科学・技術

2017年05月22日
1 : 名無しさん@涙目です。(東日本)@\(^o^)/ :2017/05/22(月) 18:39:54.57 ID:BYBSB3ll0.net BE:837857943-PLT(16930)?PLT(16930)
東京大学大学院薬学系研究科の小山隆太准教授、池谷裕二教授らは、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の神経細胞を、マウスの脳の海馬上で一緒に培養し、より成熟した神経細胞を作り出すことに成功した。ヒトとマウスという異種間での移植が可能なことを示唆する。パーキンソン病や脊髄損傷など、神経細胞が失われる脳神経疾患の治療につながる可能性がある。

(省略)

全文
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00428895


ヒトiPS細胞由来の神経細胞をマウスの海馬切片で一緒に培養すると、より海馬領域に特異的な神経細胞へと分化した




続きを読む




2017年05月15日
1 : 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ :2017/05/15(月) 20:58:06.07 ID:CAP_USER.net
人工の「太陽」 ドイツの科学者が開発進める
3時間前

ドイツ・ケルン近郊ユーリッヒにあるドイツ航空宇宙センターの研究者らは人工の「太陽」の開発を進めている。自然の太陽の1万倍の照度を持つ設備には149基の映写機用ランプが使われている。
http://www.bbc.com/japanese/video-39918667




続きを読む
2017年05月12日
1 : ノチラ ★ :2017/05/12(金) 09:24:41.84 ID:CAP_USER.net
(省略)

そんな時代になったのか、と驚かされる。いまや生物学の主流はビッグデータだ。生物学者は研究室に通いつめ、生命体からデータを引き出す。「CRISPR-Cas9[日本語版記事]」のような新たな研究ツールの登場により、ますますデータは増える一方だ。ウデシも以前はExcelで自分の研究データを管理していたが、ここ5年でデータセットは急激に巨大化した。「1万5,000件のデータポイントを手作業で確認するなんて、もはや不可能なのです」と彼女は言う。すべてを分析するためには、生物学者は自分の実験にあわせたプログラムを自分で書くしかない。

全文
http://wired.jp/2017/05/11/biologists-teaching-code/




続きを読む
2017年05月12日
1 : ノチラ ★ :2017/05/12(金) 09:28:37.72 ID:CAP_USER.net
(省略)

■日本勢みな韓国LGパネル…差別化へ「テクニクス」音響技術を搭載

(省略)

ただ、販売面で日本勢は厳しい競争を強いられそうだ。平成27年から日本での販売を始めたLG電子の有機ELテレビの市場価格は下落しており、ヨドバシカメラマルチメディア梅田(大阪市北区)では、55型で36万円前後(税込み)で販売される製品もある。同じ型で74万7980円(同)で売られている東芝製品の半値の水準だ。

パナソニックとソニーが発売する有機ELテレビの市場想定価格(税抜き)は55型が50万円前後、65型が80〜90万円前後。LG電子との価格差は大きいものの、パナソニックの筒井俊治事業部長は「他社にまねできない技術で、価格の安い商品に対抗できる自信がある」と話している。

全文
http://www.sankei.com/west/news/170510/wst1705100086-n2.html




続きを読む
2017年05月07日
1 : :NGNG?PLT(16000).net
(省略)

オランダの研究者が900人の男性と女性を対象にMRIスキャンを行い調査したところ、男性の脳は女性の脳に比べて14%大きいという研究結果が得られたという。さらにIQは男性の方が3.75程上ということもわかった。

しかし記憶力は女性の方が良いことがわかっており、脳を効率的に使っているという。

(省略)

全文
http://gogotsu.com/archives/28744





続きを読む
2017年05月07日
1 : :NGNG?PLT(14015).net
土星の輪の内側、何も無い広大な空間 探査機カッシーニ

AFP=時事 5/6(土) 20:11配信

【AFP=時事】米航空宇宙局(NASA)の無人探査機カッシーニ(Cassini)は、土星の輪の間への突入を2回終えたが、その広大な未踏の空間にはほぼなにもないことがNASAの研究者らによって明らかにされた。

 NASAの研究者らは、これまでに土星の輪の間で宇宙塵(じん)すら見つかっていないことに驚いているという。

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00000033-jij_afp-sctch




続きを読む
2017年05月04日
1 : ばーど ★[sage] :2017/05/04(木) 19:17:53.55 ID:CAP_USER9.net
資源エネルギー庁は、日本の近海に分布する、天然ガスと水が結びついたメタンハイドレートについて、4年ぶりにガスの取り出しに成功したと発表しました。

発表によりますと、独立行政法人の石油天然ガス・金属鉱物資源機構は、4日午前10時ごろ、愛知県と三重県の沖合で、水深1000メートルの海底からさらに350メートルほど掘った地層にあるメタンハイドレートからガスを取り出すことに成功しました。

メタンハイドレートは、天然ガスと水が結びついてシャーベットのような状態になった天然資源で、日本近海に広く分布していると見られ、純国産のエネルギーとして実用化が期待されています。この海域には、国内の天然ガス使用量の10年分に相当するガスを含むメタンハイドレートがあると試算されていて、4年前に世界で初めてガスの取り出しに成功しましたが、ガスを引き上げるパイプに砂が入るトラブルがあり、6日間で作業を終了しています。

(省略)

配信 5月4日 18時13分

NHK NEWS WEB ニュースサイトで読む
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170504/k10010970831000.html




続きを読む
2017年05月02日
1 : :2017/05/02(火) 00:25:00.13 ID:qHBGP+iD0.net BE:135853815-PLT(12000)?PLT(12000)
イモムシがレジ袋を食べることを確認 - プラスチックごみの生物分解に期待

ケンブリッジ大学などの研究チームは、ハチノスツヅリガの幼虫が、レジ袋の材料としても使われるポリエチレンを食べることを確認したと報告した。ポリエチレンは難分解性のプラスチックであり、プラスチックごみによる環境破壊の原因として問題になっている。今回の発見は、プラスチックの生物分解処理技術につながる可能性がある。研究論文は、生物学誌「Current Biology」に掲載された。

ハチノスツヅリガ(Galleria mellonella)の幼虫は、釣り餌として養殖されている「ブドウムシ」に近い種類の虫で、ハチの巣に寄生し、蜜ろうを食べて成長する。研究チームは、このハチノスツヅリガの幼虫をレジ袋に入れておくと、40分から1時間程度で袋に大きな穴が開くことを確認した。

(省略)

通常、ポリエチレンが環境中で分解されるのには、100〜400年かかるとされる。今回の発見は、ポリエチレンの新しい分解処理技術につながるのではと期待されている。

http://news.mynavi.jp/news/2017/05/01/229/




続きを読む
2017年04月27日
1 : 野良ハムスター ★[ageteoff] :2017/04/27(木) 13:29:36.68 ID:CAP_USER9.net
核融合発電の実現を目指す自然科学研究機構核融合科学研究所(岐阜県土岐市)の大型ヘリカル装置(LHD)が1億度を超えるイオン温度を達成した、と同研究所が21日に発表した。同研究所は実用化に必要とされる1億2千万度に近づく成果としている。

(省略)

全文
http://news.mynavi.jp/news/2017/04/26/072/




続きを読む
2017年04月23日
1 : 朝一から閉店までφ ★@\(^o^)/ :2017/04/22(土) 22:01:37.32 ID:CAP_USER.net
<カリフォルニア大学バークレー校とMITの共同研究チームは、太陽エネルギーを使って大気中から水を収集するデバイスを開発した>

大気には、窒素や酸素などのほか、約1〜4%程度の水蒸気が含まれており、地球全体におけるその総量は13兆リットルにのぼる。では、これら大気中の水を効率的に集め、貴重な水資源として生かすことはできないだろうか。

カリフォルニア大学バークレー校とマサチューセッツ工科大学の共同研究チームは、2017年4月、太陽エネルギーを使って大気中から水を収集するデバイスを開発した。砂漠のように湿度20%くらいの地域でも、1日2.8リットルの水を集めることができるという。

(省略)

Pulling drinkable water out of dry air
https://youtu.be/dvwmZKqPgKQ


(省略)

全文
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7442.php




続きを読む
2017年04月13日
1 : ベクトル空間 ★ :2017/04/12(水) 23:28:09.60 ID:CAP_USER9.net
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201704/0010088695.shtml

(全文はリンク先を見て下さい)

ウマは人の心を理解して行動している−。神戸大のグループは、ウマが困ったときに人に助けを求め、しかもその行動は、相手の持っている情報量に応じて変化させていることを確認した。こうした高度な能力はチンパンジーなど霊長類で知られていたが、ウマでは研究が進んでいなかった。「よく『ウマは人の心を読む』といわれるが、それを科学的に検証する成果」とする。(武藤邦生)

(省略)

ウマには届かない場所に好物のニンジンを置き、行動を観察。飼育担当者がそばに寄ると、飼育担当者を「触る」「見る」ことを確認した。それらの頻度は、エサがないときより多く、「自分で解決できない問題に直面し、人にシグナルを送ったと考えられる」とリングホーファーさんは説明する。

続いて、人の心を理解しているか実験。バケツにニンジンを入れるところを飼育担当者が見ていなかった場合、その過程を見ていた場合よりも多くのシグナルを送り、飼育担当者が知らないエサの存在を伝えようとしていた。相手の知っていることに応じて行動を変えたことから、人を理解する社会的知性を発達させていることが明らかとなった。

(省略)

全文
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201704/0010088695.shtml




続きを読む
2017年04月12日
1 : ローリングソバット(catv?【緊急地震:奄美大島近海M4.9最大震度3】)@\(^o^)/ :2017/04/12(水) 22:57:25.99 ID:/8ei7Wdx0.net BE:323057825-PLT(12000)
?PLT(12000)
(省略)

 約100億年の寿命と言われる太陽に対し、質量が大きく、核融合反応が激しいベテルギウスの寿命は僅か1000万年ほどといわれているが、それもすでに99.9%が尽きており、いつ超新星爆発を起こしてもおかしくない状況にある。さらには、いま見えているベテルギウスの光は642光年前のものであるため時間差で観測できないだけで、すでに消滅してしまっている可能性まであるというのだ。

(省略)

 もしもガンマ線バーストが直撃してしまったら、地球環境を有害な紫外線などから守っているオゾン層が破壊され、電子機器が壊滅的被害を受けるのみならず、人間をはじめとした生物も遺伝子が損傷し、がんや染色体異常が多発することになると言われている。

【悲報】もうすぐ“2つ目の太陽”出現、遺伝子損傷で地球滅亡! 太陽の900倍の巨星「ベテルギウス」が爆発寸前!
http://tocana.jp/2017/04/post_12900_entry.html






続きを読む
2017年04月11日
1 : フライングニールキック(北海道)@\(^o^)/ :2017/04/11(火) 13:39:52.97 ID:sEd88M3n0.net BE:422186189-PLT(12015)
?PLT(12015)

http://www.gizmodo.jp/2017/04/google-deep-dream-bob-ross.html




続きを読む
2017年04月07日
1 : エルボーバット(茸)@\(^o^)/ :2017/04/07(金) 20:07:01.50 ID:+xjxc5L00.net BE:155743237-PLT(12000)
?PLT(12000)
脳内で記憶の固定化、過程を解明...利根川教授ら〔読売新聞〕
2017.04.07 15:00

ワシントン=三井誠】脳内で短期的な記憶が長期的な記憶に変わって固定化される過程を明らかにしたと、米マサチューセッツ工科大(MIT)の利根川進教授と北村貴司研究員らが7日付の米科学誌サイエンスに発表する。

研究チームは、箱の中に入れたマウスに電気刺激を与えた後、マウスがそれを思い出して身をすくめる際に、脳内で記憶を担う神経細胞がどのように働いているかを観察した。

その結果、

(省略)

全文
https://medical-tribune.co.jp/news/2017/0407506936/





続きを読む
2017年04月06日
1 : 曙光 ★[sage] :2017/04/06(木) 14:17:09.53 ID:CAP_USER9.net
2016年にカリフォルニア大学から「速読」に関するレビュー論文が出た
深い理解を保ったまま読書のスピードが上がるという科学的な根拠はないそう
真の速読とは、せんじつめれば「飛ばし読み」の技術に過ぎないという


「速読」は科学的に不可能だと証明される。最も有効なのは「飛ばし読み」スキルを上げること

続きはソースで
http://news.livedoor.com/article/detail/12898121/




続きを読む
2017年04月05日
1 : ちくわ部φ ★[ageteoff] :2017/04/05(水) 19:21:32.23 9.net
地上に縛りつけられた生活から抜け出し、空中に浮かぶビルで自由に暮らせたら――。そんな願いをかなえる未来型の建物の構想が発表され注目を集めている。

米ニューヨークの建築事務所「クラウズ・アーキテクチャー・オフィス(CAO)」が発表した
「アナレンマ・タワー」はなんと、地球周回軌道に乗せた小惑星からケーブルでビルをつり下げるという構想だ。

(省略)

発想のきっかけを問われた設計担当者は「人類が洞くつを出た時から、我々の建物はより高く、より軽く進化してきた。いつか建物が地面から離れ、我々が洪水や地震、津波の被害から解放される日が来ることを信じている」と答えた。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35099308.html





続きを読む
2017年04月05日
1 : ウエスタンラリアット(やわらか銀行)@\(^o^)/ :2017/04/05(水) 11:24:07.01 ID:Rp4KcNiD0?2BP(1501)
去年末に廃炉を決定した高速増殖炉もんじゅに代わる新たな高速炉開発の技術的検討を担う実務者会議が経済産業省で30日、スタートした。

政府は、もんじゅの後継となる新たな高速炉の研究開発を進める方針を去年末に決定している。30日に発足したのは実務者会議で、経済産業省が主催し、文部科学省、三菱重工、電気事業連合会などの各代表が参加する。

日テレNEWS24
http://www.news24.jp/articles/2017/03/30/06357792.html


今年度前半に有識者への聞き取り調査を実施し、2018年中に今後10年間の方向性を定めた工程表を完成させる。

会合では、従来の原発に比べて、どの程度の発電コストを目指すのかといった経済性などの開発目標を議論する。フランスと共同開発する実証炉「ASTRID 」や、再稼働を申請した高速増殖炉開発の実験炉「常陽」 、もんじゅの廃炉など、課題ごとにチームを結成して具体的な活用方法を検討する。

SankeiBiz(サンケイビズ)
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/170331/mca1703310500003-n1.htm


※一部抜粋、全文はソース元で

TOP画像はもんじゅ



続きを読む
2017年04月05日
1 : ニライカナイφ ★ :2017/04/04(火) 22:33:26.22 ID:CAP_USER9.net
【ガチ】「全宇宙の68%が存在しない可能性」シミュレーションで判明! 物理学界に激震中!!

20年にわたり科学者を悩ませてきた謎の「暗黒エネルギー」がやはり存在しなかった可能性が浮上、全宇宙の実に68%は科学者の頭の中にしか存在しなかったかもしれない、という驚きの研究結果が明らかになった!

■ダークエネルギー(暗黒エネルギー)とは?

(省略)

■革命的な「ダークエネルギー不要説」

(省略)

全文
http://tocana.jp/2017/04/post_12815_entry.html

http://tocana.jp/2017/04/post_12815_entry_2.html




続きを読む
2017年04月02日
1 : トペ スイシーダ(宮城県【12:32 宮城県震度1】)@\(^o^)/ :2017/04/02(日) 12:45:49.63 ID:pzWvgang0●.net BE:601381941-PLT(13121)
?PLT(13121)
超流動ヘリウムにブラックホールと類似の性質-「ホログラフィック原理」か

バーモント大学の研究チームは、ブラックホールの研究によって発見された「面積則」と呼ばれる性質が、極低温の超流動ヘリウムにおいても現れることを確認したと発表した。量子コンピュータで利用される「量子もつれ現象」の理解や、一般相対性理論と量子力学を統合する量子重力理論の構築などを進める上で、役立つ知見になると期待される。研究論文は、物理学専門誌「Nature Physics」に掲載された。


球体状のヘリウム原子集団(緑)とその外側を取り囲むより大きなヘリウム原子集団(青)のあいだに
ブラックホールと同様の「面積則」が成り立つ(出所:バーモント大学)

ブラックホールの面積則とは、ブラックホールのエントロピーが、ブラックホールの体積ではなく表面積に比例するという性質である。ある量の情報がブラックホールの内部に吸い込まれたとすると、ブラックホールがもつエントロピーはその分だけ増加する。面積則によれば、このときのエントロピーの増分は、ブラックホールの体積増加ではなく表面積の増加として表される。

(省略)

今回の研究では、ブラックホールのこうした奇妙な性質との共通性が、超流動ヘリウムという、実験室で扱うことのできる現実の物質で見つかった点が注目される。

(省略)

この計算の結果、原子集団の情報量は、球体の体積ではなく表面積によって決定されることがわかったという。ブラックホールの場合と同様に、ヘリウム原子の集団でも、三次元空間の状態が二次元表面に完全に記録された一種のホログラフのような性質が成り立つことがわかる。

(省略)

全文
http://news.mynavi.jp/news/2017/03/31/028/




続きを読む
2017年03月31日
1 : 膝十字固め(北海道)@\(^o^)/ :2017/03/31(金) 11:38:59.25 ID:bY58HYGS0.net BE:422186189-PLT(12015)
?PLT(12015)
人工知能研究者たちがAIに言語を理解させるべくしのぎを削っているが、元アニメーターのロボットエンジニア、イゴール・モルダッチは、まったく新しいやり方でその目標を達成しようとしている。

会話のパターンを学ばせるだけでなく、「独自の言語」を覚えさせるというものだ。

全文
http://wired.jp/2017/03/30/bots-learn-speak-language/




続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク