スティーブ・ジョブズ

2017年08月22日
1 : 名無しさん@涙目です。[ageteoff] :NG NG BE:829826275-PLT(13931).net
ジョブズの予想は正しかった!?一世を風靡した「Flash」が2020年に終了へ

Adobeは2020年末に「Flash」の提供を終了すると発表しました。

スティーブ・ジョブズ氏は2010年に「Flashは古い」と切り捨てていましたが、その予想が現実のものに。

(省略)

全文
http://www.appps.jp/269838/




続きを読む




2016年05月06日
1 : シューティングスタープレス(東日本)@\(^o^)/ :2016/05/06(金) 16:38:12.96 ID:+nCbToj00.net BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典

小中学生によるスマートフォンの利用は、賛否両論を呼んでいる。

「今のうちにモバイルに慣れておくべきだ」という声がある一方、「判断力の未熟なうちからスマホは危険だ」という意見もある。

■約半分が「よろしくない!」

巷の日本人は、この問題についてどう考えているのだろうか。しらべぇ編集部は、「子供のスマホは教育上よくないと思うか?」という調査を全国1365名を対象に取った。



■意外と厳しい20代女性

では、性年代別調査結果を見てみよう。



■IT業界の巨人はどうしてる?

Appleの創業者スティーブ・ジョブズは、自分の子供にiPhoneを持たせなかったそうだ。ジョブズだけではなく、IT業界に携わる有名ビジネスマンほどそうした傾向があるという。それはなぜかといえば、主な理由はふたつあるらしい。

ひとつは、オンライン状態のモバイル機器は「諸刃の剣」だということを充分に知っているため。今やスマホさえあれば世界中の人と通信できるが、それ故にネット上の失言が世間を敵に回すことも。

もうひとつは、便利な道具が子供の創造性を奪ってしまう可能性があることだ。スティーブ・ジョブズもビル・ゲイツも、「何もなかった時代」からイノベーションを駆使して製品を作ってきた。

今の時点で存在しないものを「欲しい」と考えるからこそ、世界を変える製品を世に送り出すことができた。最初からスマホに頼っていたら、それを越える発想が育たなくなってしまう。

「何も与えない」ということは、子供にとって決して残酷なことではないらしい。

http://sirabee.com/2016/05/03/115544/


転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1462520292/
ジョブズが自分の子供に「iPhoneを持たせなかった理由」

続きを読む
2013年09月02日
1 : アイアンクロー(神奈川県)[アフィ転載禁止] :2013/09/02(月) 20:43:44.89 ID:N1Y06v0d0 BE:727283939-PLT(12000) ポイント特典

 Macworld/iWorld Asia 2013が北京で開催された。イベントにはスティーブ・ジョブズの伝記映画「JOBS」(邦題『スティーブ・ジョブズ』)で主演を果たした俳優のアシュトン・カッチャー氏も訪問し、映画の役やプライベートについて語った。

 トークショーでは、イベント主催者がスティーブ・ジョブズの人物像を紹介。Macworldというイベントが、アップルの復活から始まり、数々の重要製品の発表の場でもあったことを振り返り、カッチャー氏を紹介した。

 登壇したカッチャー氏は、冒頭、実はスティーブ・ジョブズを演じるのを怖いと思っていた、と告白した。

「これまで実在の人物を演じたことはあまりない。ましてや大勢の人々の記憶にも新しい、自分たちと同時代の有名人の役となると、難しいと思った」とカッチャー氏。「しかし、これまでの経験でも、自分が怖いと思っていることにチャレンジすることこそが新しい道を切りひらいてきたきた」と思い直し、役を受けることを決めたという。

 カッチャー氏が役作りで1番難しいと感じたのは「ジョブズという人物像の見方が人によって大きく異なることだった」と語る。「あの黒いタートルネックとジーンズの姿のイメージは同じでも、その奥に潜む人物像に関しては、異なる自分だけのイメージを持っている」。

http://image.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1308/28/og_macworld_001.jpg
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1308/28/news049.html


比較



トレーラー


本人 若いころ




転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1378122224/
映画ステイーブジョブズの俳優が本人に似すぎ

続きを読む
2012年05月02日
1 : 冥王星(愛知県) :2012/05/01(火) 12:50:43.70 ID:YjqqgW9s0● BE:930720375-PLT(12001) ポイント特典

中国のインターネットユーザー数の推移


 いまや人材、資金力のいずれも米国に迫る勢いの中国だが、世界を変えるようなアイディアが生まれないのはなぜなのか。

 中国ではいま、ITベンチャーが次々に登場しており、米国のシリコンバレーにも勝るとも劣らない勢いがある。しかし、その中国で、アップルのスティーブ・ジョブズやフェイスブックのマーク・ザッカーバーグに匹敵するような起業家は生まれていない。それはいったいなぜなのだろう。

 中国のインターネット人口はすでにEUの人口に匹敵する5億人余りに達している。だがそこで毎日生まれているのは、米国で生まれたアイディアの模倣によるビジネスばかりなのだ。たとえば、「百度」はグーグルのコピーだし、「人人」はフェイスブックの真似。グルーポンの爛ローン瓩忙蠅辰討蓮5000以上もある。

 米国の起業家なら、何よりもアイディアを大切にする。米国では、優れたアイディアがなければ市場を獲得することはできないからだ。起業家の多くは大学をドロップアウトしてまで、ビジネスの中核となるアイディアを育て、広めることに没頭する。儲かるかどうかは二の次だ。

 一方、中国の起業家たちが目指すのは、まず何より収益だ。13億人の巨大なマーケットのなかでは、他人の模倣であってもビジネスとして成立する。そして、大学を出て、企業で経験を積んだ末に独立した彼らは、そのことをよく知っている。

 そんな彼らにとって、イノベーションは最重要課題ではない。アイディアより利益を優先するやりかたでは、新しいものは容易に生まれないだろう。

 中国のある動画サイトの経営者はこう話す。

「米国で生み出されているサービスは中国人も必要としていて、新しいものを作るよりコピーしたほうが早くニーズに応えられる。スマートでいることより、一番になることが大事なんだ」


フィナンシャル・タイムズ(UK)より

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32277

続きを読む
2012年01月06日
1 : ステマ一派(埼玉県)[sage] :2012/01/06(金) 09:27:16.44 ID:csAj/tqT0● BE:801898087-PLT(12001) ポイント特典
Steve Jobs Action Figure Is Incredibly Realistic
The 12-inch figurine comes with a pair of black socks, a chair, a backdrop that says “One More Thing” and two apples one with a bite.
iPhone not included. No word yet on Apple's response to the action figure.
http://www.damncoolpictures.com/2012/01/steve-jobs-action-figure-is-incredibly.html

Google翻訳結果
スティーブジョブズのアクションフィギュアは信じられないほど現実的である
12インチのフィギュアは、黒の靴下のペア、椅子、"ワンモアシング"とかじられたリンゴ2つを言う背景が付属しています。
iPhoneは含まれません。いいえアクションフィギュアに対するアップルの対応は、まだ公表されていない。






アップルの公認フィギュアではありません。

続きを読む
2011年10月10日
1 : 名無しさん@涙目です。(芋) :2011/10/10(月) 11:37:31.89 ID:ZNbL0VsAP BE:290165573-PLT(12000) ポイント特典
■スティーブ・ジョブズの遺産、4年間分のアップル新製品コンセプト

英紙デイリー・メールによると、米アップルのスティーブ・ジョブズ氏は、今後4年間分のアップル製品のコンセプトと計画を遺していったという。ジョブズ氏は死期が近いことがわかっていながら、1年以上アップルで働き、今後の同社を支えうるアップル製品を打ち出していった。そしてタブレットPCの「iPad」や携帯音楽プレーヤーの「iPod」、スマートフォンの「iPhone」、ノートパソコンの「MacBook」の新製品の設計図を準備していたという。

 これらの設計図の詳細は明らかになっていないが、次に発表されるiPhoneはスティーブ・ジョブズ氏の設計によるものだと言える。これはジョブズ氏亡き後のiPhoneなどアップル製品に不安を感じていた消費者や、投資家にとって朗報となると思われる。

 一方、10月4日に発表された「iPhone 4S」の予約数は、これまでのiPhoneの中でも最高数に上っているという。米誌フォーチュンの報道によると、AT&Tはたった12時間で20万台もの「iPhone 4S」の予約を受け付けており、AT&Tの代表者は「これまでのiPhoneで最も成功したスタートだ」と語った。

http://jp.ibtimes.com/articles/22741/20111010/812984.htm

続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク