科学・技術

2018年06月15日
1 : しじみ ★[sage] :2018/06/15(金) 07:11:46.81 ID:CAP_USER.net
米航空宇宙局(NASA)は13日、火星で大規模な砂嵐が発生し、表面で観測を続けて15年目になる探査車オポチュニティーが、音信不通になっていると発表した。砂嵐により太陽光が遮られ、太陽電池が発電できなくなり、休止モードに入った。そのまま運用停止になるおそれもあるという。

(省略)

全文
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL6G229NL6GUHBI00F.html





続きを読む




2018年06月15日
1 : 野良ハムスター ★ :2018/06/15(金) 01:37:00.77 ID:CAP_USER.net
人類が「まっしぐらに愚かになっている」と、ラグナル・フリッシュ・センターのノルウェーの研究者らが述べている。知識の蓄積は個々の人々の知能レベルを向上させておらず、一方でコンピューター技術の利用が、人類に自主的に考える習慣をやめさせている。

(省略)

ノルウェーの研究者らによって行われたテストの結果は、エディンバラ大学の英国の学者らの結論と一致する。英国の学者らは、第2次世界大戦後、10年ごとにIQが2.5〜4.3点低下していたことを発見している。ノルウェーの学者も、英国の学者も、人類の知能レベル低下の原因は子供時代から形成されると推測している。子供たちはあまり読書をしないが、テレビゲームではたくさん遊ぶ。教育システムもまた、ますます多くのデジタル技術を利用している。

全文
https://jp.sputniknews.com/science/201806144990854/




続きを読む
2018年06月15日
1 : 風吹けば名無し :2018/06/15(金) 00:43:15.888 ID:1sdUzvKd0
物理学者アルバート・アインシュタインが1920年代にアジアを旅行した際の日記が5月29日、発売された。日記には人種差別的で、外国人嫌いを思わせる記述が含まれていた。

この日記は1922年10月から1923年3月にかけて書かれたもの。極東地域や中東を旅した際の経験が記されている。

日記の中でアインシュタインは、否定的で見境のない一般化を行っている。例えば中国人は「勤勉で、不潔で、鈍い人々」だと表現した。

http://www.bbc.com/japanese/44477861





続きを読む
2018年06月15日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/06/14(木) 22:40:07.63 ID:/UH82zyH0●.net BE:324064431-2BP(2000)
 日本のトイレはたびたび外国人から称賛されているが、科学技術を応用しさらに進化を遂げているという。中国メディアの快資訊網は12日、「ノーベル賞の理論まで応用している」と最近の日本のトイレ事情について紹介する記事を掲載した。

 記事は日本のトイレに関して、すごいのは「きれいで無臭というだけではない」と紹介。今どこの国よりもこだわっているのは、公衆トイレの「待ち時間をどれだけなくすか」ということだという。特に女性用トイレでは列をつくりやすいが、実は空室があったりするものだ。これを解消するため、東名高速の愛鷹パーキングエリアでは、「サバンナ効果」を応用しているという。

 これは、2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラ―教授が提唱した理論を応用したものらしい。

(省略)

全文
http://news.searchina.net/id/1661273?page=1




続きを読む
2018年06月14日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/06/14(木) 14:18:58.35 ID:LtGmPcY/0.net BE:422186189-PLT(12015)
大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻の星本陽一講師らの研究グループは、ホウ素を含む有機分子触媒と水素ガスを用いて、多種多様なアミノ酸を高効率的に合成する手法を開発した。

アミン化合物は多くの医薬品、農薬、機能性材料、食品添加物に含まれる重要な有機化合物である。

これまでのアミン化合物の合成反応には、レアメタル触媒が必須とされており、触媒のコストや生成物に含まれる残留金属の除去にかかるコストが大きな問題となっていた。近年、レアメタルを使用しない有機分子触媒と有機還元剤を用いた手法も開発されているが、廃棄物が大量に生じるという問題点があった。

(省略)

全文
http://univ-journal.jp/21230/




続きを読む
2018年06月14日
1 : ノチラ ★ :2018/06/13(水) 21:00:36.21 ID:CAP_USER.net
韓国サムスン電子が人工知能(AI)の開発を一気に本格化する。推進役となる幹部ポストと海外3カ国の開発拠点を新設し、2020年までに技術者1千人体制とする。AI向けに情報を高速処理する半導体や、新薬の開発につなげ、半導体メモリーに続く新たな経営の柱を育てる。事実上のトップ、李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が主導し、出遅れが指摘されるAIで巻き返しを狙う。

(省略)

全文
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31712660T10C18A6FFE000/




続きを読む
2018年06月13日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2018/06/13(水) 11:24:22.14 ID:q9g4K35+0.net BE:932354893-PLT(12931)
これは欲しい!手で持たない?空飛ぶドローン傘?





梅雨の雨傘に真夏の日傘。これから傘をさす機会が増えますが、もしも手で持たなくて良い傘があれば便利ですよね。そんな夢の?空飛ぶ傘?の開発が進んでいます。

(省略)

この放送をご覧になりたい方は、テレビ東京・ビジネスオンデマンドへ。

全文

http://www.tv-tokyo.co.jp/plus/smp/business/entry/2018/017295.html


https://m.youtube.com/watch?v=wQdaufe0oLw




続きを読む
2018年06月13日
1 : ノチラ ★ :2018/06/12(火) 17:54:33.95 ID:CAP_USER.net

サムスン電子が年内に画面を折りたたむことができるフォルダブルスマートフォンを世界で初めて公開する。従来のスマートフォンの外観と使用方式を完全に変える次世代スマートフォンで市場をリードするという戦略だ。

(省略)

全文
http://japanese.joins.com/article/208/242208.html




続きを読む
2018年06月12日
1 : しじみ ★[sage] :2018/06/11(月) 15:40:15.41 ID:CAP_USER.net
米エネルギー省付属の国立研究所の技術者らが、世界最強のスーパーコンピューターを開発したと明らかにした。MITテクノロジーレビュー誌が伝えている。

それによると、今回開発された米国のマシン「サミット」の処理能力は最速で200ペタフロップス、つまり1秒間に200×10の15乗、20京回の計算が可能になっている。

(省略)

全文

http://sptnkne.ws/hJaw






続きを読む
2018年06月12日
1 : プティフランスパン ★ :2018/06/12(火) 03:14:06.80 ID:CAP_USER9.net
2018.06.11 07:00


(省略)

■ 地球の長くなった午後

(省略)

■ 14億年前の一日



これにより、今から14億年前は地球と月との距離が約34万0900km(± 2600km)であり、地球の一日はわずか18.68時間(± 0.25時間)だったと算出された。今回のアプローチを用いることで、地球の地質記録から、地球と月の関係、そして太陽系の歴史も垣間見ることができるのだ。

全文

http://www.discoverychannel.jp/0000019519/




続きを読む
2018年06月11日
1 : しじみ ★[sage] :2018/06/10(日) 11:45:42.38 ID:CAP_USER.net
■吉川ミッションマネジャーら会見「イオンエンジン」自画自賛

 「ついに到着の日付が入った。いよいよ近づいてきた」。7日に開かれた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」に関する記者説明会で、吉川真・はやぶさ2ミッションマネジャーは資料の説明をしながらこう切り出した。はやぶさ2は小惑星リュウグウに6月27日ごろ到着する。はやぶさ2をリュウグウ近傍まで導いた主エンジン「イオンエンジン」について、担当する西山和孝・JAXA准教授は「もはやイオンエンジンの実験ミッションではなく、与えられた計画通りにリュウグウへ到着することが求められていた。自画自賛になるが、初号機(はやぶさ)に比べると極めて安定した運転ができた」と語った。

(省略)

全文
毎日新聞
https://mainichi.jp/articles/20180609/k00/00m/040/129000c




続きを読む
2018年06月09日
1 : 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2018/06/08(金) 19:21:48.802 ID:7iqcW3Lja
電池だけで軽自動車分くらいの重さ
電気は火力原子力が主体(効率はだいぶいいけど)
当然電池のゴミも出る




続きを読む
2018年06月08日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2018/06/08(金) 10:54:25.68 ID:7VD/LR2i0.net BE:932354893-PLT(12931)
スマホの落下を感知し、ドローンに早変わりするケースがKickstarterに登場







(省略)

スマホの所持者がうっかりしてそれを地面に落としてしまう。その際、The Phone Droneの各種センサーがそれを察知。瞬時に4枚のプロペラが飛び出し、地面に激突する前に自律飛行を始めるというものだ。

正直、信じ難い製品ではある。しかしもっとすごいのは、そのスマホがちゃんと持ち主の手元に戻ってくるという点だ。これは文字通りの意味である。

もっとも、現在の時点でThe Phone Droneが製品化されているというわけではない。一応の予定では、来年3月に最初の出荷が行われるという。

(省略)

全文
https://techable.jp/archives/77921




続きを読む
2018年06月08日
1 : しじみ ★[sage] :2018/06/07(木) 09:53:12.89 ID:CAP_USER.net
【6月7日 AFP】知られている中で最古の動物が残した足跡を中国で発見したとする研究論文が6日、発表された。足跡が刻まれた年代は約5億4100万年前にさかのぼるという。

間隔が数ミリしかないこの足跡をどのような種類の微小生物が残したのかは不明だ。浅いくぼみが2列に並んでいるようにみえる足跡は暗灰色の石灰岩に刻まれている。

米科学誌「サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)」に掲載された論文によると「これは最古の動物の足跡化石記録と考えられる」という。

(省略)

全文

http://www.afpbb.com/articles/-/3177547






続きを読む
2018年06月07日
1 : みつを ★[sage] :2018/06/06(水) 23:26:45.07 ID:CAP_USER9.net
スイスの時計職人に迫る時間切れ 後継者不足
2018年06月5日

時計師のフィリップ・デュフォー氏は50年に渡って手作りの時計作りを行ってきたが、技術を受け継いでくれる人がいないという。手作りの時計作りを続けている数少ない時計師の1人として、BBCの取材に応じた。

(省略)

全文(リンク先にニュース動画あり)
http://www.bbc.com/japanese/video-44351869




続きを読む
2018年06月06日
1 : ノチラ ★ :2018/06/05(火) 19:09:06.57 ID:CAP_USER.net
ディープラーニング(深層学習)に代表されるAI技術の活用ビジネスで、米国はもとより中国に比べて大きく出遅れている日本。「世界で勝てる感じがしない、敗戦に近い」という松尾豊・東京大学大学院特任准教授の強い危機感をきっかけに、日本のAIビジネスの現状をレポートした特集の第1回。危機感を抱いているのは松尾氏だけではない。

「日本はヤバい、(米国や中国はもとより)ドイツにも後れを取っている」。これは、AI(人工知能)スタートアップ企業ABEJA(東京・港)の岡田陽介社長 CEO兼CTOの発言だ。今年4月11日、楽天の三木谷浩史会長兼社長が代表理事を務める、新経済連盟主催のイベント「新経済サミット(NEST)2018」の中で開かれたパネルディスカッション「世界のAI戦略の最新動向と日本の立ち位置」で、パネリストの一人として登壇したときのことである。「日本の製造業のAI投資額は、2.5兆円の米アマゾン(・ドット・コム)に比べると桁違いに少ない」(岡田社長)と言うのだ。

(省略)

全文
http://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00004/00001/




続きを読む
2018年06月06日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/06/06(水) 00:15:11.65 ID:5Vlmkyn10●.net BE:324064431-2BP(2000)
 中国メディア・今日頭条はこのほど「トヨタが買うほどのエンジンを作れるヤマハは、どうして自動車本体の生産を手掛けないのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「ヤマハという企業は、製造業における異色の存在。バイク、ピアノ、音響、家具、ボート、そして、自動車エンジンと、非常に多くの物の製造を手掛けているのだ。AE86エンジンもヤマハが生産したものであり、ボルボにエンジンを提供したこともある。そして、トヨタとエンジン分野での協力を続けているのだ」と説明した。

 そのうえで、「ヤマハには絶対に自動車を生産する実力があるはずなのに、これまで一台たりとて量産車の生産に至ったことがない。その理由はどこにあるのか」と疑問を提起している。

(省略)

全文
http://news.searchina.net/id/1660538?page=1




続きを読む
2018年06月05日
1 : しじみ ★[sage] :2018/06/04(月) 16:34:10.62 ID:CAP_USER.net
日本に生息する両生類のアカハライモリは生涯にわたって尾だけでなく、目や脳、心臓の一部を切り取っても再生する。ほかの動物にない高い再生能力に、赤血球が深く関わっていることを筑波大などの研究チームが明らかにした。再生に必要な物質を運ぶ「薬のカプセル」のように働き、再生を促すらしい。

(省略)

全文
朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL5Z2WFBL5ZULBJ001.html




続きを読む
2018年06月04日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/06/04(月) 00:31:43.76 ID:zRGVArJd0.net BE:416336462-PLT(12000)
通常、統合失調症の診断は、医師が症状などを聞き取って行う。それは、他の疾患の診断に比べ、やや主観的な側面がある。それをより客観的に、しかも素早く行う手法が考案された。なんと、通常の眼科検査で使われる網膜電位計を用いるというもので、検査は2分しかかからないという。

(省略)

全文
https://techable.jp/archives/77787





続きを読む
2018年06月03日
1 : しじみ ★[sage] :2018/06/02(土) 22:11:13.95 ID:CAP_USER.net
探査機「ニューホライズンズ」による冥王星の観測データと「ロゼッタ」で得られた彗星の化学組成のデータから、冥王星はたくさんの彗星が集積して形成されたという新しいモデルが提唱された。
【2018年5月31日 サウスウエスト研究所】

米・サウスウエスト研究所のChristopher GleinさんとJ. Hunter Waite Jr.さんは、NASAの探査機「ニューホライズンズ」による冥王星の観測データとヨーロッパ宇宙機関の探査機「ロゼッタ」による「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P)」の観測データを組み合わせて、冥王星がどのように形成されたのかを説明する新しい理論を構築した。彼らはこの新しい冥王星形成モデルを「巨大彗星・宇宙化学モデル」と呼んでいる。

Gleinさんたちの研究の中心にあるのは、冥王星の「スプートニク平原」にある窒素の豊富な氷だ。スプートニク平原は大きな氷床で、「トンボー領域」という明るいハート型地形の左半分を形作っている。

「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星に似た化学組成を持つ、彗星や別種のカイパーベルト天体がおよそ10億個ほど集積して、冥王星が作られたと仮定しました。すると、冥王星に存在するであろう窒素の量は、実際にニューホライズンズで観測されたスプートニク平原の窒素の量とほぼ同じになる、という興味深い結果が得られました」(Gleinさん)。

(省略)

全文
アストロアーツ
http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9939_pluto


画像:ニューホライズンズが撮影した巨大な氷床「スプートニク平原」。
冥王星表面にあるハート模様の左半分を占める


画像:ニューホライズンズの可視光・赤外線撮像分光装置「Ralph」がとらえた冥王星の表面の組成。
左上から時計周りに、メタン(CH4)、窒素(N2)、一酸化炭素(CO)、水(H2O)が豊富な領域を表す。
スプートニク平原に窒素が多いことがわかる




続きを読む
2018年06月01日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/06/01(金) 22:04:49.80 ID:495tNWeS0.net BE:416336462-PLT(12000)
理化学研究所などの研究チームが元素周期表119番目となる新たな元素の合成に本格着手した。発見に向け、加速器の性能を5倍以上に高めたという。朝日新聞が1日、報じた。
同研究チームは以前、113番元素「ニホニウム(Ng)」の発見に成功した。

(省略)

全文
https://jp.sputniknews.com/science/201806014943412/




続きを読む
2018年05月31日
1 : しじみ ★[sage] :2018/05/30(水) 18:03:38.26 ID:CAP_USER.net
【5月30日 AFP】
すしバーでマグロと偽って客に出されているテラピアを暴くために使われた携帯型の遺伝子検査機器。この機器が進化に関する深い洞察をもたらす可能性があるなどと、いったい誰が想像しただろうか。

 あるいは、世界中の研究者数百人が10万種の動物から採取し、米政府の遺伝子データベース「ジェンバンク(GenBank)」に蓄積した遺伝子の断片。「DNAバーコード」と呼ばれるこの短い遺伝子マーカー500万個を徹底的に調べ尽くそうなどと、いったい誰が考えついただろうか。

 これを考えつき、実行したのは、米ロックフェラー大学(Rockefeller University)のマーク・ストークル(Mark Stoeckle)氏とスイス・バーゼル大学(Basel University)のデービッド・セイラー(David Thaler)氏の研究チームだ。2人が先週発表した研究結果は、進化の過程に関する複数の定説を、覆すとまではいかずとも揺るがすことは間違いない。

■揺らぐ定説

 例えば教科書的な生物学の定説では、アリ、ネズミ、ヒトなど広範囲に分布する大規模な個体群を持つ生物種は、時間がたつほど遺伝的多様性が増すという。だが、これは真実なのだろうか。

 人類進化学の国際専門誌
「ジャーナル・オブ・ヒューマン・エボリューション(Journal of Human Evolution)」に掲載された論文の主執筆者であるストークル氏は「答えはノーだ」と述べる。世界に分布するヒトは76億人、イエスズメは5億羽、イソシギは10万羽に上るが、遺伝的多様性はどれも「ほぼ同じくらい」だと同氏はAFPの取材に語った。

 今回の研究の最も驚くべき結果は、今日地球上に生息する生物種のうち、ヒトを含む全体の9割が20万年前〜10万年前に出現したことが明らかになったことだろう。ストークル氏は「この結論は極めて予想外なので、私は可能な限り厳しい反論を試みた」と述べた。

 ストークル氏のこの反応は無理もない。動物種の90%が遺伝学的見地から言えばほぼ同年齢だという事実を、どのように説明できるだろうか。生物種をほぼ全滅させるような何らかの壊滅的事象が20万年前に発生したのだろうか。

■簡単かつ安価なDNAバーコード解析

(省略)


■ダーウィンも当惑?

(省略)

 今回の研究ではさらにもう一つ、予想外の結果が得られた。生物種には明確な遺伝的境界があり、2つの種の間に位置する中間種はほぼ皆無だという発見だ。

(省略)

全文
http://www.afpbb.com/articles/-/3176567




続きを読む
2018年05月29日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/05/29(火) 17:12:09.41 ID:XRzrLi5v0●.net BE:842343564-2BP(2000)
AIが不審な客の行動を検知 NTT東、万引4割削減も

NTT東日本とITベンチャー企業のアースアイズ(東京)は28日、人工知能(AI)が不審な客の行動を検知して万引防止につなげるサービス「AIガードマン」を6月下旬から全国の小売店向けに提供すると発表した。
新サービスの実証実験では万引が原因とみられる損失が4割減った店もあった。

(省略)

全文
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018052801002316.html




続きを読む
2018年05月29日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2018/05/29(火) 13:19:21.48 ID:tk+KO0P30.net BE:932354893-PLT(12931)
大気中の水蒸気を収集し、一日最大38リットルの水を生成する「DG-10」

米ロサンゼルスで2017年5月に創設されたスタートアップ企業「DewGood(デュー・グッド)」は、世界で初めて、Bluetooth制御により、大気中の水を収集して貯蔵する独自の水生成システム「DG-10」を開発した。

・大気中の水蒸気を集め、一日最大10ガロンの水を生成

20インチ(約50.8センチ)の立方体をなすコンパクトな「DG-10」は、窓ガラスや壁、グラスなど、冷えた物体の表面に空気中の水蒸気が凝固し、水滴となって付着する「結露」の現象を応用。

(省略)

・1499ドルで先行販売中

(省略)

全文

http://techable.jp/archives/77525





続きを読む
2018年05月29日
1 : 野良ハムスター ★ :2018/05/28(月) 23:55:17.60 ID:CAP_USER.net
ドイツ電子シンクロトロン(DESY)自由電子レーザー科学センター、スウェーデンのウプサラ大学などの研究チームは、X線レーザーを用いて75フェムト秒(1フェムト=10^-15、すなわち10億分の1のさらに100万分の1)未満という極めて短い時間で水を常温から10万℃まで急速昇温させる実験に成功したと発表した。研究論文は「米国科学アカデミー紀要(PNAS)」に掲載された。

(省略)

全文
https://news.mynavi.jp/article/20180528-637495/




続きを読む
2018年05月28日
1 : 野良ハムスター ★ :2018/05/28(月) 17:06:01.40 ID:CAP_USER.net
米国防情報局は、ワープエンジンを製造するためにダークエネルギーや余剰次元の操作を利用する可能性に関する文書を発表した。

このような技術は、光よりも速く移動することを可能にするが、懐疑的な学者らは、現在及び近い将来にこれらをつくるのは不可能だとの見方を示している。科学技術情報誌「Science Alert(サイエンス・アラート)」が紹介した。

(省略)

全文
https://jp.sputniknews.com/science/201805284926198/




続きを読む
2018年05月27日
1 : 名無しさん@涙目です。(catv?) :2018/05/27(日) 11:42:32.50 ID:0lC/SvgI0
未知の新たな粒子、「ダイオメガ(ΩΩ)」の存在が理論的に予測された。スーパーコンピューター「京」の演算によるもので、理化学研究所(理研)仁科加速器科学研究センター量子ハドロン物理学研究室の権業慎也基礎科学特別研究員、土井琢身専任研究員、数理創造プログラムの初田哲男プログラムディレクター、京都大学基礎物理学研究所の佐々木健志特任助教、青木慎也教授、大阪大学核物理研究センターの石井理修准教授らの共同研究グループによって発表された。

(省略)

全文
スパコン「京」が新粒子「ダイオメガ」の存在を予測、理研の発表
https://www.zaikei.co.jp/article/20180525/443844.html




続きを読む
2018年05月26日
1 : 野良ハムスター ★ :2018/05/25(金) 17:13:04.78 ID:CAP_USER.net
ロシアの研究チームは、動物が冬眠するように全生命活動を遅くした人工的な睡眠状態に宇宙飛行士を入れる薬を開発している。人工睡眠は惑星間飛行をする宇宙船内の食事や酸素、エネルギーを節約することにつながる。薬の動物実験は成功した。

(省略)

全文
https://jp.sputniknews.com/science/201805254912254/




続きを読む
2018年05月25日
1 : しじみ ★[sage] :2018/05/24(木) 18:41:41.64 ID:CAP_USER.net
木星とほぼ同じ軌道だが逆回り、異論も続出

太陽系を上から見下ろせたなら、太陽の周りを回る天体の99.9%以上が反時計回りとわかるだろう。太陽系の惑星や小惑星を生み出した、原始のちりとガスの円盤から始まった動きだ。

 だがおかしなことに、現在わかっている77万9000を超す小惑星のうち、少なくとも95個が大半の天体と逆向き(時計回り)に公転している。これについて、2人の研究者が5月21日付けの英王立天文学会誌
「Monthly Notices of the Royal Astronomical Society: Letters」に、新たな主張を発表した。
こうした小惑星の1つ「2015 BZ509」が逆行しているのは、まったく別の惑星系から移ってきたからだという。

(省略)

続きはソースで

画像:大双眼望遠鏡天文台(LBTO)から見た小惑星2015 BZ509(黄色の円で囲まれた点)。
これらの画像が、BZ509が木星とほぼ同じ軌道を逆行していることを確定するのに役立った


ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/052400085/




続きを読む
2018年05月25日
1 : あられお菓子 ★[sage] :2018/05/24(木) 07:14:36.70 ID:CAP_USER.net
ニュースイッチ 2018年05月23日


 科学技術分野で日本と中国を人工知能(AI)が結び付けようとしている。科学論文や特許などの日中翻訳サービスが始まった。ディープラーニング(深層学習)で精度が向上し、読みやすい機械翻訳が実現した。中国は論文数と特許数がともに急増し、無視できない成果が増えていた。日本の研究者は英語と中国語で最新動向を追い掛けることになりそうだ。

 AI研究は米国と中国の2強状態にある。東京大学の松尾豊特任准教授は「中国のレベルは日本よりも高い。データを集め、学習させる。やるべきことを普通にやっている」と評価する。論文など成果の多くは英語で発表されるが、中国語の文献も膨大だ。

 AI関連以外で見ても、例えば鉱物などの資源分野の研究も中国は強い。希少金属を研究する岡部徹東大教授は「レアアースの製造技術は、多くの部分で中国に追い抜かれてしまっている」と指摘する。これまでは環境に悪い精錬プロセスなど、先進国で行い難い研究が中国では中心と考えられてきた。だが産出国ならではの産学連携が進みプロセス技術全体が底上げしている。中国語のみの文献が増え、必ずしも英語で公開されない。


長文に対応

(省略)

全文
https://newswitch.jp/p/13036




続きを読む
2018年05月22日
1 : 名無しさん@涙目です。(アメリカ合衆国) :2018/05/22(火) 21:17:42.77 ID:qTmSEtl50●
【チビ悲報】背が低い人ほど攻撃的であることが科学的に立証される! その理由があまりにもカワイソウ・・

「背の低い男性ほど自分に足りていない部分を補おうとして攻撃的に振る舞う」

俗に”ナポレオン・コンプレックス”と呼ばれる説だが、これを科学的に裏付けるデータが出てきたようだ。オランダのアムステルダム自由大学が研究結果をまとめている。


科学的心理学会(APS)掲載の論文より

http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0956797618772822


・男性は自分が相手よりも「背が低い」と感じた場合、より好戦的になる

・男性被験者を2名1組のペアにし、実験参加費を分ける様子を観察した。一方の男性が独断で自分と相手の取り分を決めることができるようにしたところ、相手よりも背が低いと感じた男性ほど自分の獲得金を多くする傾向がみられた

・身長の低い被験者ら(170cm前後)は、18枚のコインのうち平均14枚を自分のものに。一方で身長の最も高い被験者(200cm)は18枚のうち9枚を自分の報酬とする判断を下した

・背の低い男性は劣等感を抱いており、背の高いライバルよりも多くのコインを得るという”間接的な攻撃性”を示すことで、自分に足りない部分を埋め合わせしようとしているようだ

・なお、この現象は女性にはみられなかった

・絶対的権力を持つ個人がどういった競争行動を取るのか。それを予測する上で「身長の高さが最も重要な要素になりえる」ことを本研究は示している

http://yurukuyaru.com/archives/76130918.html




続きを読む
2018年05月22日
1 : 名無しさん@涙目です。(catv?) :2018/05/22(火) 17:17:29.61 ID:orh4hjek0
産業技術総合研究所などの研究グループは、栄養補助食品などの材料として使われているミドリムシから、「痩せるホルモン」の分泌を促進させる物質を作り出すことに成功した。メタボリックシンドロームのマウスに与えたところ、内臓脂肪が減って、体重増加を抑制する効果が確認されたという。

(省略)

全文
「痩せるホルモン」分泌促進 ミドリムシから開発 夢のメタボ治療薬へ…産総研
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/4/24872.html






続きを読む
2018年05月22日
1 : 名無しさん@涙目です。(北海道) :2018/05/22(火) 11:48:40.70 ID:kCRqdTGZ0
NECはこれまでにも半導体や携帯電話などの事業売却を繰り返してきた。だが、今回のリストラは、対象に祖業の通信事業があるところが決定的に違う。通信自由化とともに海外メーカーとの競争が激化し、安定した収益を稼げなくなった。

人員削減に踏み切るのは、01年から4度目となる。01年に4000人、02年に2000人、12年には1万人削減を実施した。このときは「社内のモチベーションが低下した」と新野社長が吐露している。

ハードウェアの技術者をソフトウェアからの配置転換で乗り切ろうとしたが、机上の計画通りにはいかなかった。

1万人の削減時点では「これ以上のリストラはしない」(新野社長)と否定的だったが、今回3000人の追加リストラを打ち出すのは、人を減らしても収益が改善しないためだ。リストラ頼みの経営の限界を露呈した。

(抜粋)

全文
https://news.nifty.com/article/item/neta/12111-43902/




続きを読む
2018年05月22日
1 : 名無しさん@涙目です。(東日本) :2018/05/22(火) 06:56:47.58 ID:8/t6UWFx0


タコやイカなど多くの足(触腕)を持つ頭足類の動物の起源は「宇宙からやって来た」とする説を、複数の科学者による多国籍グループが発表しました。「タコのゲノムは3万3000ものタンパク質コード遺伝子を持つ極めて複雑な構造を示しており、これは現代のホモサピエンスのものを上回るものです」と、その特異性を述べています。



論文では、この変化の起源を、何億年も昔に地球にやって来た氷の隕石の中に閉じ込められていたウイルスに見いだそうとしています。氷漬けになった地球外ウイルスが海に落ち、海水に溶け出した後にすでに生息していた生物の体に何らかの形で入り込むことで、遺伝子に何らかの影響を与えた可能性が指摘されています。



(省略)

全文
https://gigazine.net/news/20180521-octopuse-might-be-alien/




続きを読む
2018年05月22日
1 : 名無しさん@涙目です。(四国地方) :2018/05/21(月) 23:14:56.87 ID:tP9KEK+o0●
世界各国で開発が進められている量子コンピューターに匹敵するという桁違いの計算能力を持つ新型の国産コンピューターが実用化されることになりました。宅配のルート選択やがんの治療など幅広い分野で活用が期待されます。

量子コンピューターは、カナダのベンチャー企業が、膨大な数の組み合わせから最適な解を選ぶ
「組み合わせ最適化問題」の処理に特化したものをすでに実用化しています。

大手電機メーカーの富士通は、この「組み合わせ最適化問題」を従来の電子回路を使いながら、量子コンピューターに匹敵する能力で処理できるという新型のコンピューターを開発し、今月からサービスの提供を始めました。

量子コンピューターと違い、部品を超低温に保つ必要がないため、大がかりな装置がいらないのが特徴だということです。

富士通では、人手不足が深刻な宅配業務を効率化するために最適なルートを選んだり、がん治療で放射線を当てる最も効果的な角度を決めたりする場合など幅広い分野で活用できるとして、2022年度までに1000億円規模の事業に成長させる計画です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180521/k10011447381000.html



ざっくりとした仕組み等はこちらの富士通のページで↓(ただしよく分かりません)
http://www.fujitsu.com/jp/digitalannealer/superiority/




続きを読む
2018年05月21日
1 : 名無しさん@涙目です。(北海道) :2018/05/21(月) 14:38:14.53 ID:mPa5ygAD0
東大工学部卒業後にスタンフォード大学に留学した彼は、電気工学とオペレーションズ・リサーチ学の二つの修士号を得て、博士号を取得した。私が読んだ論文のテーマはロシアの数学者、アンドレイ・マルコフが唱えたマルコフ連鎖確率の研究でした。

その論文では、1000人いる女性のなかから最高のパートナーを見つけるにはどうすればいいか、何番目で決めるのがいいのか、かなり複雑な計算式で割り出している。

1度断ったら2度目はない。まず、1番目は絶対に断らなければならない。そして368人目までを断る。そして368番目の女性を基準にして少しでもいい人を選んだ場合、最適なパートナーである可能性が高いと証明している。

(抜粋)

全文
http://president.jp/articles/-/25171?page=2




続きを読む
2018年05月19日
1 : 名無しさん@涙目です。(秋田県) :2018/05/19(土) 08:31:23.04 ID:DbSrKmq00
でもはっきり言って、「AIに仕事がとられる」と思っている時点で、あなたはダサい。それは別に今なんの職業についているかにはかかわらない。
その理由を、話しておきたいと思う。
AIや技術の発達により、今まで人間がやっていた労働を機械やロボットが肩代わりしてくれる時代が必ずやってくる。たとえば、食器洗浄機やロボット掃除機によって、面倒な手仕事は世の中から消えつつある。また、精密機器の製造もすでに人の手を離れた仕事の1つで、部品作りなどはすでに自動化されたものも多い。
だからこそなのか、人間の労働が機械によって代替される事例が増えるにつれ、「AIに仕事が奪われる」といった悲観論を最近よく聞くようになった。仕事がなくなる、おカネを稼げなくなると、生活に不安を感じている人もいるだろう。
でもそう考えているあなたに問いたい。そう考えてしまう理由は、今あなたがやっている仕事が、AIにとって代わられるようなレベルのものであると、自分で考えているということではないだろうか。
はっきり言うが、「AIによる職の代替=不幸」のロジックを持つ人間は、自分の価値をAIと同じレベルに下落させてしまっている。

https://toyokeizai.net/articles/-/219675




続きを読む
2018年05月18日
1 : 名無しさん@涙目です。(北海道) :2018/05/18(金) 17:26:17.56 ID:Llj90QHO0


羽根のない「ブレードレス」と呼ばれる新しい風力発電システムは革命を起こすでしょう。

騒音は少なく、設置スペースも小さく、従来より60%も発電量が多く、そして鳥を殺すことがないのです。

原文
https://energialimpiaparatodos.com/2018/05/15/eolica-sin-aspas-sin-ruido-y-mas-eficiente-revoluciona-espana-y-el-mundo/




続きを読む
2018年05月17日
1 : みつを ★[sage] :2018/05/17(木) 16:29:12.14 ID:CAP_USER9.net
2018.05.17 Thu posted at 13:27 JST
(CNN) オーストラリア国立大学の天文学者らがこのほど、これまで見つかった中で最も成長速度が速いとみられるブラックホールを発見した。太陽と同等の質量を2日ごとにのみ込んでいくその「食欲」の凄まじさから、ついた呼び名は「モンスター」だ。

(省略)

全文

http://www.cnn.co.jp/m/fringe/35119314.html






続きを読む
2018年05月17日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/05/17(木) 02:21:59.99 ID:sxm3Wtrw0●.net BE:201615239-2BP(2000)
 大阪産業大や国立天文台、名古屋大などのチームは、地球から132億8千万光年離れた、しし座方向の銀河に酸素があることを南米チリのアルマ電波望遠鏡を使って突き止めたと16日、発表した。

 今から132億8千万年前の宇宙に酸素が存在したことを示す結果で、大阪産業大の橋本拓也博士研究員は「宇宙最初期に星がどのように形成されたのかの解明に役立つ」としている。

 最も遠くで検出された酸素の記録を今回更新したほか、正確な距離が分かった銀河としても最も遠く、成果は16日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

https://this.kiji.is/369530607849669729




続きを読む
2018年05月17日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/05/16(水) 22:19:33.25 ID:lOfH/ohh0●.net BE:652548497-2BP(2000)
また一つ、SFの世界が近づいた。今回は何と「記憶の移植」に成功したというのである。このニュースは英「BBC」ほか、多数メディアで報じられている。

0515memory-1.jpg
ジャンボアメフラシ。画像は「Wikipedia」より引用
■ジャンボアメフラシの記憶を移植する

 記憶の移植実験に成功したのは米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究者らだ。研究ではジャンボアメフラシ(Aplysia california)を用いられた。実験の手順は次のようなものだ。

(省略)

全文
http://tocana.jp/2018/05/post_16898_entry_2.html




続きを読む
2018年05月14日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/05/13(日) 23:20:12.57 ID:k3JT1ykT0●.net BE:728890577-2BP(2000)
 この3月14日に惜しまれる最期を迎えたスティーヴン・ホーキング博士の“最後の論文”が先日、公式に発表された。ホーキング博士の最終的結論では、なんとこの宇宙は“2次元”である。


■ホーキング博士“最後の論文”が公開

 ホーキング博士が最後に手がけていた論文「A Smooth Exit from Eternal Inflation?」が、4月27日に学術ジャーナル「Journal of High Energy Physics」で公式に発表された。

 以前トカナでお伝えした英紙「Daily Star」の解説では、この“最後の論文”は現在の宇宙はビッグバン後に一瞬にして膨張したという「インフレーション理論」の数学的パラドックスを解消し、無数の宇宙が存在するという「多世界解釈」を実証可能な科学的フレームワークに乗せる試みであり、現在の我々が生きるこの宇宙は膨張のピークを過ぎてビッグバン以前の“無”に向かっていることが指摘された。

 そして今回、オルタナティブ系メディア「Disclose.tv」の記事では、ホーキング博士はこの宇宙が“ホログラム”であると考えていたことを指摘している。

 ビッグバン後の宇宙は一瞬にして膨張したという「インフレーション理論」と、この宇宙は枝分かれして無数に生成しているという「多世界解釈」はそれぞれ今日では普及した考え方になっているが、ホーキング博士の最後の論文は、こうした考えに対する批判によって執筆が動機づけられたものであると同記事は主張している。

 理論物理学者の多くは、ビッグバンに続いてほんの一瞬でこの宇宙は現在の状態にまで膨張したと信じていて、これがインフレーション理論を下支えしている。しかし、この理論は近年好まれなくなり、実際には膨張は永遠に続き、無限に新たな宇宙を生み出しているという多世界解釈のほうへと支持が傾きつつあるともいわれているのだ。

 多世界解釈では膨張は永遠に続き、異なる宇宙が無限に生まれてそれぞれの物理法則を有すると考えられている。我々がいるこの宇宙は、その中のたったひとつの宇宙であることになる。

■故ホーキング博士「宇宙はホログラム」

 しかしながらホーキング博士は、アインシュタインの一般相対性理論と両立できないこの多世界解釈に最後までなびくことはなかった。長年にわたって、博士は多世界解釈を受け入れることについての“恐怖”を率直に認めて表明していたのだ。

“最後の論文”は、これらの普及した理論に対する立場を明確にする意味で、おそらく宇宙がホログラムであると考えられる可能性が高いというホーキング博士の見解を示すものであるということだ。

 いわゆる“ホログラフィック理論 (holographic theory) ”は、宇宙の3次元像は錯覚とみなされるべきであり、すべての情報が実際には2次元の表面から投影されたものであるとしている。そしてホログラフィック理論は、宇宙の成り立ちにおいてインフレーション理論とアインシュタインの一般相対性理論を両立できる方法論の1つでもある。

http://tocana.jp/2018/05/post_16833_entry_2.html




続きを読む
2018年05月13日
1 : 風吹けば名無し :2018/05/12(土) 21:08:29.26 ID:nOZAYKLCE.net
一番多いのは鉄34%
🌏は鉄の惑星なんだよ!!




続きを読む
2018年05月12日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2018/05/12(土) 19:59:08.65 ID:nqPCzRc+0.net BE:194767121-PLT(12001)
STAP細胞問題で2014年に理化学研究所を退職した小保方晴子氏(34)が、週刊文春のグラビアに登場し、ネット上でも「びっくりした」「屈強メンタル」驚きが広がっている。
 小保方氏は9日発売の週刊文春のグラビア「原色美女図鑑」に登場。黒のノースリーブのワンピース姿で、日記帳を抱えた写真や、ペンをとりながらカメラを見つめる写真、本を開いたままベッドで眠る写真が掲載されている。撮影は篠山紀信氏。

(省略)

全文
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/12/0011249789.shtml




続きを読む
2018年05月12日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/05/12(土) 19:33:02.84 ID:0u/nLbzY0.net BE:819973909-2BP(2000)
 千葉県市原市の地層「千葉セクション」を中期更新世の代表地層とし、この時代を「チバニアン」と命名するかを決める国際学会の審査が4月から中断している。申請した研究チームとは別の国内団体からデータへの異議が寄せられたためだが、研究チームは「事実無根」と反論。正当性を訴える文書を近く国際学会に出し、審査継続を求める。

 千葉セクションには、最後の地磁気逆転の証拠が残る。

(省略)

イタリアの2カ所も名乗りを上げたが、同連合の作業部会は昨年11月、千葉に軍配を上げた。このまま同連合が認めれば、この時代はチバニアンと命名される。

 ところが研究チームとは別の地質学者らで作る「古関東深海盆ジオパーク認証推進協議会」が今年4月、「(地磁気逆転の根拠に)約2km先の別の地層のデータを使っており、捏造だ」等と主張するメールを同連合やイタリアの研究チームに送った。イタリアチームは「日本国内でも見解が分かれており、審査は白紙に戻すべきだ」と主張。同連合は審査を中断し、研究チームに見解を文書で出すよう要請した。研究チームの反論が認められなければ、作業部会の結論が取り消される可能性もある。

(省略)

詳細はそーすで

https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0512/mai_180512_4080158467.html

「チバニアン」審査中断 国内別団体が異議




続きを読む
2018年05月12日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/05/12(土) 07:27:14.27 ID:MKSObfid0.net BE:416336462-PLT(12000)
米グーグルがこのほど開発したAIを備えたデジタルアシスタントは、あまりにも自然な会話をするために本物の人間と間違えるほどだ。
このIT最大手企業が今週発表した自然な音声のロボットアシスタントは、一部の人に驚きをもって迎えられたが、一部ではその使用の際の倫理的側面に懸念が示された。
グーグル・アシスタントの新技術Duplexのデモを受け、電話に応答する人々に、会話の相手は人の声をまねたソフトウエアであることを知らせるべきかどうか、また同技術は、販売員や政治運動によって、よりもっともらしい「ロボコール(コンピューターを使い大量にかける自動音声録音電話)」の形で悪用される可能性はないか、直ぐに議論が巻き起こった。

(省略)

全文
http://www.afpbb.com/articles/-/3174261




続きを読む
2018年05月11日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/05/11(金) 17:47:31.41 ID:e77kpd6K0●.net BE:873396593-2BP(2000)
 日本は技術大国であり、今でも多くの基幹技術を持ってはいるものの、スマートフォン市場においては全く振るわない状況だ。日本国内を見ても、アップル社が優勢で、中国市場では日本メーカーの携帯電話そのものを見かけなくなって久しい。

 中国メディアの快資訊は7日、日本がスマートフォン市場で成功できない3つの理由について分析した記事を掲載した。記事によると技術では今でも中国より上であるとしており、技術力の問題ではないのだという。

 記事はまず、日本独特の「ガラパゴス化」を指摘した。

(省略)

 別の理由として、

(省略)

全文
http://news.livedoor.com/article/detail/14698447/




続きを読む
2018年05月11日
1 : しじみ ★[sage] :2018/05/10(木) 14:46:49.13 ID:CAP_USER.net
Quantum physics: Gamers ‘power-up’ quantum physics tests
Nature
全世界のゲーマーたちが競い合って乱数の数列を生成したことが、「局所実在性が破れる場合がある」という量子力学による予測の検証に役立った。この研究結果を報告する論文が、今週掲載される。

(省略)

今回、BIG Bell Test CollaborationのMorgan Mitchellたちは、全世界から約10万人の参加者を募集し、ブラウザーを使ったゲーム“BIG Bell Quest”によって十分にランダムな数列を大量に生成した。このゲームでは、プレーヤーが0と1によって構成される予測不能な数列を生成することで、より難度の高い課題に進めるようになっている。2016年11月30日に約10万人のゲーマーが12時間にわたって1秒当たり1000ビット以上のデータをMitchellたちの研究チームに送り続け、その間に研究チームは、もつれた光子、原子集団、および超伝導デバイスを用いて、13種類の異なるベルテストとその他の局所実在性の検証を行った。大半の検証では、統計的に強力な局所実在性の破れが量子理論の予測通りに観測された。

英語の原文

http://dx.doi.org/10.1038/s41586-018-0085-3


Nature Research

https://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/12503




続きを読む
2018年05月08日
1 : 名無しさん@涙目です。[sage] :2018/05/07(月) 23:25:46.07 ID:UsheCs5I0.net BE:416336462-PLT(12000)
「LumiWatch(ルミ・ウォッチ)」は、米カーネギーメロン大学の研究チームが開発した、ユーザーの腕をタッチスクリーン化する世界初のスマートウォッチだ。
「ディスプレイが小さい」というスマートウォッチの課題を解消するテクノロジーとして注目を集めている。

(省略)

全文
https://techable.jp/archives/76292

https://youtu.be/jJDR2uRzr20




続きを読む
2018年05月06日
1 : 名無しさん@涙目です。 :2018/05/06(日) 17:58:33.52 ID:YjK21hpD0.net BE:135853815-PLT(12000)
 自動車のタイヤを分解し、天然ゴムを効率よく取り出すのに利用できる可能性があるキノコを公立鳥取環境大の研究チームが見つけた。リサイクルが進んでいない古タイヤの再資源化に役立つと期待される。

(省略)

全文
http://www.sankei.com/life/news/180506/lif1805060029-n1.html




続きを読む
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク