アイルランド

2015年10月31日
1 : キングコングニードロップ(東京都)@\(^o^)/[ageteoff] :2015/10/31(土) 13:54:04.74 ID:dkVl7XWJ0.net BE:253569587-2BP(5000)

アイルランドの格安航空会社「ライアンエアー」の切符を買って、アイルランドまで飛ぼうとしたニール・トーマス・ダグラスさんは機内に入り、席に着こうとした瞬間、隣の席に自分の「そっくりさん」が座っていることに気づき仰天した。

ポータル「マッシャブル」の報道によれば、ダグラスさんもその「そっくりさん」も親戚関係にはないことを公式的に認めているそうだ。

http://jp.sputniknews.com/life/20151031/1101226.html#ixzz3q7NnyI7U




転載元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1446267244/
飛行機乗ったら隣の奴が自分と同じ顔とかビビるわあ

続きを読む




2012年10月21日
イギリスでクリス・トッドという男性が、ハムスターの回し車のようなボートを作り、アイリッシュ海の横断を試みました。




帆に風を受けるわけでもなく、オールで漕ぐわけでもなく、ひたすら歩くことによって前進する奇妙なボート。

この人間用回し車といえるボートで、アイリッシュ海をウェールズからアイルランドまで100kmぐらいを歩くチャレンジをしました。

2日間歩くことで36,000カロリーも燃焼したようです。(36,000キロカロリーかも)


アイリッシュ海は赤枠の辺り。ウェールズは赤枠内の右下、アイルランドは左。



以下、歩いている動画あり

続きを読む
2010年09月22日
1 名前: ヤクザ(岐阜県) 投稿日:2010/09/22(水) 18:08:20.84 ID:bDg3kIFl0 BE:1069533465-BRZ(10000) ポイント特典
アイルランドといえば国民の大半がカトリック教徒。しかし長年にわたり多数の少年が聖職者から性的虐待を受けていたことが発覚して以来、教会離れが深刻化している。最近では、毎週ミサに通う人はおよそ40%まで低下している。

そんななか先週、ローマ法王ベネディクト16世がヨーロッパで初めて訪問する英語圏の国として選んだのはアイルランドではなく、イギリスだった。滞在中にエリザベス女王や、英国国教会の最高位聖職者であるカンタベリー大主教のローワン・ウィリアムズと会談。野外ミサにも出席し、スーザン・ボイルの歌声に耳を傾けた。

今回の訪英の狙いの1つは、英国国教会との融和だ。80年代にエリザベス女王と前法王ヨハネ・パウロ2世が和解に向けて一歩を踏み出したものの、英国国教会とカトリック教会の関係は良好とは言い難い。最近では、法王が英国国教会から改宗した聖職者を(妻帯者でも)受け入れると発表。それに対抗するように、ウィリアムズは11年の英国国教会の大主教会議を、長年「カトリックの国」だったアイルランドで開くと宣言した。

聖書研究家のN・T・ライトは、この機会にカンタベリー大主教と法王が話し合い、キリスト教の再興を図ってほしいと語る。「人々は心の支えを求めているが、教会への不信感も根強い。新しい形で神の言葉を広めなければ」

編集者で作家のポール・イリーは、密室でのトップ会談が「教会政治」や神学論争に終始したのではないかと懸念する。「法王が女性の聖職者は認められないと言えば、大主教が小児性愛者の聖職者が問題だとやり返す。そんな不毛な話し合いだったのではないか」

イギリスの最近の世論調査では、「神はいない」または「いるかどうか分からない」と答えた人が3割以上。不毛な神学論争をしている場合ではなさそうだ。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2010/09/post-1631.php

続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク