アメリカ

2017年02月20日
1 : セントーン(東京都)@\(^o^)/ :2017/02/19(日) 20:55:48.29 ID:Rm5ufZLx0.net BE:878978753-PLT(12121) ポイント特典
米の巨大ダムが決壊の危機、周辺住民は避難


米カリフォルニア州北部のオルビルにある巨大ダムが決壊の危機にある。

全米で最大の高さ236メートルを誇るオロビル湖ダムは、大雨が続いた影響で貯水率が限界に近づき、1968年のダム完成以来使用されていなかった緊急放水路までも使用して放水を行っているが、放水路にもひびが入るなど、事態は深刻化。

周辺住民約19万人は緊急避難。オロビルはサンフランシスコから北に約240キロメートルの場所にあり、最悪の場合、カリフォルニア州北部全域に影響が及ぶ可能性も指摘されている。写真は、大量の放水を観測している行政職員の様子。

http://www.zaikei.co.jp/photonews/1534.html


続きを読む




2017年02月19日
1 : キャプチュード(静岡県)@\(^o^)/ :2017/02/19(日) 14:15:14.60 ID:gxu6WHPR0.net BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典
BusinessInsiderJapan @BIJapan 2017/02/17 10:38:06
アメリカの会社が開発した「水漏れを止める粘着テープ」が話題を集めています。水の中でも使えるので、たとえば、水を排出することなくプールを修理できます。大きさは3種類。ウェブサイトで16ポンドから購入できます。


http://video.twimg.com/ext_tw_video/832402582937051136/pu/vid/1280x720/LElc0nhN65cBmA6Y.mp4

https://twitter.com/BIJapan/status/832403719601786880


続きを読む
2017年02月18日
1 : ボ ラギノール(北海道)@\(^o^)/ :2017/02/18(土) 12:38:11.95 ID:/WcsHWTQ0.net BE:422186189-PLT(12015) ポイント特典
日本製品、税制で有利=「国境調整」で是正を−下院議長

ライアン氏は記者団のソニー製ICレコーダーを手に取り、「日本製品は輸出時に(日本の消費税が)免除される上、米国に入ると(消費税が)課税されない」と主張。

逆に米国製品は日本で消費税がかかり、税制面で不利との見解を示した。

米共和党指導部のライアン下院議長は16日の記者会見で、日本製品が輸出時の税制で米国製品より有利な扱いを受けていると指摘し、是正のため米国の法人税に、輸出課税を免除して輸入課税を強化する「国境調整」を導入すべきだと訴えた。国境調整は米企業のための税制だと強調することで、小売業界などの懸念を拭いたい考えだ。

米国全体では日欧のような消費税(付加価値税)がないため、米製造業には「輸出時の税還付を得られない」との不満がある。このため、下院共和党は法人税の国境調整を導入する税制改革を提案。輸入抑制を目指すトランプ政権に支持を求めている。

http://www.jiji.com/sp/article?k=2017021700474&g=eco


続きを読む
2017年02月18日
1 : ジャーマンスープレックス(やわらか銀行)@\(^o^)/ :2017/02/17(金) 22:29:06.82 ID:6TzPWOn20?2BP(1669)
http://www.recordchina.co.jp/a164201.html

「中国嫌い」の米国人、10年で激増―米研究所

2017年2月17日、米ラジオ局ボイス・オブ・アメリカ中国語版によると、この10年間で米国人の中国に対する嫌悪感が急上昇したことが米ピュー研究所の調査で明らかになった。

同研究所の調査によると、2016年に「中国に対して好感を抱いていない」と答えた米国人の割合が55%に達し、2006年に比べて26ポイント増加した。一方、米国に好感を抱いていない中国人の割合は44%だった。両国とも50歳以上の層で互いにネガティブな印象を持つ傾向が強かったが、若者層では中国に好感を持たない米国人が10年前より21ポイント増えたのに対し、米国にネガティブな印象を持つ中国人は逆に1ポイント減少している。

調査ではまた、(続きはリンク先で)


続きを読む
2017年02月14日
1 : ランサルセ(徳島県)@\(^o^)/ :2017/02/14(火) 14:50:57.15 ID:35HNxprA0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
長時間、トランプ大統領と一緒にいた疲れも見せず、安倍首相は、13日午後6時半に羽田に着き、その直後、午後8時からBSフジの「PRIME NEWS」に出演した。

安倍首相
「(トランプ大統領と)ゴルフを27ホール。これ結構、大変だったんですね。わたし、普通18ホールしかしませんから」と述べた。「ゴルフ外交」で、どんな成果があったのか。

安倍首相
「カートには大統領とわたし、2人だけで、両国の通訳がカートの後ろに乗って。2人乗りのカートなんですが、結構いろんな話、突っ込んだ地域情勢とか、2国間あるいは同盟関係についても、率直な話を聞くチャンスであり、事実、率直な話をすることができたと思っています」と述べた。

安倍首相は、このゴルフが終わったあと、周辺に
「朝から夕方まで過ごしたこの時間は、オバマ大統領と4年間で過ごした時間より長い」と語ったという。

安倍首相は、よほどの手応えを感じたのか。一方、このゴルフが終わったあとのことだった。日米の友好ムード演出を狙い撃ちしたかのようなタイミングで、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した。しかし、この一報が入った直後の夕食会では、逆に2人の距離が縮まるようなやり取りがあったという。

安倍首相は「『会見を行いたい』と言ったら、『じゃあ、私もその場に行こう』と。『その場でメッセージを発することにしよう、2人で』ということになりまして」と述べた。この結果、安倍首相の緊急会見を、トランプ大統領が見守るという、異例の対応となった。トランプ大統領は「われわれアメリカは、同盟国である日本を、100%支持していきます」と述べていた。この2人の「蜜月ぶり」は、初日から際立っていた。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00349759.html


続きを読む
2017年02月13日
1 : トペ スイシーダ(東京都)@\(^o^)/[US][ageteoff] :2017/02/13(月) 21:05:34.44 ID:pNCajVJz0.net BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
 楽天の三木谷浩史会長兼社長は13日、決算発表の記者会見で、「米国で2000人以上を雇用していて、今後も増えていく。一定の本社機能をシリコンバレーに移すことも考えている」と述べ、トランプ米政権に歩み寄る姿勢を示した。同日発表した楽天の平成28年12月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比17・6%減の779億円と、インターネット通販モール「楽天市場」のポイント還元率を上げた影響で大幅な減益となった。

 三木谷氏は、トランプ大統領の入国禁止令に関しては「米国はさまざまな国から英知が集まっている。世界中の人が憧れる国で居続けてほしい」と語った。

 最終利益は、25年に買収した米国の動画配信サービス会社ののれん代などで10〜12月期に239億円の減損損失を計上したことが響き、同14・5%減の379億円だった。売上高は、楽天カードの利用など金融事業が順調に伸び、同9・6%増の7819億円と過去最高を記録した。

 三木谷氏は、ポイント還元で利益が減少している楽天市場事業に関し、広告収入の増加などで「追い風を感じる」と強調した。
http://www.sankei.com/world/news/170213/wor1702130047-n1.html


続きを読む
2017年02月12日
1 : ラ ケブラーダ(徳島県)@\(^o^)/ :2017/02/12(日) 21:06:04.74 ID:AdoZA8+l0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典


続きを読む
2017年02月12日
1 : トラースキック(catv?)@\(^o^)/ :2017/02/12(日) 19:30:23.59 ID:W/YQx0AD0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
米国のドナルド・トランプ大統領が中東・アフリカ7カ国からの入国を一時禁止した措置は、世界に混乱を招き各国で批判の的となっている。

 だが肝心の米国では、一連の世論調査によって一般国民の多くが支持していることが明らかになった。この事実が日本の主要メディアではなぜか報じられない。

中略

最初に世論調査の結果を報じたのはロイター通信である。調査では、米国民の49%がトランプ大統領の措置に賛成、41%が反対という結果が出た。米国の一般国民の約半数は大統領の措置に賛意を表明しており、反対する人より多いという事実が明らかとなった。

 ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポスト、CNNテレビなど、反トランプ色が強く、民主党を支持するメディアは、その結果をごく簡単に報じただけだった。日本の主要メディアの伝え方もきわめてあっさりしていた。

 だがその直後の2月初め、今度は米国の大手世論調査機関ラスムセン社が世論調査の結果を公表した。それによると、7カ国からの入国を一時禁止する措置への賛成が57%、反対が32%であり、賛成派が大差で多かった。

 ラスムセン社は、大統領選キャンペーン中もトランプ氏の支持率を他の世論調査機関よりも正確に伝えてきた実績がある。だが、ラスムセン社が発表した「57対33」という数字は、日本の主要メディアの間ではまったく報道されなかった。

 さらに世論調査機関「モーニング・コンサルト」が政治雑誌の「ポリティコ」と合同で実施した世論調査でも、同じような結果が出ている。2月6日に報道された調査結果によると、トランプ政権の入国一時禁止措置を支持する米国民は全体の55%、不支持は38%だった。

全文
米国でこんなに支持されていた「入国禁止」大統領令
日本では伝えられない一般米国民の胸の内
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49161


続きを読む
2017年02月12日
1 : マスク剥ぎ(神奈川県)@\(^o^)/ [sage] :2017/02/12(日) 13:05:15.11 ID:IlbyAdEa0.net BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
http://diamond.jp/articles/-/117438


トランプ大統領に翻弄される日本の自動車業界

「アメリカでは日本車が大量に走っているのに、日本ではアメリカ車はほとんど走っていない。不公平だ」――。

?ドナルド・トランプ大統領のこの文言に、日本の自動車業界は翻弄されている。

?日本側からは当然反論が噴出している。アメリカは自動車輸入に関税をかけているのに、日本はかけていない。アメリカで販売されている日本車の多くはアメリカで生産され、経済活性化や雇用創出に貢献している、等々。メーカー各社の首脳は決算会見などの席上で、「日米首脳会談でトランプ大統領にそのことを理解してもらえることを期待する」という趣旨の発言を行っている。

?自動車貿易で、日本側が不利なことこそあれアメリカ側にはないというのは至極正論だ。また、日本とアメリカでは国情があまりにも違いすぎ、アメリカ車が合わないというのも事実だ。だが、それを主張してトランプ大統領の理解を得ようというのは、いかにも外交下手の日本らしい、きわめて有効性の薄いやり方だ。

?世界各国のメディアがアンチトランプキャンペーンを張っている影響か、トランプ大統領はそういったバックグラウンドも知らないままモノを言っていると本気で信じている人が多い。大手新聞の社説でもそういう論調のものが日々出ている。


続きを読む
2017年02月11日
1 : 張り手(北海道)@\(^o^)/ :2017/02/11(土) 19:52:12.11 ID:CdrTi5y10●.net BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
ニューヨーク=上塚真由】安倍晋三首相の訪米に際し、メラニア・トランプ大統領夫人は10日、ファーストレディーとしての“外交”デビューを果たした。

 メラニア夫人は同日午後、首都ワシントン郊外のアンドルーズ空軍基地でトランプ氏や安倍首相夫妻らと合流。一緒に大統領専用機「エアフォースワン」に乗り込み、夜には、南部フロリダ州の別荘内での夕食会に同席した。

 だが、昭恵夫人が午前にワシントンで聴覚障害者のための大学などを訪問した際には、姿を見せなかった。ファーストレディーは外国首脳の配偶者に随行するのが慣例となっており、米メディアは「伝統を破った」と指摘した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000531-san-n_ame


続きを読む
2017年02月11日
1 : 目潰し(徳島県)@\(^o^)/ :2017/02/11(土) 15:49:54.31 ID:OhDgrjno0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典
2017.2.11 02:00更新

【日米首脳会談】
安倍晋三首相「私は朝日新聞に勝った」 トランプ大統領「俺も勝った!」 ゴルフ会談で日米同盟はより強固になるか?
http://www.sankei.com/premium/news/170211/prm1702110028-n3.html



 果たして安倍−トランプも、日米同盟をより強化・発展させる関係を構築できるのか−。

■「実は共通点がある」

 大統領選で日本に対しても厳しい発言を繰り返してきたトランプが、これほど安倍を厚遇するのはなぜか。実は伏線があった。

 昨年11月の米ニューヨークのトランプタワーでの初会談で、軽くゴルフ談議をした後、安倍はこう切り出した。

 「実はあなたと私には共通点がある」

 怪訝な顔をするトランプを横目に安倍は続けた。

 「あなたはニューヨーク・タイムズ(NYT)に徹底的にたたかれた。私もNYTと提携している朝日新聞に徹底的にたたかれた。だが、私は勝った…」

 これを聞いたトランプは右手の親指を突き立ててこう言った。

 「俺も勝った!」

 トランプの警戒心はここで吹っ飛んだと思われる。トランプタワーでの初会談は90分間に及んだ。安倍は、中国の軍事的な脅威と経済的な危うさ、そして日米同盟の重要性をとうとうと説き、トランプは真剣な表情で聞き続けた。


続きを読む
2017年02月11日
1 : 張り手(北海道)@\(^o^)/ :2017/02/11(土) 12:25:41.45 ID:CdrTi5y10●.net BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
 【ワシントン=佐々木美恵】安倍晋三首相とトランプ米大統領は10日午後(日本時間11日午前)の首脳会談で、個人的な信頼関係の構築をアピールした。

 トランプ氏は、首相がホワイトハウスに到着すると車寄せまで出迎え、両手でがっちり握手。予定ではそのまま首相を招き入れるはずだったが、トランプ氏は首相を抱き寄せ、ハグした。会談後の共同記者会見では「(ハグしたのは)そういう気持ちになったからだ。すばらしい関係を築ける」と笑顔で語った。

 双方が共通の趣味とするゴルフを積極的に話題にすることで距離がさらに縮んだようで、トランプ氏は首相の手の甲を軽くたたき、「とても強い手をしている」と、ゴルフクラブを振るしぐさをしながら称賛。首相も共同記者会見で「私の腕前は、大統領にかなわない」と持ち上げた。

 首相はさらに、ゴルフの格言を引き合いに「私のポリシーは『ネバーアップ、ネバーイン』(カップに届かなければ決して入らない)。(打数を)刻むという言葉は私の辞書にはない」と語り、笑いを誘ってみせた。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00000517-san-pol


 トランプ氏は共同記者会見で、発言する首相の表情をのぞき込んだり、うなずいて相好を崩したりと20回近くも動きを見せた。トランプ氏は「首相とはケミストリー(相性)がいい。もし変わったら申し上げるが、そうはならないだろう」と笑顔を見せた。


続きを読む
2017年02月11日
1 : 海江田三郎 ★ :2017/02/11(土) 00:13:08.73 ID:CAP_USER.net
http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170210-01000008-fisf-bus_all.vip


2月10日(金)22時47分配信 フィスコ安倍首相は米商務省で演説を行った。「ほとんどの日本の自動車は米国で製造されている」「日本では誰も米国が雇用を奪っていると訴える者はいない」《KY》 [ 記事全文(VIP倶楽部でログイン) ]


続きを読む
2017年02月10日
1 : フェイスロック(catv?)@\(^o^)/ :2017/02/10(金) 15:21:31.70 ID:ayoDSQdR0?2BP(1931)
米大統領「一つの中国」守る=習主席と初の電話会談

 【ワシントン、北京時事】トランプ米大統領は米東部時間の9日、習近平・中国国家主席と電話会談し、中国本土と台湾は不可分とする「一つの中国」の原則を守る考えを明らかにした。また、両首脳は互いの国への訪問を招請した。ホワイトハウスが発表した。

トランプ米大統領の書簡「高く称賛」=中国外務省、「協力が唯一の選択」

 トランプ政権発足後、両首脳が電話会談するのは初めて。トランプ氏はこれまで、「一つの中国」の原則を経済問題との取引材料にする可能性を公言していたが、同原則の維持を中国側に伝えたことで、中国は安堵(あんど)しているとみられる。

 ホワイトハウスの発表によると、トランプ氏は「習主席の要請に基づいて」、「一つの中国」の原則を守ることに合意した。両首脳はさまざまな議題について、和やかに意見交換したという。 

 一方、中国中央テレビによると、トランプ氏は「私は米政府が『一つの中国』政策を進める重要性を十分に理解している」と述べた。習氏はトランプ氏の表明を称賛した上で、同原則が「中米関係の政治的土台だ」と訴え、両国の協力を強化していく方針を示した。

http://www.jiji.com/sp/article?k=2017021000717&g=int


続きを読む
2017年02月10日
1 : 膝十字固め(やわらか銀行)@\(^o^)/ :2017/02/10(金) 01:46:17.20 ID:HaMCz+Ux0.net BE:228348493-PLT(16000) ポイント特典
Trump laments lack of 'fast trains' in US during meeting with airline execs
http://thehill.com/policy/transportation/318680-trump-laments-lack-of-high-speed-rail-in-us-during-meeting-with


President Trump lamented the lack of high-speed rail service in the U.S. during his meeting with top airline executives on Thursday.

“You go to China, you go to Japan, they have fast trains all over the place,” Trump said.

Meeting attendees include the CEOs for Delta Airlines, United Airlines, Southwest Airlines, and JetBlue. "I don’t want to compete with your business, but we don’t have one fast train,” Trump said to laughs.



10 : 膝十字固め(やわらか銀行)@\(^o^)/ :2017/02/10(金) 02:02:14.59 ID:HaMCz+Ux0.net
トランプ アメリカに高速鉄道が無いことを嘆く 航空会社経営陣との席で

トランプ大統領は、木曜日、航空会社経営陣との会談で
アメリカに高速鉄道がないことを嘆いた。
「中国に行っても、日本に行っても、あちこちに高速鉄道がある」

デルタ、ユナイテッド、サウスウェスト、ジェットブルーの航空会社CEOが出席していた。
「あなた方のビジネスと競合することを望んではないが、我々には一つも高速鉄道がない」



続きを読む
2017年02月09日
1 : グロリア(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ [sage] :2017/02/09(木) 21:55:00.46 ID:MIZ867d80.net BE:565421181-PLT(12000) ポイント特典
ドルは「強いのと弱いの」どっちがいいんだっけ? トランプ氏の電話での問いに、補佐官「分かりません」


「強いドルと弱いドル、米国経済にはどっちがいいんだっけ?」。午前3時のトランプ米大統領の電話でたたき起こされた補佐官の答えは「分かりません」。米ニュースサイトのハフィントンポストは9日までに、複数の関係者の話として、トランプ氏と側近とのこんなやりとりを伝えた。

 電話の相手はフリン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)。混乱して質問したトランプ氏に、軍出身のフリン氏は「私の専門領域ではないので。エコノミストに尋ねられてはいかがでしょう」と答えたという。

 電話があった日や、なぜトランプ氏が深夜にドルのことで悩んでいたかは不明。事実なら日本の金融政策を「円安誘導」と批判するトランプ氏が、日米首脳会談を前に作戦を練るあまり、眠れなくなった可能性もありそうだ。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/170209/wor1702090066-n1.html


続きを読む
2017年02月08日
1 : リバースパワースラム(秋田県)@\(^o^)/ [sage] :2017/02/08(水) 18:26:15.25 ID:zkLEaX/Q0.net BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典
入国禁止令や人種差別的な発言で、就任以降、話題の絶えないトランプ米大統領。その思想や政策は、他国にも大きな影響を及ぼしている。そんな中、韓国系アメリカ人の老婦人(83)が白人の女に暴行されるという事件が発生した。
 事件が起きたのは、2月1日の午後。カリフォルニア州ロサンゼルスの路上で、老婦人が20代の女に顔面を殴られ、転倒。老婦人は額に2.5cmほどの切り傷を負い、道路には真っ赤な血が滴り落ちた。
 現場に居合わせた、同じく韓国系アメリカ人のリンダ・リーという女性がFacebookに写真付きでこの件を投稿したことで世界中に拡散されたのだが、女は「ホワイトパワー!」(白人の力を思い知れ!)などと叫んで無防備な老婦人を襲撃した後、そのまま逃げ去ったという。女は通報を受けた警察官によって逮捕された。
 リー氏のFacebookによれば、被害に遭った老婦人はアメリカ国籍のパスポートを持っており、30年以上にわたりアメリカで暮らしているという。
 ただ、一連のFacebookへの投稿は、事件そのものへの関心だけでなく、リー氏への“疑惑”も呼んだ。事件は「でっちあげ」ではないかという指摘が上がったのだ。警察も、加害者による人種差別的発言の目撃者がいないとし、事件をヘイトクライム(憎悪犯罪)としては捜査していない。

http://www.cyzo.com/2017/02/post_31430_entry.html


続きを読む
2017年02月07日
1 : リバースパワースラム(和歌山県)@\(^o^)/ :2017/02/07(火) 21:04:43.92 ID:QpGb8/hK0.net BE:253246518-PLT(15000) ポイント特典
トランプ氏は「法の支配の敵」、中国最高裁判事が非難

中国の最高人民法院(Supreme People's Court、最高裁に相当)の判事が5日、メッセージアプリに投稿したメッセージでドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領を「弱い者いじめ」にたとえ、米国の司法制度を破壊する「法の支配の敵」だと激しく非難した。

トランプ氏は先週自らが発令したイスラム圏7か国出身者の入国を禁止する大統領令に対し、差し止めを命じたシアトル(Seattle)連邦地裁のジェームズ・ロバート(James Robart)判事を「いわゆる判事」とあざけりながら激しく攻撃した。

これを受けて中国最高人民法院の何帆(He Fan)判事はメッセージアプリ「微信(ウィーチャット、WeChat)」に、「判事を批判する大統領や判事を殺害する暴徒は、すべて法の支配の敵である」と投稿した。

さらに何判事は「最も民主的で、また法治の精神を最も重んじていると主張する国家において、大統領が先頭に立って判事を攻撃している」と皮肉り、トランプ氏は「品のない弱い者いじめと変わらない」と批判した。

先月のトランプ氏の米大統領就任以降、中国共産党のスポークスマンとしても知られる何判事は、欧米の民主主義が「全体的な危機」に直面しているなどと非難を繰り広げながら、中国の一党独裁体制を称賛している。

http://www.afpbb.com/articles/-/3116990


続きを読む
2017年02月06日
1 : ミッドナイトエクスプレス(やわらか銀行)@\(^o^)/ :2017/02/06(月) 16:43:23.05 ID:iaYj93Wn0.net BE:961799614-PLT(13001) ポイント特典
ピース綾部、トランプ氏の影響でNY行き延期も?「細かいところで大変」
オリコン 2/6(月) 14:57配信

お笑いコンビ・ピースが6日、都内で行われたWOWOW『リーサル・ウェポン Season1』アフレコ取材に出席。今年4月から米・ニューヨークを拠点に活動することを発表している綾部祐二(39)だが、渡米を間近に控え「私は行く気がありますが、アメリカが受け入れなかったらそれまで」と苦笑。昨年10月にNY行きを宣言する記者会見も行っていたが、「会見をしてから、まさかトランプさんが大統領になるとは夢にも思っていなかったので、いろいろ細かいところで大変。多少延びたら、皆さん申し訳ございません」とトランプ氏の大統領令に伴う影響を明かし、事前に謝罪した。

現在は「ビザを一生懸命申請している」ところだといい、「旅行なら行けるけれど、日本中から石を投げられると思うので、それは避けたい。(渡米が)秋を越えるようなら正式に謝罪会見をしたい」と不安そう。又吉直樹(36)は「予定通り春には行ってもらわないと相方として恥ずかしい」といい、「平愛梨さんより早くに発表したのに、愛梨ちゃんはもうすぐ(イタリア)行きますよね?」と比較して笑わせた。

 金銭面でも不安そうな綾部は「向こうではバイトをすることも難しいみたいなので、先生(又吉)に仕送りしてもらわないと。リアルにお願いします」と相方を頼るも、又吉は「自分の意志で行くのに」と呆れていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000312-oric-ent


続きを読む
2017年02月06日
1 : 急所攻撃(北海道)@\(^o^)/ :2017/02/06(月) 07:26:41.13 ID:L2j3Mh950?2BP(2000)
「同じように課税」=他国の税制に不満−トランプ氏

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は3日、個人用のツイッターに、「他国が米企業に税や関税を課している一方、米国はほとんど、あるいは全く課税していない。われわれも彼らに同じように課税しなければならない」と投稿した。高い関税や日欧の消費税(付加価値税)を念頭に置いた発言の可能性がある。

 米国は連邦政府として消費税を導入していない。このため、一部の米企業は、日欧のように輸出時に原材料分の消費税の還付を受けられない上、輸出先の日欧などで課税され「消費税分が不利だ」と主張していた。

http://www.jiji.com/sp/article?k=2017020400418&g=int


続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク