科学・技術

2020年02月28日
1 : cure happy ★[sage] :2020/02/27(木) 23:52:18.75 ID:IcLx7mNX9.net
地球の周りを回っている「第2の月」が見つかった。小惑星や彗星(すいせい)を捜索している米アリゾナ大のカタリナ・スカイ・サーベイが発見し、国際天文学連合が25日に発表した。

 直径2〜3メートルの小惑星が地球の重力に捕まり、3年ほど前から地球を回る衛星になっていたらしい。ただ、軌道が極めて不安定で、数カ月後には再び遠くへ飛んで行ってしまうとみられる。

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00000057-asahi-soci




続きを読む




2020年02月27日
1 : ガーディス ★ :2020/02/27(Thu) 05:14:16 ID:haKWAiJg9.net
昨年2019年後半から急速に暗くなり始めたオリオン座の赤色超巨星「ベテルギウス」。ベテルギウスはいつ超新星爆発が観測されてもおかしくないとされており、いよいよその時が近づいたのかと話題になっていましたが、直近の観測では昨年から続いていた減光が止まり、増光に転じつつある様子が明らかになっています。

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00010002-sorae_jp-sctch

オリオン座の巨星に異変、超新星爆発が近い?
ベテルギウスが観測史上異例の暗さに、爆発の前兆か、専門家に聞いた
2020.01.06

https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/20/010600006/




続きを読む
2020年02月25日
1 : ニトロスピラ(東京都) [DE] :2020/02/25(火) 15:02:24 BE:292723191-PLT ID:R35E73Kz0.net
米航空宇宙局(NASA)は24日、火星探査機「インサイト」の観測データ分析から、火星で「地震」が起きていることが確認されたと発表した。火星での地震発生は以前から可能性が指摘されていたが、直接観測されたのは初めて。分析結果は同日付で英科学誌ネイチャーなどに掲載された。

(省略)

全文
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022500753&g=int




続きを読む
2020年02月21日
1 : カウロバクター(光) [AU][sage] :2020/02/21(金) 18:42:43 BE:969416932-2BP ID:YLMaxBbM0
東ソーは21日、感染が拡大する新型コロナウイルスについて、検出試薬の開発に着手したと発表した。試薬を開発できれば、同社の遺伝子検査装置と組み合わせて約50分でウイルスの有無を調べることできる。関係機関の協力を得て、2年以内の医療現場への提供を目指す。 

(省略)

全文
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022100939&g=eco




続きを読む
2020年02月20日
1 : 朝一から閉店までφ ★ :2020/02/19(水) 09:07:12 ID:CAP_USER.net
2020年2月18日(火)18時30分
松岡由希子

ニューズウィーク日本版

<カリフォルニア大学デービス校の研究者が、熱放射型光起電力と放射冷却の概念を応用した「夜間光電池」を開発した......>


太陽光発電は、地上に降り注ぐ太陽光を活用した発電手法として広く用いられてきた。世界全体の太陽光発電の導入量は2017年時点で100ギガワット(GW)に達している。しかし、太陽光発電は、日中しか発電できないというデメリットがある。そこで、太陽光発電とは真逆のアプローチにより、夜間に発電する代替的な発電手法が考案された。

(省略)

全文
https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2020/02/post-92434.php?page=1




続きを読む
2020年02月19日
1 : 次郎丸 ★ :2020/02/19(水) 00:03:43 ID:9BnSrVQp9.net
米中2強、資金力突出 日本は技術競争退場の危機
2020年2月18日 23:00 [有料会員限定記事]

米国と中国が激しく覇権を争う先端技術の開発で、日本の存在感の低下に歯止めがかからない。世界のテクノロジーの潮流から脱落する危機が迫る。

政府が1月に決定した「量子技術イノベーション戦略」。世界に後れる現状に危機感を示すとともに、異例の反省が盛り込まれた。「政府全体として必ずしも整合性ある取組が行われてこなかった」。次世代の高速計算機、量子コンピューターなどの量子技術は米中が開発にしのぎを削る主戦場だが、日本は戦う体制すら整っていなかった。

全米科学財団によると、民間を含む研究開発費の世界首位は米国で5490億ドル(約60兆円、2017年時点)。中国も4960億ドルに達する。日本は1709億ドルで米中の3分の1だ。もはや資金力の差は埋めようがない。科学技術立国の幻想にとらわれ、あらゆる研究を望み続けたらいずれの成果も取り損ねる。

(省略)

全文
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55791350Y0A210C2MM8000/




続きを読む
2020年02月18日
1 : 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/02/01(金) 01:21:24.362 ID:3vYKwIVf0
なぞすぎる
もう何も信じられない




続きを読む
2020年02月06日
1 : シネココックス(東京都) [BR] :2020/02/06(Thu) 16:15:29 BE:439992976-PLT ID:Qk9m0LeZ0
深層学習による赤外線画像のカラー化技術を開発

−赤外線画像から可視光カラー化した画像の色再現性の大幅な改善−


■ポイント
・赤外線暗視画像から可視光カラー化した画像の色再現性を深層学習により大幅に改善
・リアルタイムで赤外線動画のカラー化が可能
・視認性の高いセキュリティーカメラや夜行性動物の生態記録などへの応用に期待

■概要
国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)
分析計測標準研究部門【研究部門長 野中 秀彦】ナノ分光計測研究グループ 永宗 靖 主任研究員は、多層の人工ニューラルネットワークを用いた深層学習による赤外線画像の可視光カラー化技術を開発した。これにより、これまでモノクロや近似的なカラーでしか表示できなかった赤外線暗視画像を、可視光下での色に非常に近いカラーで表示することができるようになった。

<省略>

■今後の予定
今後は、深層学習のモデルの高度化やビッグデータを収集し学習させることで、汎化性の向上や画質の改善、より完全に近い色再現の実現を試みる。


<画像>




全文
https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2020/pr20200206/pr20200206.html




続きを読む
2020年02月05日
1 : ばーど ★[age] :2020/02/05(水) 14:57:19 ID:gBcGN8PE9.net
米国のドナルド・トランプ大統領は議会に対し、米国が人類初の水星着陸及び月面着陸を行うための有人飛行「アルテミス計画」への予算を要求した。

(省略)

トランプ大統領はまた、同計画予算拡充はアメリカが水星に最初に国旗を立てる可能性を保証するとした。

(省略)

全文
2020年02月05日 14:35 スプートニク
https://jp.sputniknews.com/us/202002057077263/




続きを読む
2020年02月03日
1 : スピロケータ(北海道) [FR] :2020/02/03(月) 16:11:14 BE:422186189-PLT ID:SLInIB7Y0.net
2019年10月に台風19号が上陸し、各地に甚大な被害をもたらしたことは記憶に新しい。
こうした洪水被害が毎年のように発生している背景には、地球温暖化に伴う異常気象があり、全国への防災情報の提供を目指した取り組みとして、リアルタイムに河川の増水や氾濫状況を予測するシステム「全国版リアルタイム氾濫予測システム」の実用化に期待がかかりそうだ。

現在は1時間先を予測でき、最新のベクトル型スーパーコンピューターを活用すれば6時間先までも見通せるといい、さらなる高度化が進められている。

(省略)

全文
https://www.sankeibiz.jp/business/news/200128/cpc2001281100001-n1.htm




続きを読む
2020年02月03日
1 : クロマチウム(宮崎県) [US] :2020/02/03(月) 15:55:21 BE:512899213-PLT ID:fnBr8hIv0.net
“衝撃”の事実! ジョギング・ウォーキングの効果は、脳への“衝撃”によるものだった!!
頭への適度な“衝撃”が脳機能を調節・維持することが明らかになった!!!


(省略)

全文
https://research-er.jp/articles/view/85686

論文はこちら
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2589004220300584




続きを読む
2020年02月03日
1 : 朝一から閉店までφ ★ :2020/01/31(金) 23:19:11.96 ID:CAP_USER.net
TECHNOLOGY 2020/01/31

point
・熱を放射することで、夜間でも電力を生成できる新しいデバイスが開発された
・日陰に設置するだけで、1日中電力を生成できる

太陽電池はクリーンで非常に便利な発電システムです。しかし安定した電力供給源である一方、どうしても日照時間に影響されてしまいます。

「日照時間に影響されない太陽電池」があるなら、より安定して電力を供給できるでしょう。

なんだか一見矛盾に満ちたアイデアのようですが、実際にカルフォルニア大学の電子工学科の教授ジェレミー・マンデーらの研究によって、太陽を必要としない太陽電池が開発されました。

新しい太陽電池は、熱を放射することによって、夜間でも電流を生成できるとのこと。一体どのような仕組みなのでしょうか。

(省略)

全文
https://nazology.net/archives/51619


夜も発電できる夜間太陽電池





続きを読む
2020年02月02日
1 : ミクロコックス(家) [NL][sage] :2020/02/02(日) 21:34:40 BE:754019341-PLT ID:uepe4Ds+0.net
海の酸性化でカニの甲羅が溶けている、米研究者が指摘

海の酸性化が進んだことにより、米国の西海岸に生息するカニの甲羅が溶け始めていることが最新の研究で明らかになった。

(省略)

全文
https://forbesjapan.com/articles/detail/32062




続きを読む
2020年02月01日
1 : 樽悶 ★[sage] :2020/02/01(土) 19:58:29.15 ID:Uv9uY8iE9.net
アフリカ人のDNAにもネアンデルタール人の痕跡が残っているとする研究論文が発表された/PIERRE ANDRIEU/AFP/AFP/Getty Images



(CNN) 現生人類の遺伝子情報について、アフリカ人のDNAにもネアンデルタール人の痕跡が残っているとする研究論文が、30日刊行の学術誌に掲載された。これで地球上のすべての地域の現生人類からネアンデルタール人のDNAが見つかったことになる。

(省略)

全文
1/31(金) 13:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-35148770-cnn-int




続きを読む
2020年02月01日
1 : ヨーロッパヤマネコ(東京都) [JP] :2020/01/31(金) 23:33:15 BE:292723191-PLT ID:4oRr3Pll0.net
史上最高の解像度で撮影された太陽表面の画像が、米国立太陽天文台(National Solar Observatory)によって公開された。ダニエル・K・イノウエ太陽望遠鏡(Daniel K. Inouye Solar Telescope)で撮影したもので、30キロメートル規模の様子が史上初めて捉えられた。

(省略)

全文
https://www.afpbb.com/articles/-/3265988





続きを読む
2020年01月25日
1 : ウンピョウ(ジパング) [US] :2020/01/24(金) 22:50:00 BE:842343564-2BP ID:A9TSSREk0
東大、熱を一方向のみに伝えるナノチューブ新素材を開発   

東京大学の研究者らがカーボンナノチューブを用いて、ある方向に沿っては熱を伝えるが、その垂直方向にはほとんど熱を伝えない新素材を作り出すことに成功した。コンピューターなどのデバイスの冷却システムを設計・構築する方法に影響を与えそうだ。


https://www.technologyreview.jp/s/175967/a-nanotube-material-conducts-heat-in-just-one-direction/



TOP画像はFF5。



続きを読む
2020年01月20日
1 : 猪木いっぱい ★[sage] :2020/01/19(日) 23:30:16.09 ID:thDc2Tu69.net
新しく設立されたテクノロジー企業であるMojo Visionは、世界初の真にインテリジェントなコンタクトレンズであると主張する機能を持つ製品のプロトタイプを発表しました。

このスマートレンズは基本的に、目に装着できる小型のスクリーンです。同社は、道順やスポーツの結果を提供したり、暗闇の中で見ることさえできると言っています。基本的に、それはミニコンピューターです。これの一番いいところは?誰もそれがそこにあることを知ることはありません!人々がそれを見ることができないように設計されており、製品とマーケティングの上級副社長であるスティーブ・シンクレアによると、同社は相互作用も非常に微妙で、目の動きだけで行われ、誰もいないことを保証したあなたの存在を実感してください。

このタイプの技術には多くの用途があり、可能性は無限であることは言うまでもありません。しかし、規制や基準を遵守するFDAの完全な承認を含む、リリースする前にまだやるべきことがたくさんあります。

特徴

目に見えないことに加えて、コンタクトレンズも目立たないでしょう。目の前の画面が絶えず情報を提供している可能性がありますが、これは会社が望んでいるものではありません。したがって、ユーザーに必要なデータを提供するのは、必要のないときにユーザーを攻撃するのではなく、必要なときに必要なときにだけです。これは特に重要です。なぜなら、スクリーンはコンタクトレンズであるため、目を閉じても表示されたままになるからです。

このすべての背後にある技術も非常に興味深いです。スマートレンズの真ん中にあるのは、14,000インチ/ピクセル(ppi)のピクセル密度を持つ小型のMicroLEDスクリーンです。これは実際、同社によると世界記録です。簡単に比較すると、新しいiPhone 11の網膜のクリスタルスクリーンのピクセル密度はわずか323 ppiで、これはレンズに比べて小さいものです。

ジェームズ・ボンドの映画のように見えますが、このコンタクトレンズは現実のものになりつつあり、多くの人が考えるほど遠くないかもしれません。まだプロトタイプ段階ですが、完全に機能しています。FDAの承認といくつかの荒削りな部分を提出することは別として、ほとんど準備ができています。視覚障害者を対象とする最終製品は、人々の生活を永遠に変える可能性があり、これは非常に刺激的な視点です!

google翻訳

https://misterio.tv/ciencia/el-fin-de-los-smartphones-se-presenta-prototipo-de-una-lente-de-contacto-inteligente


https://youtu.be/tHj_QFFGnyw




続きを読む
2020年01月20日
1 : 靄々 ★ :2020/01/19(日) 22:00:30.61 ID:r0BYc1pl9.net
「悪臭カメムシはミントが苦手」高校生が論文、大学から優秀賞

(省略)

全文
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/126190
2020年1月19日 10:00 京都新聞


実験でミントの成分を染み込ませたろ紙を避けるカメムシ=園部高提供





続きを読む
2020年01月20日
1 : 田杉山脈 ★ :2020/01/19(日) 11:50:14.77 ID:CAP_USER.net
東レは衣料など商品の在庫管理などに使うICタグを、1枚2円以下と従来の5分の1程度のコストで生産できる技術を開発した。情報などを記録する集積回路を特殊な素材で直接印刷し生産工程を大幅に減らせる。ICタグはあらゆるモノがネットにつながる「IoT」にとって重要な部品だ。価格が大幅に下がり、関連サービスの普及を後押しすることになる。

(省略)

全文
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO54575500Y0A110C2MM8000/




続きを読む
2020年01月19日
1 : ごまカンパチ ★[sage] :2020/01/19(日) 20:25:26 ID:4NjidQ3B9.net
 形状を変化させられる翼のおかげで、飛行機よりも早い飛行や急角度での旋回、効率的な滑空ができる鳥。
発明家たちは航空機時代が始まって以来、そんな鳥のように俊敏に飛ぶ飛行機の建造を目指してきたが、実現に一歩近づいた。

米スタンフォード大学(Stanford University)の研究チームは16日、普通のハトの死骸の翼を研究し、その成果を用いて本物の羽根40枚で作られた翼を持つ
無線操縦ロボット「ピジョンボット(PigeonBot)」を製作したと発表。

(省略)

全文(リンク先に動画あり)
https://www.afpbb.com/articles/-/3263997




続きを読む
2020年01月19日
1 : 首都圏の虎 ★[sage] :2020/01/19(日) 15:20:28.26 ID:MJzI/daO9.net
「BONX」は、2014年にスノーボーダーで起業家の宮坂貴大氏が創業し、「雪山で、滑りながら話したい」という思いから最先端の技術を結集した、革新的な通話テクノロジー。イヤフォンを装着すればグループ通話ができるトランシーバーで、なんと距離は無制限。その驚きのテクノロジーで、前モデルの「BONX Grip」は、2015年のクラウドファンディングで当時の日本のIoT製品史上最高額を記録しています。

今回登場した「BONX mini」(6980円? 1月19日現在)は、それをさらに小型化・軽量化し、低価格化を実現させた新モデルです。

(省略)

全文
2020年1月19日 15時0分
https://news.infoseek.co.jp/article/goodspress_274953




続きを読む
2020年01月18日
1 : おちんちん ◆d9eTMNEKrI (SIM) [EU] :2020/01/18(土) 14:01:54 BE:547841423-PLT ID:
 1万5000年前、チベット高原の水が凍結し、氷河となった。そのとき、無数の微生物がそこに閉じ込められた。その多くはもはや死んでしまったが、そのゲノムはその後も長く留まり続ける。2015年、アメリカと中国の研究者が氷河の50メートル下から発見したものがそれだ。

 それから5年が経過した今、28グループの未知のウイルスが見つかったと『bioRxiv』において報告された。

(省略)

全文
http://karapaia.com/archives/52286763.html




続きを読む
2020年01月16日
1 : ニライカナイφ ★ :2020/01/16(Thu) 17:07:04 ID:cmahdaur9.net
クボタは15日、京都市伏見区の京都パルスプラザで農業機械などの製品展示会を開催した。国内で農業の担い手不足が進む中、省人化や作業効率の改善につながる自動運転機能を搭載した製品を多数出展。平成30年に放映されたドラマ「下町ロケット」で自動運転農機の提供や技術指導を行った同社の最新技術を紹介した。

(省略)

全文
https://www.sankei.com/west/news/200115/wst2001150029-n1.html




続きを読む
2020年01月15日
1 : ヒョウ(栃木県) [JP] :2020/01/15(水) 15:47:57 BE:886559449-PLT ID:acihRGxg0
Googleが「瞬時に天気予測が可能なシステム」を開発

正確な天気予測は「非常に難しい」とされていますが、機械学習は天気予測の精度を向上させることができるのではないか、とかねてから研究者は指摘してきました。Googleがこのアプローチに着手しており、新たな論文によると、Googleの研究者は最大6時間後までの正確な降雨予測を1km単位で「毎分」計算できる技術を開発したとのことです。

(省略)

全文
https://gigazine.net/news/20200115-weather-forecasts-google-ai/




続きを読む
2020年01月13日
1 : :2020/01/13(月) 15:24:37.33 ID:WHDr1cvi0
野口悠紀雄氏「20年後には日本人が中国に出稼ぎする」

 中国を中心に今後の世界経済について、野口悠紀雄・一橋大名誉教授にインタビューした。野口氏は「日本は既得権益を持っている人たちが新しい技術の導入に反対して足を引っ張っている」と述べ、規制緩和で新たな産業を創出すべきだと主張した。【聞き手は経済プレミア編集長・川口雅浩】

 ――ここ数年の中国の技術的進歩には目を見張るものがあります。

(省略)

 ――中国の成長はいつまで続くのでしょうか。

(省略)

 ◇なぜ「カエル跳び」起きないか

 ――優秀な技術者が世界から中国に集まるということですか。

(省略)

 ――日本で中国の「カエル跳び」のような技術革新が起きないのはどうしてでしょうか。

 ◆日本は既得権益を持っている人たちが新しい技術の導入に反対しているからだ。例えばライドシェアリングの技術はあっても、日本はタクシー業界が反対しているので導入できない。既得権益が足を引っ張っている。

 ◇日本社会を変えるには

 ――日本社会を変える必要があるということですか。

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00000011-mai-brf




続きを読む
2020年01月12日
1 : しじみ[sage] :2020/01/12(日) 02:22:48.09 ID:RqEtffBB9.net
→宇宙は加速膨張しており、その原因は検出できない暗黒エネルギーと言われている
→これは宇宙のどの位置でも光度が一定になるという天体a型超新星の観測から明らかとなった
→今回の研究はa型超新星が常に一定という理論を否定しており、そのため暗黒エネルギーも否定されるという

(省略)

■そもそも「暗黒エネルギー」とは何なのか?

(省略)

全文
https://nazology.net/archives/50296




続きを読む
2020年01月11日
1 : :2020/01/11(土) 21:10:58.41 ID:zXSqTDbt0.net BE:323057825-PLT(12000)
東京医科歯科大学は、皮膚から放出される、極めて微量な血中由来揮発成分を検知し、濃度分布をリアルタイムに画像化する「ガスイメージング装置(探嗅カメラ)」を開発した。

(省略)

全文
皮膚から放出される微量なガスを可視化する装置を開発
https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2001/10/news051.html




続きを読む
2020年01月06日
1 : :2020/01/06(月) 18:33:14.31 ID:39GweoFL0
南極もシロクマも異常なし 温暖化ホラー話の大嘘
まやかしの世界規模キャンペーン「地球温暖化問題」(後編)



 世界の気温がまた最高を記録! 極地の氷が消える! 海面が上がる! シロクマがあぶない! アル・ゴア元米副大統領やグレタ・トゥーンベリさんなど「地球温暖化脅威論」派の環境活動家は、CO2が地球の気温を上げるせいで災いが次々に見舞うと煽り立てる。しかし本当にその通りなのか。ジャーナリストのマーク・モラノ氏が、よく聞く温暖化ホラー話の一部をとり上げて科学事実と比べてみたら・・・。(JBpress)

(省略)

全文
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58761



関連

偽善の「CO2削減」活動家に踊らされてはいけないまやかしの世界規模キャンペーン「地球温暖化問題」(前編)
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/58462



続きを読む
2020年01月05日
1 : [sage] :2020/01/05(日) 18:05:49.68 ID:z2Dh5H8J0.net BE:754019341-PLT(12346)
拒否されてもめげないオスの求愛、メスは結局受け入れる…仕組み解明

 メスがオスの求愛をいったん拒否した後、受け入れて交尾する脳の仕組みをショウジョウバエの実験で明らかにしたと、名古屋大のチームが発表した。哺乳類にも似た構造があり、人の愛情や絆が生まれる仕組みの解明につながる可能性があるという。論文が2日付の米科学誌「カレント・バイオロジー」に掲載された。

(省略)

全文
https://www.yomiuri.co.jp/science/20200104-OYT1T50148/




続きを読む
2020年01月05日
1 : :2020/01/05(日) 10:00:22.99 ID:AgSMCtqQ0.net
ストレスを受けた植物は「超音波の悲鳴」を上げていると研究で判明

人間はイライラしたり怒ったりした時に叫び声を上げることがありますが、イスラエル・テルアビブ大学の研究チームが行った実験から、「植物もストレスにさらされた際に超音波の悲鳴を上げている」ことが判明しました。

(省略)

全文
https://gigazine.net/amp/20200104-plants-scream-face-of-stress?__twitter_impression=true




続きを読む
2020年01月04日
1 : しじみ[sage] :2020/01/04(土) 23:05:33.37 ID:gZxoN51y9.net
英ブリストル大学とデンマーク工科大学の研究グループから、ふたつのコンピューターチップ間で量子テレポーテーションすることに史上初めて成功したと報告があった。

 それによると、物理的にも電気的にも接続されていないというのに、チップからもう一方のチップへと瞬時に情報を転送することができたそうだ。

 量子コンピューターや量子インターネットの可能性の扉を開くブレイクスルー(飛躍的な進歩)だという。

(省略)

全文
http://karapaia.com/archives/52286147.html




続きを読む
2020年01月04日
1 : 靄々 ★ :2020/01/04(土) 21:05:27.53 ID:8BjamRcr9.net
SFを超えた世界が待っている?--2020年代に実現するかもしれないテクノロジー

ある意味、SFの世界であれこれと予言されてきた未来は、既に到来しているとも言える。人の遺伝子改変、コンピューターとの対話、林の中を走り抜けたり後方宙返りしたりするロボットなどはもう現実だ。

(省略)

全文


https://japan.cnet.com/article/35147280/

2020年01月03日 07時30分





続きを読む
2019年12月28日
1 : ニライカナイφ ★ :2019/12/28(土) 22:23:52.98 ID:Z9CIDjBc9.net
■ 「デザイナー・ベビー」が夢物語ではない時代だからこそ考えるべきこと

平均より背の高い人がいれば、大きな腰、明るい色の髪、長いつま先、平たい足を持つ人たちもいる。こうした私たちの見た目に遺伝子が関係していることに異を唱える者はいない。しかし、知能はどうだろう。遺伝による性質と言えるのだろうか。

(省略)

■ 超秀才の遺伝子を集めてふるいに

ヘイスティングス・センターの生命倫理学者がこの問題に関わるようになったのは2014年のこと。ある著名な行動遺伝学者が、全米から優秀な子どもたちを集める米ジョンズ・ホプキンス大学の研究機関「センター・フォー・タレンテッド・ユース(CTY)」に、研究協力を依頼したことがきっかけだった。

中学1年生(7年生)で大学進学適性試験(SAT)で高得点を獲得し、高知能と認定されたCTYの卒業生たちを研究したい。そのために、ホプキンス大の優秀な学生も含め、できるだけ多くの超秀才ゲノムを集めてふるいにかけ、知能遺伝子だけを見つけ出そうというその内容に、関係者は困惑した。

協力すれば、何か不適切なことに手を貸すことにならないだろうか。そもそも、この要請や、彼の遺伝子研究自体に怪しい点はないのだろうか。考えあぐねたCTYは、ヘイスティングス・センターにアドバイスを求めた。

知能の遺伝子を研究することは、多くの思いもよらない結果を招きかねないとソロモン氏は説明する。例えば、「どのような子どもを誕生させることができるか、遺伝子のレベルでコントロールできるようになれば」親子の絆の質まで変えてしまうかもしれない。

■ 扱うには危険すぎる?

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191228-00010002-nknatiogeo-sctch




続きを読む
2019年12月28日
1 : :2019/12/28(土) 15:14:41.49 ID:MzaU5dbS0
動画
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1210559936364601344/pu/vid/1280x720/ZblUR76VjgGj64BF.mp4


中国最大の運搬ロケット、打ち上げ成功−火星探査に向けた重要な一歩

中国は27日、最大の国産運搬ロケット「長征5号遥3」の打ち上げに成功した。火星探査を目指す中国にとって重要な一歩となる。

(省略)

全文
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-12-28/Q3763YDWLU7S01




続きを読む
2019年12月28日
1 : 百武彗星(雲) [EU] :2019/12/28(土) 12:52:44 BE:228348493-PLT ID:iys6EJKj0.net
ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことがわかった

<スタンフォード大学の研究チームがヒトの血漿タンパク質を分析したところ、老化は一定のペースで継続的に進行するのではないことがわかった ......>

血中のタンパク質の測定によってヒトの健康状態を診断できることは広く知られているが、このほど、血中のタンパク質レベルによって、ヒトの年齢を精緻に予測できることがわかった。

◆老化は一定のペースで継続的に進行するのではない

(省略)

全文
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/12/346078.php




続きを読む
2019年12月28日
1 : :2019/12/27(金) 23:54:50.64 ID:ELQaz06w0.net
広島大学の木村昭夫教授の研究グループは、ロシア・サンクトペテルブルグ大学やスペイン・ドノスティア国際物理センターなどとの国際共同研究として、「反強磁性トポロジカル絶縁体」を世界で初めて発見した。

 トポロジカル絶縁体は、物質内部は電気を通さない絶縁体だが、表面では金属的な振る舞いを示すもの。このトポロジカル絶縁体に磁石の機能を加え、全く新しい現象が予測・発見されている。一つは「量子異常ホール効果」と呼ばれ、

(省略)

全文
世界初、反強磁性トポロジカル絶縁体を広島大学などが発見
https://univ-journal.jp/29603/




続きを読む
2019年12月27日
1 : :2019/12/27(金) 17:48:00.52 ID:z4c8EX/z0
オリオン座のベテルギウスに異変、超新星爆発の前兆か 天文学者

(CNN) 冬の夜空に赤く輝くオリオン座のベテルギウスが、この数カ月間で急激にその明るさを失っているとする観測結果がこのほど発表された。天文学者らは超新星爆発を起こす前触れの可能性があると指摘している。

(省略)

ベテルギウスは地球からの距離が約700光年と、太陽系を含む銀河系の中でかなり近くにある恒星の1つ。誕生から900万年ほどが経過しているとされる。通常、このサイズの星が1000万年を超えて存在し続けることはなく、今後20万〜30万年の間に超新星爆発を起こしてその一生を終えるとガイナン氏は見ている。

(省略)

全文
https://www.cnn.co.jp/fringe/35147489.html




続きを読む
2019年12月26日
1 : サンダージョー ★ :2019/12/26(Thu) 09:20:56 ID:CAP_USER.net
2019年12月23日





 中国で “人工太陽”に火が灯ろうとしている。太陽で起きている反応を再現する核融合装置が完成しようとしているのだ。

 2020年には核融合炉の運転が可能になるそうだ。

 その人工太陽のプラズマの温度は最高で2億度になると予想されている。太陽核の温度が約1500万度とすると、その約13倍だ。

 これが本当に成功すれば、ほぼ無限で、しかもクリーンな夢のエネルギーが実現するという。

(省略)

全文
http://karapaia.com/archives/52285858.html
https://www.youtube.com/watch?v=t9XCEwC4tDM




続きを読む
2019年12月25日
1 : [sage] :2019/12/25(水) 20:50:31.17 ID:PeaoOA480.net BE:194767121-PLT(12001)
「手術後癒着」が形成される分子機構を世界で初めて解明 兵庫医科大学

(省略)

全文
https://univ-journal.jp/29631/




続きを読む
2019年12月24日
1 : :2019/12/24(火) 16:30:51.90 ID:GY6mcitM0.net
ソニー、CMOS画像センサー生産「まだ足らない」−新工場稼働でも

大阪に関西初のCMOSイメージセンサー設計開発拠点を開設



作り切れない需要、年末年始も24時間フル稼働−5Gスマホ向け
長期的には自動運転や遠隔医療向け需要も、関西で初の設計開発拠点

(省略)

全文
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-12-23/Q2QK5EDWRGG001




続きを読む
2019年12月24日
1 : レグルス(ジパング) [KR] :2019/12/24(火) 12:41:12 BE:842343564-2BP ID:KT3zrMPT0
究極のエネルギー「核融合」阪大が一歩前進

太陽が熱を出す仕組みを用いた未来のエネルギーとして期待される「レーザー核融合」大阪大学などの研究グループが世界一の効率で超高温・超高圧を実現させることに成功しました。

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191224-00030943-mbsnewsv-soci




続きを読む
2019年12月22日
1 : 海王星(SB-iPhone) :2019/12/22(日) 05:06:53 BE:659060378-2BP ID:SQm/c1VS0●.net
中国が他の国際プロジェクトより5年も早い2020年に、核融合炉「中国還流器2号M(HL-2M)」を稼働させると発表しました。

(省略)

全文


https://gigazine.net/amp/20191220-china-artificial-sun-fusion



画像




続きを読む
2019年12月21日
1 : スピカ(やわらか銀行) [US] :2019/12/21(土) 00:58:49 BE:487816701-PLT ID:ucmgpnGo0
【超悲報】グレタさん効果で欧州で原発推進の世論が高まってしまう【原発村の姫】

グレタさんの国連演説などを契機に地球温暖化リスクへの意識が世界各国で高まりつつあるが、それを背景に欧州では原発推進派が影響力を増し
脱炭素エネルギーの有力な解決策として原発を推進する世論や政府内の動きが強まっている。EU首脳は2050年までに全面的に脱炭素エネルギーへ転換するための解決策の
一つとして原子力を含めることに最近、合意した。またドイツでは福島原発事故を受けて原発全廃をエネルギー政策の柱としていたが
最近の地球温暖化への意識の高まりを受けて原発全廃を見直す声が国内で高まり、政府与党内でも原発全廃を見直す動きが浮上しつつある。
グレタさん自身もIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の「原発は脱炭素エネルギーの大いなる解決策」という主張を自身のFBで紹介・言及するなど
原発を容認する立場を表明している。実際にグレタさんの祖国スェーデンでも温暖化対策の目玉として原発を推進すべきだという世論が多数派になりつつあるなど、
グレタさん旋風は福島事故後の「脱原発」の潮流から原発の維持・推進へと舵を切る契機になりつつある。
原発業界もこうしたグレタさんの地球温暖化反対キャンペーンの効果を歓迎し、グレタさんへの支持を打ち出し、温暖化対策の切り札として原発を積極的にアピールしている。




続きを読む
2019年12月20日
2019年12月19日
1 : :2019/12/19(木) 21:50:48.06 ID:zObAG7rg0
6000年前の女性はこんな顔 石器時代のDNAを入手

これが、6000年前にスカンジナヴィア地方で暮らしていた女性の顔だ。

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191219-50835534-bbc-int




続きを読む
2019年12月19日
1 : :2019/12/19(木) 14:57:33.23 ID:zObAG7rg0
「100個の星が突然消えた」ことが判明、地球外生命体の証拠となる可能性も

20世紀の古い天体観測データと21世紀の新しい天体観測データを比較する研究により、わずか数十年間で100個もの星が不可解に消失していることが判明しました。自然現象による消失や誤観測の可能性もあるものの、研究者は「地球外知的生命体による何らかの活動の痕跡」という可能性も排除していないそうです。

(省略)

全文
https://gigazine.net/amp/20191218-weird-vanishing-stars-potentially-aliens




続きを読む
2019年12月18日
1 : しじみ[sage] :2019/12/18(水) 17:02:02.96 ID:RCS8J07F9.net
■「全くもって不思議」と地質学者、隕石衝突の研究者が偶然見つける 


(省略)

全文
ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/19/121700734/




続きを読む
2019年12月18日
1 : :2019/12/17(火) 23:15:37.26 ID:EsNquAxQ0.net
夜空の星に一般から募集して名前をつける国際的なキャンペーンで、日本が担当した2つの星はアイヌ語や沖縄のことばから、「Kamui」と「Chura」という名前に決まりました。

(省略)

全文
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191217/k10012218541000.html




続きを読む
2019年12月16日
スポンサードリンク
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク