科学・技術

2017年04月23日
1 : 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ :2017/04/22(土) 22:01:37.32 ID:CAP_USER.net
<カリフォルニア大学バークレー校とMITの共同研究チームは、太陽エネルギーを使って大気中から水を収集するデバイスを開発した>

大気には、窒素や酸素などのほか、約1〜4%程度の水蒸気が含まれており、地球全体におけるその総量は13兆リットルにのぼる。では、これら大気中の水を効率的に集め、貴重な水資源として生かすことはできないだろうか。

カリフォルニア大学バークレー校とマサチューセッツ工科大学の共同研究チームは、2017年4月、太陽エネルギーを使って大気中から水を収集するデバイスを開発した。砂漠のように湿度20%くらいの地域でも、1日2.8リットルの水を集めることができるという。

(省略)

Pulling drinkable water out of dry air
https://youtu.be/dvwmZKqPgKQ


(省略)

全文
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7442.php




続きを読む




2017年04月13日
1 : ベクトル空間 ★ :2017/04/12(水) 23:28:09.60 ID:CAP_USER9.net
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201704/0010088695.shtml

(全文はリンク先を見て下さい)

ウマは人の心を理解して行動している−。神戸大のグループは、ウマが困ったときに人に助けを求め、しかもその行動は、相手の持っている情報量に応じて変化させていることを確認した。こうした高度な能力はチンパンジーなど霊長類で知られていたが、ウマでは研究が進んでいなかった。「よく『ウマは人の心を読む』といわれるが、それを科学的に検証する成果」とする。(武藤邦生)

(省略)

ウマには届かない場所に好物のニンジンを置き、行動を観察。飼育担当者がそばに寄ると、飼育担当者を「触る」「見る」ことを確認した。それらの頻度は、エサがないときより多く、「自分で解決できない問題に直面し、人にシグナルを送ったと考えられる」とリングホーファーさんは説明する。

続いて、人の心を理解しているか実験。バケツにニンジンを入れるところを飼育担当者が見ていなかった場合、その過程を見ていた場合よりも多くのシグナルを送り、飼育担当者が知らないエサの存在を伝えようとしていた。相手の知っていることに応じて行動を変えたことから、人を理解する社会的知性を発達させていることが明らかとなった。

(省略)

全文
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201704/0010088695.shtml




続きを読む
2017年04月12日
1 : ローリングソバット(catv?【緊急地震:奄美大島近海M4.9最大震度3】)@\(^o^)/ :2017/04/12(水) 22:57:25.99 ID:/8ei7Wdx0.net BE:323057825-PLT(12000)
?PLT(12000)
(省略)

 約100億年の寿命と言われる太陽に対し、質量が大きく、核融合反応が激しいベテルギウスの寿命は僅か1000万年ほどといわれているが、それもすでに99.9%が尽きており、いつ超新星爆発を起こしてもおかしくない状況にある。さらには、いま見えているベテルギウスの光は642光年前のものであるため時間差で観測できないだけで、すでに消滅してしまっている可能性まであるというのだ。

(省略)

 もしもガンマ線バーストが直撃してしまったら、地球環境を有害な紫外線などから守っているオゾン層が破壊され、電子機器が壊滅的被害を受けるのみならず、人間をはじめとした生物も遺伝子が損傷し、がんや染色体異常が多発することになると言われている。

【悲報】もうすぐ“2つ目の太陽”出現、遺伝子損傷で地球滅亡! 太陽の900倍の巨星「ベテルギウス」が爆発寸前!
http://tocana.jp/2017/04/post_12900_entry.html






続きを読む
2017年04月11日
1 : フライングニールキック(北海道)@\(^o^)/ :2017/04/11(火) 13:39:52.97 ID:sEd88M3n0.net BE:422186189-PLT(12015)
?PLT(12015)

http://www.gizmodo.jp/2017/04/google-deep-dream-bob-ross.html




続きを読む
2017年04月07日
1 : エルボーバット(茸)@\(^o^)/ :2017/04/07(金) 20:07:01.50 ID:+xjxc5L00.net BE:155743237-PLT(12000)
?PLT(12000)
脳内で記憶の固定化、過程を解明...利根川教授ら〔読売新聞〕
2017.04.07 15:00

ワシントン=三井誠】脳内で短期的な記憶が長期的な記憶に変わって固定化される過程を明らかにしたと、米マサチューセッツ工科大(MIT)の利根川進教授と北村貴司研究員らが7日付の米科学誌サイエンスに発表する。

研究チームは、箱の中に入れたマウスに電気刺激を与えた後、マウスがそれを思い出して身をすくめる際に、脳内で記憶を担う神経細胞がどのように働いているかを観察した。

その結果、

(省略)

全文
https://medical-tribune.co.jp/news/2017/0407506936/





続きを読む
2017年04月06日
1 : 曙光 ★[sage] :2017/04/06(木) 14:17:09.53 ID:CAP_USER9.net
2016年にカリフォルニア大学から「速読」に関するレビュー論文が出た
深い理解を保ったまま読書のスピードが上がるという科学的な根拠はないそう
真の速読とは、せんじつめれば「飛ばし読み」の技術に過ぎないという


「速読」は科学的に不可能だと証明される。最も有効なのは「飛ばし読み」スキルを上げること

続きはソースで
http://news.livedoor.com/article/detail/12898121/




続きを読む
2017年04月05日
1 : ちくわ部φ ★[ageteoff] :2017/04/05(水) 19:21:32.23 9.net
地上に縛りつけられた生活から抜け出し、空中に浮かぶビルで自由に暮らせたら――。そんな願いをかなえる未来型の建物の構想が発表され注目を集めている。

米ニューヨークの建築事務所「クラウズ・アーキテクチャー・オフィス(CAO)」が発表した
「アナレンマ・タワー」はなんと、地球周回軌道に乗せた小惑星からケーブルでビルをつり下げるという構想だ。

(省略)

発想のきっかけを問われた設計担当者は「人類が洞くつを出た時から、我々の建物はより高く、より軽く進化してきた。いつか建物が地面から離れ、我々が洪水や地震、津波の被害から解放される日が来ることを信じている」と答えた。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35099308.html





続きを読む
2017年04月05日
1 : ウエスタンラリアット(やわらか銀行)@\(^o^)/ :2017/04/05(水) 11:24:07.01 ID:Rp4KcNiD0?2BP(1501)
去年末に廃炉を決定した高速増殖炉もんじゅに代わる新たな高速炉開発の技術的検討を担う実務者会議が経済産業省で30日、スタートした。

政府は、もんじゅの後継となる新たな高速炉の研究開発を進める方針を去年末に決定している。30日に発足したのは実務者会議で、経済産業省が主催し、文部科学省、三菱重工、電気事業連合会などの各代表が参加する。

日テレNEWS24
http://www.news24.jp/articles/2017/03/30/06357792.html


今年度前半に有識者への聞き取り調査を実施し、2018年中に今後10年間の方向性を定めた工程表を完成させる。

会合では、従来の原発に比べて、どの程度の発電コストを目指すのかといった経済性などの開発目標を議論する。フランスと共同開発する実証炉「ASTRID 」や、再稼働を申請した高速増殖炉開発の実験炉「常陽」 、もんじゅの廃炉など、課題ごとにチームを結成して具体的な活用方法を検討する。

SankeiBiz(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170331/mca1703310500003-n1.htm


※一部抜粋、全文はソース元で

TOP画像はもんじゅ



続きを読む
2017年04月05日
1 : ニライカナイφ ★ :2017/04/04(火) 22:33:26.22 ID:CAP_USER9.net
【ガチ】「全宇宙の68%が存在しない可能性」シミュレーションで判明! 物理学界に激震中!!

20年にわたり科学者を悩ませてきた謎の「暗黒エネルギー」がやはり存在しなかった可能性が浮上、全宇宙の実に68%は科学者の頭の中にしか存在しなかったかもしれない、という驚きの研究結果が明らかになった!

■ダークエネルギー(暗黒エネルギー)とは?

(省略)

■革命的な「ダークエネルギー不要説」

(省略)

全文
http://tocana.jp/2017/04/post_12815_entry.html

http://tocana.jp/2017/04/post_12815_entry_2.html




続きを読む
2017年04月02日
1 : トペ スイシーダ(宮城県【12:32 宮城県震度1】)@\(^o^)/ :2017/04/02(日) 12:45:49.63 ID:pzWvgang0●.net BE:601381941-PLT(13121)
?PLT(13121)
超流動ヘリウムにブラックホールと類似の性質-「ホログラフィック原理」か

バーモント大学の研究チームは、ブラックホールの研究によって発見された「面積則」と呼ばれる性質が、極低温の超流動ヘリウムにおいても現れることを確認したと発表した。量子コンピュータで利用される「量子もつれ現象」の理解や、一般相対性理論と量子力学を統合する量子重力理論の構築などを進める上で、役立つ知見になると期待される。研究論文は、物理学専門誌「Nature Physics」に掲載された。


球体状のヘリウム原子集団(緑)とその外側を取り囲むより大きなヘリウム原子集団(青)のあいだに
ブラックホールと同様の「面積則」が成り立つ(出所:バーモント大学)

ブラックホールの面積則とは、ブラックホールのエントロピーが、ブラックホールの体積ではなく表面積に比例するという性質である。ある量の情報がブラックホールの内部に吸い込まれたとすると、ブラックホールがもつエントロピーはその分だけ増加する。面積則によれば、このときのエントロピーの増分は、ブラックホールの体積増加ではなく表面積の増加として表される。

(省略)

今回の研究では、ブラックホールのこうした奇妙な性質との共通性が、超流動ヘリウムという、実験室で扱うことのできる現実の物質で見つかった点が注目される。

(省略)

この計算の結果、原子集団の情報量は、球体の体積ではなく表面積によって決定されることがわかったという。ブラックホールの場合と同様に、ヘリウム原子の集団でも、三次元空間の状態が二次元表面に完全に記録された一種のホログラフのような性質が成り立つことがわかる。

(省略)

全文
http://news.mynavi.jp/news/2017/03/31/028/




続きを読む
2017年03月31日
1 : 膝十字固め(北海道)@\(^o^)/ :2017/03/31(金) 11:38:59.25 ID:bY58HYGS0.net BE:422186189-PLT(12015)
?PLT(12015)
人工知能研究者たちがAIに言語を理解させるべくしのぎを削っているが、元アニメーターのロボットエンジニア、イゴール・モルダッチは、まったく新しいやり方でその目標を達成しようとしている。

会話のパターンを学ばせるだけでなく、「独自の言語」を覚えさせるというものだ。

全文
http://wired.jp/2017/03/30/bots-learn-speak-language/




続きを読む
2017年03月30日
1 : ネックハンギングツリー(庭)@\(^o^)/ :2017/03/30(木) 12:48:26.88 ID:tcXgJBzH0●.net BE:887141976-PLT(16001)
?PLT(16001)
最近、海外のコミュニティで牛の消化活動を研究するために作られた“カニューラ”を紹介した。カニューラは通常装置を体内に挿入するが、牛の場合は反芻(はんすう)付近に穴を開けて取り付ける。研究者達は牛の背中の穴を開けてカニューラを装着する。このときに重要なのは蓋を作り、いつでも開けて見れるということだ。

(省略)

続き(リンク先に動画あり)
http://gogotsu.com/archives/27367









続きを読む
2017年03月28日
1 : 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ :2017/03/27(月) 21:24:43.89 ID:CAP_USER.net
山形県の板垣公一さんが3月23日、おとめ座の銀河に超新星2017cjbを発見した。板垣さんの超新星発見は今年2個目、通算124個目。
【2017年3月27日 Transient Name Server/ATel】

山形県の板垣公一さんが3月23日14時ごろ(世界時。日本時では23時ごろ)、おとめ座の銀河NGC 4779に超新星候補天体を15.9等で発見した。天体の位置は以下のとおり。

赤経 12h53m50.45s
赤緯 +09°42′17.70″ (2000年分点)

(画像)
おとめ座の超新星の発見画像(撮影:板垣さん)

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9028_sn2017cjb


超新星 - Wikipedia
超新星(ちょうしんせい、英: supernova[1])は、大質量の恒星が、その一生を終えるときに起こす大規模な爆発現象である。



続きを読む
2017年03月24日
1 : 北村ゆきひろ ★[ageteoff] :2017/03/24(金) 22:11:24.88 ID:CAP_USER9.net
米Dellは、32型液晶ディスプレイ「UP3218K」を発売した。直販価格は4,999.99ドル。

 UP3218Kは、世界初となる31.5型8K(7,680×4,320ドット)パネルを搭載したディスプレイ。1月の「CES 2017」にて披露された(Dell、世界初の32型8K液晶)製品で、パネル駆動方式はIPS。リフレッシュレートは60Hz。

 色域カバー率はAdobe RGB 100%、sRGB 100%、DCI-P3 98%、Rec.709 100%を謳う。ハードウェアキャリブレーションにも対応する。

 入力インターフェイスはDisplayPort 1.4で、DP 1.3で接続する場合、8K/60Hz表示には2本接続する必要がある。

 本体デザインはベゼルレス設計で、フリッカーフリーLEDバックライト、ブルーライト低減機能「ComfortView」などを備える。

 そのほかの主な仕様は、表示色数10億7,000万色、中間色応答速度が6ms、コントラスト比が1,300:1(最大800万:1)、最大輝度が400cd/平方m、視野角は上下/左右ともに178度。

 入力インターフェイスは、DisplayPort 1.4×2で、3ポートのUSB 3.0 Hubを備える。スタンドは高さ、スイベル、チルト調整のほか、ピボットに対応する。


http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1051191.html




続きを読む
2017年03月22日
1 : 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ :2017/03/21(火) 19:22:57.75 ID:CAP_USER.net
太陽光だけで二酸化炭素をエネルギー資源に変換する新たな分子が誕生 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

<米インディアナ大学ブルーミントン校の研究チームは、光や電気を使って二酸化炭素から燃料を生成する分子を新たに開発したことを明らかにした>

(省略)

→【参考記事】光合成する電池で温暖化をストップ
→【参考記事】人工の葉っぱとバクテリアで、太陽光から液体燃料を生み出す技術

この分子は、鉛筆の芯として広く用いられているグラファイト(黒鉛)をナノメートルサイズにしたナノグラフェンに、レアメタル(希少金属)のひとつであるレニウムを結合させたもの。ナノグラフェンが太陽光からエネルギーを吸収し、レニウム原子に電子を流し込むと、レニウム原子がこれらの電子を使って二酸化炭素を一酸化炭素に還元する。

つまり、ナノグラフェンが"エネルギー捕集体"として機能し、レニウムが一酸化炭素を生成する"エンジン"の役割を担っているわけだ。一酸化炭素は、自動車用燃料に利用可能な合成ガスに変えることで、エネルギー資源として活用できる。

(省略)

全文
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/03/post-7212_1.php



続きを読む
2017年03月19日
1 : クロスヒールホールド(茸)@\(^o^)/ :2017/03/19(日) 22:30:15.05 ID:MQ8sFPY30.net BE:822935798-PLT(12345) ポイント特典
幽霊は人間の空想? 素粒子?

(省略)

Live Scienceによると、Cox博士は「もし本当に幽霊がいるなら、LHCですでに発見しているはずだ」とBBC Radio Fourの番組The Infinite Monkey Cageで語りました。以下はRealClearScienceによる書き起こしです。

もし私たちの細胞情報を(死後も)保持し続ける者が存在すると仮定するなら、何によって構成されているのか、どのように我々の体を構成してる粒子と相互作用しているかを正確に特定せねばなりません。つまりLHCの検出を逃れた物質がこの世に存在し、(素粒子研究の基本的枠組みである)素粒子の標準理論を拡張せねばならないということなのです。我々の体内で起こる典型的な粒子の相互作用のエネルギースケールでは想像できないことです

つまり、もし幽霊が存在するならば、現在の素粒子研究の基本的枠組みとして考えられている標準理論上の素粒子と相互作用できるはずだが、そんなものはないと断言しているのです。

ところがその説を聞いた米GizmodoのサイエンスライターRyan F. Mandelbaum氏は大憤慨。普段はオカルトを信じず、超常現象を解き明かす側の彼も、Cox博士の説は馬鹿げていると一刀両断。
(省略)

全文
http://www.gizmodo.jp/2017/03/ghosts-dont-exist-from-the-viewpoint-of-elementary-particle-physics.html



続きを読む
2017年03月18日
1 : 海江田三郎 ★ :2017/03/17(金) 21:24:09.66 ID:CAP_USER.net
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1050195.html


米国特許商標庁のサイトによると、SONYが3月2日付けで「NFC(近距離無線通信)におけるデータと電力の送受信法」という特許を出願していることが明らかになった(原題は「Configuration of Data and Power Transfer in Near Field Communications 」)。

 出願特許にはモバイル同士で電力をやり取りしている図が含まれており、将来的には「友人のスマートフォンから無線で電力を借りる」ということが可能になるかもしれない。

 2日(米国)に公開された特許は、「データ用と電力用の2種のアンテナを持った電気製品において、相互に通信しながら供給する電力を制御する」というもの。双方向に通信することで、電波強度や指向性を細やかに制御した送受電が可能な点が特徴的だ。

 出願特許は、同機能を持つ機器を複数利用することでantenna arrayと呼ばれるデバイス同士のグループ形成機能についても言及。グループ内の機器は双方向に通信可能なため、1台が離脱したとしても機能が保たれる。
 また、この双方向通信により、ユーザーはGUIを通じて電力の送受信をコントロールできるため、電力を盗まれる心配も無くなる。

 さらに、グループ内でスマートに電力を分配するシステムについて触れられている。コンセントとの接続や、内蔵バッテリなど、接続されているパワーソースの種類に応じてどのデバイスから優先的に電力を受信するかを自動で決定できる機能などが考えられている。



続きを読む
2017年03月16日
1 : ファイヤーバードスプラッシュ(catv?)@\(^o^)/ [sage] :2017/03/16(木) 17:00:52.20 ID:zgXioQVs0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
次世代の国産エネルギー資源として期待されるメタンハイドレートの商業化に向けて約50社が連携する。千代田化工建設や日揮などが参加する専門組織を4月に立ち上げ、海底掘削などの技術開発を急ぐ。政府も協力し、2023年以降の商業化を目指す。原子力や液化天然ガス(LNG)に代わる新エネルギーの商業化で世界的な主導権を握りたい考えだ。

 メタンハイドレートは、分解すると天然ガスの成分のメタンガスが得られる氷状…

メタンハイドレートで50社連携 千代田化工など、開発へ組織
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ02HZR_V10C17A3TJC000/



続きを読む
2017年03月13日
1 : ばーど ★[sage] :2017/03/13(月) 13:15:38.94 ID:CAP_USER9.net
全国に分布するワモンゴキブリは雌だけで3匹以上いると、雄と交尾せずに子孫を残す「単為生殖」が促進されるとする実験結果を、北海道大の研究チームが13日発表した。単為生殖できる他のゴキブリも同様の性質をもっている可能性がある。動物学専門誌に掲載された。 害虫駆除では雌のフェロモンで雄を引きつけて殺虫し、繁殖を妨げる方法があるが、ワモンゴキブリは雌雄両方の駆除を徹底しないと効果が小さいと考えられる。 チームはワモンゴキブリを▽雌雄1匹ずつのペア▽雌1匹だけ▽雌だけ2〜5匹−−など11パターンで、それぞれ14組以上を容器で飼育。複数の卵が入ったカプセルのような「卵鞘(らんしょう)」を形成するまでの期間を2回目まで調べた。 その結果、雌3匹以上では最初の形成が平均10日程度と1匹だけより3日程度早く、2回目では9日程度早くなった。15匹以上で飼育を始めたケースでは、雌だけで3年以上もコロニー(集団)を維持している。 匂いや物などを感じ取る触角を切除すると卵鞘形成が遅くなったため、単為生殖促進には触角で他の雌を確認することが必要だと考えられるという。チームの西野浩史・北大助教(神経行動学)は「集団のケースで単為生殖が進むのは、子の生存率が高くなるからではないか」と話す。【大場あい】 2017年3月13日 11時02分(最終更新 3月13日 12時38分) 毎日新聞 ニュースサイトで読む http://mainichi.jp/articles/20170313/k00/00e/040/183000c

続きを読む
2017年03月09日
1 : ウエスタンラリアット(catv?)@\(^o^)/ [sage] :2017/03/09(木) 19:41:51.02 ID:YEwZaFJ10.net BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
火星環境でじゃがいもは育つか。国際じゃがいもセンター、数千種から選り抜いたタフな品種で栽培実験
http://japanese.engadget.com/2017/03/09/potato/


ペルー・リマにある国際じゃがいもセンター(CIP)が、火星の大気環境を模した実験室内で、じゃがいもの生育実験を実施しています。目的はもちろん、宇宙飛行士が火星でじゃがいもを生産できるかを確かめるため。

研究チームは現在、いくつかの品種を実験室内の畑に植え付け、育ちの良さを比較しようとしています。

火星でジャガイモ栽培というと、映画「オデッセイ」でのエピソードが思い当たります。しかし、あれはハビタット(居住空間)内、つまり地球環境を模した環境でのジャガイモ栽培であり、きちんとやれば育ってあたりまえ。一方、研究チームが実験しているのは素の火星環境、つまり大気全体の量が少ないうえに二酸化炭素の割合が非常に高い状態での栽培実験です。

植物は光が当たっていれば光合成によって水と二酸化炭素から糖類を生み出し、その過程で酸素を放出します。しかし、日の当たらない夜間では逆に酸素を消費します。一方、火星では水がほとんどなく気温も低いため、夜間に野ざらしにすれば、映画に出てきたようにあっという間に凍結してしまうはずです。

ところが、CIPの研究員はじゃがいもの種類によっては極限環境に適応可能な遺伝子を備えるものがすでに見つかっているとしており、初期段階の実験ではまずペルー南部にある高塩分濃度の土壌を使って塊茎がきちんと育つことを確認しました。

じゃがいもはたくさん収穫できて高カロリーという利点があります。より少ない農地でより多くのカロリーを作り出せるという点では理想的ともいえる植物と言えるでしょう。

現在研究チームが取り掛かっている火星環境栽培実験では、初期に選別した上部な品種の塊茎がどこまでまともに育つかを確認しようとしています。もしこのじゃがいもが無事に実をつけるならば、火星だけでなく将来の地球で気候変動が激しく悪化したとしても人類を生き延びさせてくれるかもしれません。




続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク