生物

2018年02月14日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/02/13(火) 13:11:35.70 ID:qtbVUU/20●.net BE:886559449-PLT(22000)
そういえば「ヒアリ」の話って、どうなったの? 環境省に聞いてみた

「刺されると激しい痛みに襲われる」として2017年夏頃、全国の港に出現し世間を不安にさせ、話題となった「ヒアリ」。

夏をピークに報道はぱたりと途絶えたようだが、果たして現在は......?

「暖かくなると再び動き出すかもしれない」

(省略)

全文
http://j-town.net/tokyo/column/allprefcolumn/255795.html?p=all




続きを読む




2018年02月10日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/02/10(土) 21:09:47.52 ID:zx28NBFZ0●.net BE:896590257-PLT(21003)
「世界一孤独なカエルに彼女を」ボリビア
2018年2月10日 18:39 発信地:コチャバンバ/ボリビア

バレンタインデーが近づく中、必死で「彼女」を探している1匹のカエルがボリビアにいる。
ボリビア中部コチャバンバのコチャバンバ自然史博物館で飼育されているセイウェンカズミズガエルの「ロミオ」は、ヒトの力を借りながら10年間「ジュリエット」を必死で探してきたが成果は出ていない。このまま相手が見つからず子孫を残せなければ、種の絶滅となる可能性がある。つまり、ロミオは知られている限りではこの種で最後のカエルなのだ。

(省略)

全文
http://www.afpbb.com/articles/-/3161958

セイウェンカズミズガエルのロミオ(2018年2月9日提供)




続きを読む
2018年02月10日
1 : しじみ ★[sage] :2018/02/09(金) 17:56:27.88 ID:CAP_USER.net
【2月9日 AFP】
カマキリの頭部の適切な位置に超小型の立体(3D)眼鏡を蜜ろうで固定して行った実験で、これまでにない種類の「立体視」が存在することを明らかにしたとする研究論文が8日、発表された。ロボットの視覚向上の助けになる可能性のある成果だという。

(省略)

■「根本的に異なる」カマキリの立体視

 立体視覚は、人や他の動物が見ている対象までの距離を判断する助けになる。左右の目はわずかに異なる角度で対象を見ているが、脳はこの二つの映像を融合させ、それらの違いを用いて対象までの距離がどれくらいかを見積もる。

 研究チームによると、

(省略)

全文

http://www.afpbb.com/articles/-/3161764?pid=19794506


画像:英ニューカッスル大学の研究施設で、特殊な超小型3D眼鏡を装着したカマキリ











続きを読む
2018年02月08日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/02/07(水) 23:46:09.54 ID:jXlQ/tlq0.net BE:422186189-PLT(12015)
メス1匹しか水槽にいないはずなのに、なぜか大量の卵を産みどんどんと増殖していくザリガニが存在し、過去の研究から「生み出された子どもは母親のクローンである」ということが判明していました。

さらに、このザリガニの遺伝子について5年間の調査が行われ、なぜ「クローンで増殖するザリガニが生まれたのか?」という誕生の秘密に迫った研究結果が発表されています。

(省略)

全文
https://gigazine.net/news/20180207-crayfish-cloning/




続きを読む
2018年02月06日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2018/02/06(火) 20:23:19.22 ID:E0FthIFI0.net BE:754019341-PLT(12345)
キツツキの「つつき行動」、脳に損傷与えている可能性=研究

頭を使って連続的に木の幹をつつくキツツキについて、この「つつき行動」が脳に損傷を与えている可能性があるとの研究結果が初めて発表された。論文誌「PLOS ONE」に2日に掲載された。

(省略)

キツツキは、昆虫や樹液の餌を得たり、つがい相手を呼び寄せたりするためにつつき行動をしており、その際、最大1400Gという大きな重力加速度を受けている。人間は、60─100Gで脳震盪を起こす可能性があるが、キツツキには、くちばしや頭蓋骨、舌、脳と頭蓋骨の間にある隙間など、つつき行動による影響を緩和する機能が備わっている。

全文
https://jp.reuters.com/article/woodpecker-idJPKBN1FQ0MG




続きを読む
2018年02月01日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/02/01(木) 21:43:51.73 ID:/BCs8Dju0●.net BE:896590257-PLT(21003)
白変種のタイコブラの赤ちゃん、フランス
2018年2月1日 12:57 発信地:ロワイヤン/フランス

フランス南西部のロワイヤンにあるプラネット・エキゾチカ動物園で1月31日、ふ化したばかりの白変種のタイコブラが記者団に披露された。
先週、白変種のタイコブラ13匹がふ化した。通常、タイ北部に生息する種で、同動物園で生まれるのは初めて。体は白色だが、アルビノ(先天性色素欠乏症)とは違い、目には色が残っている。一般公開は10日から。

http://www.afpbb.com/articles/-/3160781

フランスのプラネット・エキゾチカ動物園で披露された白変種のタイコブラの赤ちゃん(2018年1月31日撮影)











続きを読む
2018年01月30日
1 : しじみ ★[sage] :2018/01/29(月) 15:49:47.21 ID:CAP_USER.net
大リーグ、マーリンズからフリーエージェントとなり、まだ移籍先が決まらないイチロー選手に、粋なプレゼントが贈られた。ファンであるカナダの研究者が、米フロリダ州で発見された新種のハチに、イチロー選手にちなんだ名前をつけ、「別のチームが、世界の安打王に偉大なるキャリアを続ける機会を与えますように」と論文に記した。

 「北米で発見された独特でカリスマ性のある10の新種」とする論文で、18日付の国際学術誌(電子版)に掲載された。新種10種のうちの1種がフロリダ州の研究施設の敷地内で見つかり、「Diolcogaster ichiroi」と命名された。

(省略)

全文

http://www.asahi.com/articles/ASL1Q061VL1PULBJ004.htm



画像:米フロリダ州で発見された新種のハチ「Diolcogaster ichiroi」





続きを読む
2018年01月29日
1 : しじみ ★[sage] :2018/01/28(日) 14:41:59.41 ID:CAP_USER.net
テレビ東京で28日に放送されるバラエティー
「東京湾大調査!お魚ぜんぶ獲ってみた2」(後7時54分)のロケで、東京湾で初確認となる「クログチ」「ヘラザメ」や、生態がほとんど知られていない「ノウイチョウガニ」を捕獲したことが分かった。同番組は昨年9月の放送でも「ヒメコトヒキ」を東京湾で初捕獲しており、再び定説を覆す“発見”となった。

スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180127-OHT1T50171.html


画像:テレビ東京の番組で東京湾で生息していることが初確認された「クログチ」(上写真)と「ヘラザメ」(C)テレビ東京


画像:東京湾で2例目の捕獲となった「ノウイチョウガニ」(C)テレビ東京




続きを読む
2018年01月28日
1 : しじみ ★[sage] :2018/01/27(土) 04:07:16.44 ID:CAP_USER.net
金色のビーズ、パールのイヤリング、ねじ、赤いレゴブロック、ニワトリの骨……。米国シアトルに住む8歳の少女ガブリエラが、カラスからもらった贈り物だ。

(省略)

 まるで人間さながらの行動だが、カラスは本当に、自分に親切な人に贈り物をしているのだろうか?カラスに限らず、鳥にそんな判断ができるのか?

 カラス科の鳥の研究者に言わせれば、答えはイエス。

 なぜ人間の少女に贈り物をするのだろう?

「これは双方向のコミュニケーションですね」と、ワシントン大学の野生動物学者マーズラフはいう。「ガブリエラはいつも食べ物をくれる。カラスはそれを贈り物と見なして、お礼をしているんでしょう」

(省略)

全文
ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/012500033/


【画像】米国シアトルに住む少女、ガブリエラ・マンは、餌をカラスにあげていたら、贈り物をもらうようになった。なかでもハート形の飾り(写真の左端中ほど)がお気に入りだ。




続きを読む
2018年01月20日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/01/20(土) 21:27:07.86 ID:aF60iC2s0●.net BE:928380653-2BP(4276)
猫は、飼い主のことをどのように思っているのだろう?

英国、ブリストル大学の生物学者、ジョン・ブラッドショー博士によると、猫たちは飼い主を、

「大きい猫、でも敵じゃない。」 と思っているらしい。

ブラッドショー博士は30年間に渡り、家畜を研究してきた専門家で、猫が大好き。自らも猫も飼っており、『ネコの感覚(Cat Sense)』の著者でもある。日本では『猫的感覚: 動物行動学が教えるネコの心理』というタイトルで出版されている。

人間と暮らす猫に関しての様々な研究も行っている。例えば、猫は見た目を良くする以外の目的で繁殖されたことがなかった。そのため、獲物を追跡したり、人間の手助けをするように繁殖されてきた犬などとは異なり、家畜化の程度が低いのだという。

https://www.excite.co.jp/News/odd/Karapaia_52183287.html




続きを読む
2018年01月19日
1 : 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:498464405-PLT(13611).net
タコを飲み込もうとしてイルカが窒息死 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

「一度に食べきれる分だけ口に入れなさい」とイルカのギリガンに教えてくれる人はいなかったようだ。

 タコを飲み込んで窒息死したオスのミナミハンドウイルカが初めて確認され、解剖結果が学術誌「Marine Mammal Science」に掲載されている。

 このイルカは「非常に食いしん坊で、タコをまるごと飲み込んでやる、と思っていたようです」。オーストラリア、パースにあるマードック大学の病理学者ナヒード・スティーブンス氏はそう話す。

(省略)

イカソース

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/011800071/







続きを読む
2018年01月18日
1 : スレロンダ茨城とは別人です[sage] :NG NG BE:844481327-PLT(12345).net
東京都とお茶の水女子大湾岸生物教育研究センターの吉田隆太特任助教らは18日、小笠原諸島・聟島列島の周辺海域で新種のカニを発見したと発表した。甲羅が押しつぶされ、ぺたんこになっているような形から「ペタンココユビピンノ」と名付けられた。10日付の国際学術誌に発表した。

(省略)

全文
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/197203





続きを読む
2018年01月16日
1 : ばーど ★[sage] :2018/01/16(火) 12:08:03.78 ID:CAP_USER9.net
オーストラリア北東部沿岸に広がる世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフ北部で生まれたアオウミガメを調べたところ、若い個体のほとんどが雌だった。こんな調査結果を、米国とオーストラリアの研究チームが米科学誌に発表した。地球温暖化の影響とみられるという。

 アオウミガメは最大で1・5メートルに達する絶滅危惧種。研究チームによると、アオウミガメの場合、卵が埋まった砂浜の地中の温度が29・3度を超すと孵化(ふか)する赤ちゃんに雌が増える。

(省略)

全文
配信2018年1月16日11時22分
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL1D4Q4WL1DULBJ00M.html




続きを読む
2018年01月15日
1 : 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:878898748-PLT(16000).net
地球上で最も黒い鳥の秘密が判明し9日に発表された。鳥の名前は「カタカケフウチョウ(Lophorina superba)」といい、ハーバード大学の生物学研究チームは、電子顕微鏡とコンピューター断層撮影(CT)技術を使い、カタカケフウチョウとそのほかの黒い鳥5羽の羽根の構造の詳細を明らかにした。

研究結果によると、カタカケフウチョウはまるで電波を吸収するステルスかのような可視光線を全て吸収しており光吸収率は99.95%に達している。通常黒い鳥や動物は95〜97%程度で、ある程度光が光沢したり、反射する。そう考えると極端に高い数値である。

(省略)

全文
http://gogotsu.com/archives/36266






続きを読む
2018年01月10日
1 : 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:837857943-PLT(16930).net
大きな水槽に魚が泳ぐ生簀(いけす)料理店では、魚の半身を切り落とした状態で水槽に戻して泳がせるという光景を目にすることがあります。骨がむき出しになった魚は見るからに痛そうなのですが、「実は魚は痛みを感じないんです」という説明でホッと胸をなで下ろす、という会話を交わしたことがある人も多いはず。しかし、近年の科学では魚にもある種の痛みに近い感覚が存在しているという見方が広まっています。

It's Official: Fish Feel Pain | Science | Smithsonian
https://www.smithsonianmag.com/science-nature/fish-feel-pain-180967764/



http://news.livedoor.com/article/detail/14136263/




続きを読む
2018年01月04日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :NG NG BE:323057825-PLT(12000).net
1日放送の「大人のピタゴラスイッチ」(NHK Eテレ)で、ハトにフランスパンを与えないよう呼びかけた。

番組では、普段の生活の中に潜む想像力と現実のギャップを紹介する中で「ハトにフランスパンを与えないでください」というテーマを取り上げた。

輪切りにしたフランスパンをハトに与えている様子を観察したVTR映像では、ハトが柔らかい中心部分ばかりを食べることがわかった。次第に中心部分に穴が開き、フランスパンが輪っかの状態になっていった。

その状態のフランスパンをハトがくちばしで持ち上げると、頭が通ってしまい、まるでネックレスのように首にかかってしまうのだ。

ハトが首にかかったフランスパンを自ら外すこともできるとのことだが、VTRでは「ちょっと(ハトが)かわいそうなので、みなさん(フランスパンを)あげないようしてください」と呼びかけていた。

「あげないでください」ハトにフランスパンを与えた観察映像で意外な結果に
http://news.livedoor.com/article/detail/14108709/




続きを読む
2018年01月03日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2018/01/03(水) 04:01:31.81 ID:ROeGlFyX0●.net BE:322453424-2BP(2000)
エビ類としては最大級の大きさを誇るロブスター。別名オマールエビと呼ばれる西洋料理の高級食材だが、そんなロブスターには寿命がないといわれている。ロブスターの臓器は年齢を重ねても劣化しないため、食欲・生殖能力・新陳代謝が落ちることがなく、理論上は永遠に生きることもできるそう。つまり、外部的な要因(人間によって食べられたり、自然淘汰にあったり)がないかぎりは不死身ということになる。もちろん本当に寿命がないというよりは寿命が極端に長いと考えた方がよいだろう。ロブスターの大きさからその年齢を計算すると、100歳を超える個体が、イギリスやカナダなどの各地で確認されている。
 中でも最も年齢が高いとされているものは、2009年にアメリカで見つかった体重9?の巨大ロブスターだ。その年齢はおおよそ140歳と推定されるそうだ。ロブスターの生命力すごい…。
http://wjn.jp/sp/article/detail/1424561/




続きを読む
2018年01月02日
1 : しじみ ★[sage] :2017/12/31(日) 11:08:21.58 ID:CAP_USER.net
南米ガイアナ共和国の熱帯雨林で、体がコバルトブルーに輝くクモのタランチュラなど新種とみられる生き物が30種類以上見つかった。絶滅危惧種の保護活動を続ける国際環境NGOの研究チームが現地調査の結果を発表した。

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASKDW7F6QKDWULBJ01D.html

調査で見つかった新種とみられるタランチュラ




続きを読む
2018年01月02日
1 : [sage] :NG NG BE:323057825-PLT(12000).net
ふるさと納税の返礼品に「オオグソクムシ」を提供している静岡県焼津市を取材した。

(省略)

ネット上で「まじか」「これヤバい。少し欲しいかも」「めっちゃ気になる」「飼うの?食べるの?」「難易度高い」「ペットにできるかな」「納税しようかかなり迷う」と話題になっている。

ふるさと納税のお礼は「オオグソクムシ」!例年好評、焼津市から生きたまま発送
http://news.livedoor.com/article/detail/14106263/




続きを読む
2017年12月30日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2017/12/30(土) 02:59:56.03 ID:umOz5Mb80.net BE:604527916-2BP(1500)

かわいそう




続きを読む
2017年12月24日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2017/12/24(日) 22:08:44.56 ID:xtPHXhAg0●.net BE:322453424-2BP(2000)
安くておいしい南国生まれの果物・バナナ。小 腹を満たすのに日常的に口にされているおやつの 定番だが、実はバナナのDNAの 50%は人間と一 致するのだそうだ!

(省略)

全文
http://wjn.jp/sp/article/detail/8123788/




続きを読む
2017年12月20日
1 : 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:878898748-PLT(16000).net
蜂の中でも最も偉いとされている女王蜂。その女王蜂を捕まえて家に連れて帰ったところ、とんでもない災難にあったという。これは韓国のネットユーザーが体験した話で掲示板にその災難が投稿され話題になっている。

女王蜂をプラスチックの容器に入れていたところ、しばらくして外が騒がしくなる。外を見ると蜂の群れが家の周りを飛んでいるのだ。普段働き蜂として活動している蜂たちが、働くのをやめて、女王蜂の捜索にきたようだ。

集まった蜂の数は数百から数千匹。最終的に家にいることが分かったようで、家の窓ガラスにびっしりとくっついた蜂たち。

(省略)

全文
※画像閲覧注意 ボカシ無し画像を見たい人は自己責任で
http://gogotsu.com/archives/34434





続きを読む
2017年12月14日
1 : しじみ ★[sage] :2017/12/14(木) 08:02:34.93 ID:CAP_USER.net
体の半分がオスで半分がメスの珍しい「雌雄型」のガの標本が、岡山県倉敷市中央2丁目の市立自然史博物館で展示されている。虫を愛する女子高校生が、学校行事の途中で立ち寄ったサービスエリア(SA)で偶然見つけた一匹。同館は「極めて珍しい。奇跡ともいえる発見」と話している。

(省略)

全文
画像:安達由莉さんが採取した雌雄型のウスタビガ





朝日新聞デジタル

http://www.asahi.com/articles/ASKD654GMKD6PPZB00L.html




続きを読む
2017年12月13日
1 : [sage] :NG NG BE:844481327-PLT(12345).net
三重県総合博物館(津市)は12日、国内で生息が確認されていない珍しいハチが同館の敷地で見つかったと発表した。イネの害虫として知られるウンカやヨコバイに寄生するホソクビカマバチ属の一種で、1997年に中国雲南省で発見されて以来、世界で2匹目としている。

(省略)

全文
http://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20171212000195





続きを読む
2017年12月09日
2017年11月18日
1 : ハンバーグタイカレー ★[sage] :2017/11/18(土) 14:43:28.84 ID:CAP_USER9.net
 ◇自然科学研究機構生理学研究所などの研究チーム

 自然科学研究機構生理学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームは、世界最大のウイルス「ピソウイルス」の構造を詳細に解析したと発表した。大きさや構造などで通常のウイルスと比べて多様性があり、生物の最小単位である細菌に近い構造であることを確認した。

(省略)

 村田准教授は「生物はウイルスから進化したのか、それともピソウイルスが生物から退化したのか、生物論争のヒントになる」と話している。論文は科学雑誌「Scientific Report」電子版に掲載されている。【亀井和真】

全文

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000040-mai-sctch





続きを読む
2017年11月16日
1 : 野良ハムスター ★[ageteoff] :2017/11/14(火) 23:19:34.75 ID:CAP_USER.net
およそ600万年前、現在の中国南西部にある沼地を、体重が50キロもある巨大なカワウソがうろついていた。

カワウソの仲間のラッコは石を使ってウニを叩き割るが、この古代生物は、貝殻を直接噛み砕けるほどの強力な顎の持ち主だったかもしれない。


(以下省略、つづきはウェブで)
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/111300439/




続きを読む
2017年11月15日
1 : しじみ ★[sage] :2017/11/14(火) 18:26:08.26 ID:CAP_USER.net
(CNN) ポルトガルの沿岸部でこのほど、「生きた化石」ともいわれる珍しいサメの一種「ラブカ」が捕獲された。地元メディアが伝えた。ラブカの祖先は8000万年前にさかのぼる。

研究者によれば、ラブカの見た目は、ティラノサウルスなどが生息していた白亜紀のころと同じだという。300本を超える歯をもつラブカは、イカや魚、他のサメなどを捕食する。

画像:珍しいサメの一種「ラブカ」の姿


CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35110372.html




続きを読む
2017年10月07日
1 : 名無しさん@涙目です。 :NG NG BE:416336462-PLT(12000).net
太平洋に浮かぶ小さな火山島で、すでに絶滅したと100年近くにわたって考えられてきた「ロードハウナナフシ(Dryococelus australis)」と呼ばれる昆虫の生きた個体群が沖縄科学技術大学院大学の研究グループによって確認された。

(省略)

全文
https://jp.sputniknews.com/science/201710064158819/




続きを読む
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク