国際】鴻海、ノキアの携帯買収 グループ会社通じ380億円

続きを読む
2013年09月05日
1 : バーニングハンマー(神奈川県) :2013/09/05(木) 07:53:20.34 ID:PESLxst/0 BE:1143106728-PLT(12001) ポイント特典

  9月4日(ブルームバーグ):フィンランドにとって最大の「企業成功物語」は終わりを告げ、国民は残されたものの意味を探っている。

近くヘルシンキで教職に就くリーサ・ハヌラさん(26)はノキア の携帯電話を使い続けてきたが、韓国サムスン電子のスマートフォン(多機能携帯電話)に乗り換えるかもしれないという。ハヌラさんは「ノキアはフィンランドの主要ブランドの1つ。外国の人たちにも『ノキアはフィンランド製よ』と話してきたけれど、もうそう言うこともできない」と語った。

ノキアの携帯端末事業の米マイクロソフト への売却は、フィンランド全土に衝撃を広げた。ノキア携帯は国家的プライドの源泉で、一時は国民の90%が保有していた。30年前に初の携帯を発売してから、ノキアは同国発の一流グローバル企業第1号となり、技術立国への転換の象徴とされてきた。

ヘルシンキ近郊のエスポーに本社を置くノキアは1990年代に世界最大の携帯電話メーカーとなった。ヘルシンキを拠点とする経済調査会社ETLAのエコノミスト、ユルキ・アルユコイ氏によると、ピーク時の2000年には国内総生産(GDP)のプラス4%相当を創出したが、巨額損失で地位を保てず昨年には約0.2%のマイナスに落ち込んだ。今回のマイクロソフトとの合意で来年には回復が見込まれるものの、最大でもプラス0.3%にとどまる見通しという。

アルユコイ氏は電話取材で「ノキアは経営不振に陥りつつもフィンランドの旗艦企業であり続けた。フィンランドがショックから立ち直って新生ノキアに慣れるには、一定の時間がかかるだろう」との見方を示した。

国際的な威信

ノキアは1865年にパルプ・製紙会社として創業、ゴムや家電などを手掛けた後に通信機器会社となった。約6年前に米アップル の「iPhone(アイフォーン)」や米グーグル の基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載端末が発売されるまで、世界一の携帯電話メーカーとして君臨。しかし、現在は世界シェアの上位5位にも入っていない。

フィンランドのバパーブオリ経済相は声明で「ノキアはその全盛期に大いなる福利と国際的な威信をもたらし、国民の自尊心を高めた」とした上で、マイクロソフトとの合意の「最大のインパクトは感情的なものだ。フィンランド経済史の1つの時代が終わった」と述べている。

トロイの木馬か?

マイクロソフト幹部だったスティーブン・エロップ氏がノキアの最高経営責任者(CEO)に就任して3年足らずで合意が発表されたというタイミングを捉え、フィンランドの一部主要紙はエロップ氏の転身の動機に関する記事を掲載。同国最大のタブロイド紙イルタ・サノマットは同氏を最初からマイクロソフトを手助けしてきた「トロイの木馬」と呼んだ。

フィンランド人以外では初めてノキアのトップとなったエロップ氏は、マイクロソフトに復帰する予定だ。

ヘルシンキの百貨店販売員のシルエ・リエモラさん(56)は「ずっとうわさされていた通り、ノキアの価値を下げて安く買うつもりだったのかしらと考えてしまう」と話した。マイクロソフト広報担当のピーター・ウートン氏はコメントを避けている。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MSKYUD6KLVRA01.html

転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1378335200/
フィンランド国民が大ショック 「もう外国人にノキアを自慢できない…」

続きを読む
2012年09月28日
1 : ジョフロイネコ(WiMAX) :2012/09/28(金) 00:56:14.96 ID:szuD1N090 BE:3996384487-PLT(12002) ポイント特典
過去2年間の人員削減で4万人もの社員を手放したノキア。
その元社員が、世界各地で500社以上も起業しているという話はご存じだろうか。

これらの元社員達の起業を助けたのは、2011年4月に開設された「ノキア・ブリッジ・インキュベーター」、略して「ブリッジ」というプログラムである。同プログラムは、欧州、インドや米国のノキアに設立され、自主退職希望者に対して、起業を志す者にはビジネスプランの練り上げから、一人につき2万5千ユーロ(250万円)までの資本金及び研修や人事採用のアドヴァイスなどのサービスまでも提供し、起業以外にも、新たな就職先を見つける手助けや、必要なスキルを身につけるための研修を提供、もしくは大学などの研究機関との共同プロジェクトに加われるよう働きかけるなど、社員達の退職後の人生設計を応援している。

http://punta.jp/archives/7765

俺も起業したい・・・

転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1348761374/
クビになった社員4万人が500社も起業。行動力ありすぎだろ

続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク