生物

2018年04月15日
1 : 的井 圭一 ★[agete ] :2018/04/15(日) 08:31:31.30 ID:CAP_USER9.net BE:511393199-PLT(15100)
東京大学大学院農学生命科学研究科・科学技術振興機構ERATO東原化学感覚シグナルプロジェクトの新村にいむら芳人よしひと特任准教授と東原とうはら和成教授らの研究グループは、24種の霊長類について匂いを認識する鼻腔にあるタンパク質「嗅覚受容体(OR)」の遺伝子を詳細に比較し、嗅覚系の退化のシナリオを明らかにした。米科学誌「モルキュラー・バイオロジー・アンド・エボリューション」オンライン版で11日(米国東部夏時間)に公開された。 

哺乳類の多くは800〜1200個のOR遺伝子を持つのに対し、ヒトやチンパンジー、ニホンザルではその数は300〜400個と少ない。それぞれの生物種が持つOR遺伝子の数は、その種の匂いの嗅ぎ分け能力を反映している。これまで、霊長類でOR遺伝子数が減ったのは、霊長類は視覚に大きく依存し、嗅覚にはあまり依存していないためと考えられてきた。しかし、霊長類の進化過程において、嗅覚系の退化がいつどのように起きたのかは、よく分かっていなかった。


「鼻の利く」サルと「鼻の利かない」サルの2つのグループが存在

(省略)

「果物」か「葉」か? 好みの餌によって嗅覚への依存の程度が異なる


(省略)

全文
2018年4月14日
- NEWS SALT(ニュースソルト)
https://www.newssalt.com/24681




続きを読む




2018年04月13日
1 : :2018/04/13(金) 15:19:56.19 ID:H7QfgtV60●.net BE:844481327-PLT(13345)
動物写真家の湊和雄さん(59)=西原町=が、日本一美しいカエルといわれる絶滅危惧種で沖縄県の天然記念物「オキナワイシカワガエル」の青い個体を発見し、間近での撮影に成功した。10日深夜、国頭村の林道を観察のために歩いていた時に撮影し「初めての出合いでうれしい」と喜んだ。

(省略)

全文
https://ryukyushimpo.jp/photo/entry-700020.html





続きを読む
2018年04月06日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/04/06(金) 14:50:31.21 ID:eRyqzlyO0●.net BE:201615239-2BP(2000)
アライグマは通常、警戒心が強く、人目を避けて夜間に活動する動物だ。だが、米オハイオ(Ohio)州ではアライグマの異常な行動が相次いで目撃されており、警察は日中に出現して周囲を威嚇するこの野生動物の奇妙な行動を報告している。

 地元テレビ局WKBNによると、オハイオ州ヤングスタウン(Youngstown)の警察はこの2週間、アライグマの「ゾンビ」を目撃したという住民からの通報約15件に対応したという。

(省略)

全文
http://www.afpbb.com/articles/-/3170224





続きを読む
2018年04月04日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/04/04(水) 20:36:59.92 ID:wAdOM5Pf0●.net BE:183666175-2BP(2000)
 山口県が作成するレッドリストが初めて改訂され、ニホンジカが削除された。2002年の初版では「絶滅のおそれあり」とされたが、急増したため。かつては保護すべき存在だったが、今では県が捕獲を後押しするほどの害獣になっている。

(省略)
https://www.asahi.com/articles/ASL3X6537L3XTZNB01K.html




続きを読む
2018年04月02日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2018/04/02(月) 21:44:45.93 ID:DVeZChsb0.net BE:416336462-PLT(12000)
金星探査機「あかつき」が、金星の厚い濃硫酸の雲に微生物が存在する可能性を示す兆候を発見した。Astrobiology誌に掲載された記事の中で述べられている。

(省略)

全文
https://jp.sputniknews.com/science/201804024738422/




続きを読む
2018年03月23日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2018/03/23(金) 18:47:56.03 ID:ojTE+HRQ0●.net BE:565421181-PLT(13000)
大量トド、どどどッ…無人島に2000頭が上陸



北海道稚内市の宗谷岬から約1キロ北西沖にある無人島・弁天島に大量のトドが上陸し、直径約70メートルの小島が多い時で約2000頭のトドに覆われた状態になっている。

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180323-00050040-yom-soci




続きを読む
2018年03月13日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2018/03/13(火) 10:33:08.21 ID:tD8lk/ut0.net BE:323057825-PLT(12000)
ヒトデなどと同じクモヒトデ類に属する深海の生物「テヅルモヅル」の新種が106年ぶりに発見された。昭和天皇が相模湾で採集し、国立科学博物館に保管されていた学術標本などの観察から新種であることが明らかになった。

(省略)

全文
謎の深海生物「テヅルモヅル」106年ぶり新種発見 昭和天皇の標本から
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24071.html




続きを読む
2018年03月09日
1 : 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/03/08(木) 03:32:11.916 ID:NYg/wTZU0.net






意外とでかい




続きを読む
2018年03月05日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2018/03/05(月) 08:02:10.06 ID:NKsQ33D00●.net BE:842343564-2BP(2000)
「たまっている水の中に生物の姿が見える」原子炉内の映像を見た専門家はそう言った。

フクイチに新たなる事態が発生。その真実に迫った!

* * *

「なんだ、あのマリモみたいなものは?」「大至急、あの水を調べさせてほしい!」

東京工業大学地球生命研究所特命教授の丸山茂徳氏は、フクイチ(東京電力福島第一原子力発電所)の原子炉格納容器内の映像を見てそう叫んだという。

「昨年から公開されている原子炉内の映像を見て、実に多種多様な生命体がいることに驚きました。しかも、活動しているのは目に見えないミクロン単位のバクテリアや細菌だけでなく、藻類や動物・植物性プランクトンなどミリ単位の多細胞生物が繁殖している可能性が高い。

(省略)

今年1月に調査した2号機格納容器底部の放射線量は毎時8Sv(シーベルト)。人間なら1時間で死亡してしまうほどの高線量だ。これだけの高線量の中で、生物が生き延びることはできるのか。

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180305-00100773-playboyz-soci




続きを読む
2018年03月02日
1 : ひぃぃ ★[sage] :2018/03/02(金) 21:21:32.35 ID:CAP_USER9.net
■水滴の中に小さな世界

Twitter上に先日、海浜植物の葉に付いた水滴の写真が投稿された。

よく見ると、その中を生き物が泳いでいる。投稿主の津村さん(@kao_homebase)によると、泳いでいるのはヨコエビの仲間であるハマトビムシ科の一種。

津村さんは「こんなところに、小さな世界。普段何気なく見ている光景も、目を凝らしてよく見てみると、何か新しい発見があるかもしれません」と呟いている。

同ツイートは3日あまりで4万8000超リツイートされ、1万3000超いいね!を得ている。

■西表島の海岸で偶然撮影

(省略)

■「魅力や多様性の素晴らしさが伝われば」

(省略)

全文(リンク先に他の画像あり)
2018年3月1日 8時0分 IRORIO
http://news.livedoor.com/article/detail/14373247/


画像




続きを読む
2018年03月02日
1 : みつを ★[sage] :2018/03/02(金) 00:58:58.94 ID:CAP_USER9.net
2018/03/01
ニュージーランド当局は今月、急速に繁殖する野ウサギを駆除するウイルスを散布する。

同国の一部の地域では、野生のウサギは有害鳥獣と考えられている。当局は、ウサギに効果がある兎出血病ウイルスの一種、「RHDV1-K5」を散布することでウサギの増殖を抑えたい考え。

農業団体はウイルス散布を支持しているが、ペットのウサギに影響を及ぼす可能性はないのか懸念する声も出ている。

なぜニュージーランドで野ウサギは問題になっているのか

(省略)

ウサギの数の管理

(省略)

市民の反応

国民の意見は分かれている。

(省略)

全文
http://www.bbc.com/japanese/43223333

(英語記事 Why New Zealand is releasing a rabbit-killing virus)




続きを読む
2018年02月23日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/02/23(金) 13:04:01.80 ID:xqy5b1K80●.net BE:886559449-PLT(22000)
地球の野生馬、すでに絶滅していた DNA分析で判明

【AFP=時事】世界の野生種のウマは、すでに絶滅していたとする研究結果が22日、発表された。ウマの祖先の最新DNA分析に基づく系統樹の書き換えにつながる予想外の結果だという。


 米科学誌サイエンス(Science)に掲載された論文によると、地球に現存する最後の野生種と大半の人々が考えていた「プルツワルスキー(Przewalski、 モウコノウマ)」は、実際には所有者の元から逃げ出した家畜馬の子孫なのだという。

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000021-jij_afp-sctch




続きを読む
2018年02月21日
1 : みつを ★[sage] :2018/02/21(水) 17:54:11.88 ID:CAP_USER9.net
http://www.afpbb.com/articles/-/3163383?cx_part=topstory&cx_position=2


2018年2月21日 14:42 発信地:シドニー/オーストラリア
【2月21日 AFP】オーストラリア沖で行われた深海調査で、「世界で最も醜い生物」と呼ばれたミスターブロビー(Mr Blobby)の近縁種を含む、希少魚類100種以上が捕獲された。研究チームが21日、明らかにした。

 チームは昨年、オーストラリア東沿岸域で網、音波探知機、深海カメラを使い、1か月かけて水深最大4800メートルまでに生息する生物の科学調査を実施。魚と無脊椎動物4万2000匹以上が捕獲された。

 これらの生物をより詳しく観察するために今週、豪タスマニア(Tasmania)州の州都ホバート(Hobart)に集まった科学者らによると、中には新種発見の可能性がある生物もいた。

(省略)

http://www.afpbb.com/articles/-/3163383?cx_part=topstory&cx_position=2



画像閲覧注意















続きを読む
2018年02月21日
1 : [sage] :2018/02/20(火) 22:55:45.05 ID:VPreh+Jy0.net BE:416336462-PLT(12000)
米カリフォルニアの分子生物学者らが、ヒトとヒツジの細胞を含むキメラ胚をはじめて作製した。これは動物の体内でヒトの臓器を本格的につくることへ近づける。
オースティンで開催された米国科学振興協会の会議で発表された。
動物の臓器をヒトに移植する可能性について議論が始まったのは約15年前。だが免疫系がこれらの臓器を拒絶しないようにする必要があった。

(省略)

全文
https://jp.sputniknews.com/science/201802204598342/




続きを読む
2018年02月17日
1 : ごまカンパチ ★[sage] :2018/02/17(土) 20:03:38.41 ID:CAP_USER9.net
 アフリカに生息するマタベレアリ(学名:Megaponera analis)は、狩りの襲撃中に負傷した仲間のアリの傷口を手当てするとの「驚くべき」研究結果が14日、発表された。「衛生兵」のアリは仲間が回復するまで看護するという。

 英学術専門誌「英国王立協会紀要(Proceedings of the Royal Society B)」に掲載された研究論文によると、傷を負ったマタベレアリは仲間によって巣に運ばれ、そこで手当を受けるとされる。仲間のアリたちは傷ついたアリの傷口をなめるために集合し、衛生兵の役割を果たす。

 この行動は、負傷した兵隊アリの死を約80%から10%程度にまで低下させることが、今回の研究で観察された。

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000027-jij_afp-sctch




続きを読む
2018年02月16日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/02/16(金) 18:29:18.10 ID:Bjz+rdRs0.net BE:155743237-PLT(12000)
【古生物学】約1億年前に二足走行していたトカゲ
Scientific Reports 2018年2月16日

早くも1億1000万年前には二足走行していたと考えられるトカゲについて明らかにした論文が、今週掲載される。

多くの現生トカゲ類は陸上で二足走行できるが、後足だけで走る能力が進化上のどの時点で発達したのかは分かっていない。この論文で、Hang-Jae Leeたちは、トカゲの二足走行の初めての直接的証拠となる化石について説明している。アプチアン期からアルビアン期初期(1億2500万〜1億年前)と年代決定されたHasandong層(韓国)で発見された4点のトカゲの足跡(足跡化石)だ。Leeたちは、これをSauripes hadongensisの足跡と同定した。この一連の足跡化石は、世界で最古のクラウン群トカゲ類のものだが、具体的にどのトカゲ種の足跡なのかは分かっておらず、Leeたちは、絶滅したイグアナ類の足跡だとする仮説を示している。

(省略)

全文
http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/12378




続きを読む
2018年02月15日
1 : 岩海苔ジョニー ★[sage] :2018/02/15(木) 09:36:52.97 ID:CAP_USER9.net
 総合研究大学院大学の伊藤宗彦博士(研究当時)らの研究グループは、ジュリドクロミス・レガニ(以下、レガニと略記)という魚が、八つ当たり行動を行うことを世界で初めて示した。

 八つ当たりのような社会的に複雑な行動は、洗練された認知能力を持つ動物にのみ見られると考えられてきた。これまで八つ当たり行動が科学的に立証されているのは、ヒト、ヒト以外の霊長類、その他の社会性食肉類に限られていた。

(省略)

 従来、魚は単純な認知・行動パターンしか持たない生物であると考えられてきたが、本成果はこれを覆すものであり、魚も高度な社会的情報処理と意思決定を行っていることを示した。

参考動画

http://youtube.com/watch?v=8NeClvAZx6w


http://univ-journal.jp/19231/




続きを読む
2018年02月14日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/02/13(火) 13:11:35.70 ID:qtbVUU/20●.net BE:886559449-PLT(22000)
そういえば「ヒアリ」の話って、どうなったの? 環境省に聞いてみた

「刺されると激しい痛みに襲われる」として2017年夏頃、全国の港に出現し世間を不安にさせ、話題となった「ヒアリ」。

夏をピークに報道はぱたりと途絶えたようだが、果たして現在は......?

「暖かくなると再び動き出すかもしれない」

(省略)

全文
http://j-town.net/tokyo/column/allprefcolumn/255795.html?p=all




続きを読む
2018年02月10日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/02/10(土) 21:09:47.52 ID:zx28NBFZ0●.net BE:896590257-PLT(21003)
「世界一孤独なカエルに彼女を」ボリビア
2018年2月10日 18:39 発信地:コチャバンバ/ボリビア

バレンタインデーが近づく中、必死で「彼女」を探している1匹のカエルがボリビアにいる。
ボリビア中部コチャバンバのコチャバンバ自然史博物館で飼育されているセイウェンカズミズガエルの「ロミオ」は、ヒトの力を借りながら10年間「ジュリエット」を必死で探してきたが成果は出ていない。このまま相手が見つからず子孫を残せなければ、種の絶滅となる可能性がある。つまり、ロミオは知られている限りではこの種で最後のカエルなのだ。

(省略)

全文
http://www.afpbb.com/articles/-/3161958

セイウェンカズミズガエルのロミオ(2018年2月9日提供)




続きを読む
2018年02月10日
1 : しじみ ★[sage] :2018/02/09(金) 17:56:27.88 ID:CAP_USER.net
【2月9日 AFP】
カマキリの頭部の適切な位置に超小型の立体(3D)眼鏡を蜜ろうで固定して行った実験で、これまでにない種類の「立体視」が存在することを明らかにしたとする研究論文が8日、発表された。ロボットの視覚向上の助けになる可能性のある成果だという。

(省略)

■「根本的に異なる」カマキリの立体視

 立体視覚は、人や他の動物が見ている対象までの距離を判断する助けになる。左右の目はわずかに異なる角度で対象を見ているが、脳はこの二つの映像を融合させ、それらの違いを用いて対象までの距離がどれくらいかを見積もる。

 研究チームによると、

(省略)

全文

http://www.afpbb.com/articles/-/3161764?pid=19794506


画像:英ニューカッスル大学の研究施設で、特殊な超小型3D眼鏡を装着したカマキリ











続きを読む
2018年02月08日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/02/07(水) 23:46:09.54 ID:jXlQ/tlq0.net BE:422186189-PLT(12015)
メス1匹しか水槽にいないはずなのに、なぜか大量の卵を産みどんどんと増殖していくザリガニが存在し、過去の研究から「生み出された子どもは母親のクローンである」ということが判明していました。

さらに、このザリガニの遺伝子について5年間の調査が行われ、なぜ「クローンで増殖するザリガニが生まれたのか?」という誕生の秘密に迫った研究結果が発表されています。

(省略)

全文
https://gigazine.net/news/20180207-crayfish-cloning/




続きを読む
2018年02月06日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2018/02/06(火) 20:23:19.22 ID:E0FthIFI0.net BE:754019341-PLT(12345)
キツツキの「つつき行動」、脳に損傷与えている可能性=研究

頭を使って連続的に木の幹をつつくキツツキについて、この「つつき行動」が脳に損傷を与えている可能性があるとの研究結果が初めて発表された。論文誌「PLOS ONE」に2日に掲載された。

(省略)

キツツキは、昆虫や樹液の餌を得たり、つがい相手を呼び寄せたりするためにつつき行動をしており、その際、最大1400Gという大きな重力加速度を受けている。人間は、60─100Gで脳震盪を起こす可能性があるが、キツツキには、くちばしや頭蓋骨、舌、脳と頭蓋骨の間にある隙間など、つつき行動による影響を緩和する機能が備わっている。

全文
https://jp.reuters.com/article/woodpecker-idJPKBN1FQ0MG




続きを読む
2018年02月01日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/02/01(木) 21:43:51.73 ID:/BCs8Dju0●.net BE:896590257-PLT(21003)
白変種のタイコブラの赤ちゃん、フランス
2018年2月1日 12:57 発信地:ロワイヤン/フランス

フランス南西部のロワイヤンにあるプラネット・エキゾチカ動物園で1月31日、ふ化したばかりの白変種のタイコブラが記者団に披露された。
先週、白変種のタイコブラ13匹がふ化した。通常、タイ北部に生息する種で、同動物園で生まれるのは初めて。体は白色だが、アルビノ(先天性色素欠乏症)とは違い、目には色が残っている。一般公開は10日から。

http://www.afpbb.com/articles/-/3160781

フランスのプラネット・エキゾチカ動物園で披露された白変種のタイコブラの赤ちゃん(2018年1月31日撮影)











続きを読む
2018年01月30日
1 : しじみ ★[sage] :2018/01/29(月) 15:49:47.21 ID:CAP_USER.net
大リーグ、マーリンズからフリーエージェントとなり、まだ移籍先が決まらないイチロー選手に、粋なプレゼントが贈られた。ファンであるカナダの研究者が、米フロリダ州で発見された新種のハチに、イチロー選手にちなんだ名前をつけ、「別のチームが、世界の安打王に偉大なるキャリアを続ける機会を与えますように」と論文に記した。

 「北米で発見された独特でカリスマ性のある10の新種」とする論文で、18日付の国際学術誌(電子版)に掲載された。新種10種のうちの1種がフロリダ州の研究施設の敷地内で見つかり、「Diolcogaster ichiroi」と命名された。

(省略)

全文

http://www.asahi.com/articles/ASL1Q061VL1PULBJ004.htm



画像:米フロリダ州で発見された新種のハチ「Diolcogaster ichiroi」





続きを読む
2018年01月29日
1 : しじみ ★[sage] :2018/01/28(日) 14:41:59.41 ID:CAP_USER.net
テレビ東京で28日に放送されるバラエティー
「東京湾大調査!お魚ぜんぶ獲ってみた2」(後7時54分)のロケで、東京湾で初確認となる「クログチ」「ヘラザメ」や、生態がほとんど知られていない「ノウイチョウガニ」を捕獲したことが分かった。同番組は昨年9月の放送でも「ヒメコトヒキ」を東京湾で初捕獲しており、再び定説を覆す“発見”となった。

スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180127-OHT1T50171.html


画像:テレビ東京の番組で東京湾で生息していることが初確認された「クログチ」(上写真)と「ヘラザメ」(C)テレビ東京


画像:東京湾で2例目の捕獲となった「ノウイチョウガニ」(C)テレビ東京




続きを読む
2018年01月28日
1 : しじみ ★[sage] :2018/01/27(土) 04:07:16.44 ID:CAP_USER.net
金色のビーズ、パールのイヤリング、ねじ、赤いレゴブロック、ニワトリの骨……。米国シアトルに住む8歳の少女ガブリエラが、カラスからもらった贈り物だ。

(省略)

 まるで人間さながらの行動だが、カラスは本当に、自分に親切な人に贈り物をしているのだろうか?カラスに限らず、鳥にそんな判断ができるのか?

 カラス科の鳥の研究者に言わせれば、答えはイエス。

 なぜ人間の少女に贈り物をするのだろう?

「これは双方向のコミュニケーションですね」と、ワシントン大学の野生動物学者マーズラフはいう。「ガブリエラはいつも食べ物をくれる。カラスはそれを贈り物と見なして、お礼をしているんでしょう」

(省略)

全文
ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/012500033/


【画像】米国シアトルに住む少女、ガブリエラ・マンは、餌をカラスにあげていたら、贈り物をもらうようになった。なかでもハート形の飾り(写真の左端中ほど)がお気に入りだ。




続きを読む
2018年01月20日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/01/20(土) 21:27:07.86 ID:aF60iC2s0●.net BE:928380653-2BP(4276)
猫は、飼い主のことをどのように思っているのだろう?

英国、ブリストル大学の生物学者、ジョン・ブラッドショー博士によると、猫たちは飼い主を、

「大きい猫、でも敵じゃない。」 と思っているらしい。

ブラッドショー博士は30年間に渡り、家畜を研究してきた専門家で、猫が大好き。自らも猫も飼っており、『ネコの感覚(Cat Sense)』の著者でもある。日本では『猫的感覚: 動物行動学が教えるネコの心理』というタイトルで出版されている。

人間と暮らす猫に関しての様々な研究も行っている。例えば、猫は見た目を良くする以外の目的で繁殖されたことがなかった。そのため、獲物を追跡したり、人間の手助けをするように繁殖されてきた犬などとは異なり、家畜化の程度が低いのだという。

https://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52183287.html




続きを読む
2018年01月19日
1 : 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:498464405-PLT(13611).net
タコを飲み込もうとしてイルカが窒息死 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

「一度に食べきれる分だけ口に入れなさい」とイルカのギリガンに教えてくれる人はいなかったようだ。

 タコを飲み込んで窒息死したオスのミナミハンドウイルカが初めて確認され、解剖結果が学術誌「Marine Mammal Science」に掲載されている。

 このイルカは「非常に食いしん坊で、タコをまるごと飲み込んでやる、と思っていたようです」。オーストラリア、パースにあるマードック大学の病理学者ナヒード・スティーブンス氏はそう話す。

(省略)

イカソース

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/011800071/







続きを読む
2018年01月18日
1 : スレロンダ茨城とは別人です[sage] :NG NG BE:844481327-PLT(12345).net
東京都とお茶の水女子大湾岸生物教育研究センターの吉田隆太特任助教らは18日、小笠原諸島・聟島列島の周辺海域で新種のカニを発見したと発表した。甲羅が押しつぶされ、ぺたんこになっているような形から「ペタンココユビピンノ」と名付けられた。10日付の国際学術誌に発表した。

(省略)

全文
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/197203





続きを読む
2018年01月16日
1 : ばーど ★[sage] :2018/01/16(火) 12:08:03.78 ID:CAP_USER9.net
オーストラリア北東部沿岸に広がる世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ北部で生まれたアオウミガメを調べたところ、若い個体のほとんどが雌だった。こんな調査結果を、米国とオーストラリアの研究チームが米科学誌に発表した。地球温暖化の影響とみられるという。

 アオウミガメは最大で1・5メートルに達する絶滅危惧種。研究チームによると、アオウミガメの場合、卵が埋まった砂浜の地中の温度が29・3度を超すと孵化(ふか)する赤ちゃんに雌が増える。

(省略)

全文
配信2018年1月16日11時22分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL1D4Q4WL1DULBJ00M.html




続きを読む
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク