食生活

2017年03月28日
1 : 朝一から閉店までφ ★[sage] :2017/03/27(月) 20:23:44.77 9.net
03月26日 16:30レタスクラブニュース
(画像)
焼き鳥では塩派とタレ派が拮抗している?/(画像:y kawahara from Flickr, CC BY 2.0)
(レタスクラブニュース)

焼き鳥や目玉焼きなどの料理でよく「なにをかけて食べる?」ということが話題になります。中でも「塩派」は一定の勢力を持っているようで、様々な料理で「通なら塩」というセリフもよく聞きますよね。実際、塩派やそれ以外派の人達はどんな意見を持っているのでしょう。

■「何にでも塩をかける」のは通ぶってる?

(省略)

■「何をかける」論争は日本でしか起こらない!?

日本に住んでいるとよく耳にするこの議論ですが、実はこれは世界的には珍しい論争なのかも。というのも、例えば中国では「調味料は料理を作るときに使うもので、後からかけるものではない」そうで、テーブルの上にソースなどの調味料を置いておくこともあまりないとのこと。

2012年に放送された情報番組「ZIP!」では、日本ではおなじみの「ピザにタバスコ」がイタリアでは驚きの食べ方だということが紹介されました。こちらも「シェフに敬意をはらって、あとから自分で味付けはしない」という文化があるためだそうです。一方、イギリスやアメリカなどは、調味料を後から料理に使う文化があり、ネットなどで「フライドポテトに合う調味料は何か?」といった議論もまれに起こっている様子。

思わずムキになってしまう人も多い「何をかける」論争ですが、実は、日本人の食への好奇心・探究心の強さをあらわしているのかもしれませんね。

全文
【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】
http://news.goo.ne.jp/article/lettuceclub/life/lettuceclub-104632.html

(c) KADOKAWA CORPORATIONcNTT Resonant Inc.




続きを読む




2017年03月26日
1 : ナガタロックII(秋田県)@\(^o^)/ [sage] :2017/03/26(日) 19:24:31.82 ID:VkHHKD/v0.net BE:194767121-PLT(12001)
?PLT(12001)

発表したのは「Consortium on Health and Ageing Network of Cohorts in Europe and the United States」(CHANCES)呼ばれる、欧州18カ国と米国が共同で行っている疫学研究プロジェクト。論文は、『European journal of clinical nutrition』(オンライン版)に2月22日掲載された。

 
今回の研究は、CHANCESのデータベースから飲酒量を報告した6万2458人のデータを含む、欧州のコホート研究10件について分析したものだ。

 フォローアップ期間中の2型糖尿病発症については、診断書または「診断された」という自己申告で確認した。

 さらに、摂取したアルコール総量の70%以上がビール・ワイン・蒸留酒のいずれかである場合に「嗜好あり」と定義し、それぞれ酒類と糖尿病発生との関連性を調べた。

 解析の結果、酒の嗜好が特にない人を1とした場合、糖尿病を発症するリスクは、ビールを嗜好する人で1.06、ワインで0.99、蒸留酒では1.19と、ほぼ差がなかった。

 つまり、ビールやワイン、蒸留酒を好んで飲む人と、いろいろな酒類をまんべんなく飲む人を比べたら、糖尿病のリスクに違いがなかったわけだ。


http://biz-journal.jp/2017/03/post_18460.html




続きを読む
2017年03月26日
1 : ビッグブーツ(愛知県)@\(^o^)/ :2017/03/26(日) 19:06:48.98 ID:SS4yiGfw0●.net BE:544270339-PLT(13000)
?PLT(13000)

東洋大学 自動車部(川越) @tuac1485
本日の鍋二郎報告です



https://twitter.com/tuac1485/status/836558075121156097




続きを読む
食生活 | 社会│19:33│コメント(25)

2017年03月25日
1 : muffin ★@\(^o^)/ :2017/03/25(土) 15:20:22.76 ID:CAP_USER9.net
http://www.jprime.jp/articles/-/9305

2017/3/25

 『ZIP!』(日本テレビ系)ではおなじみの、速水もこみちの人気料理コーナー『MOCO'Sキッチン』。毎回オリーブオイルを大量に使う“もこみち流”の斬新な料理が大人気。そんな彼に思わぬクレームが届いたことがネットで話題になったという。

 《朝の情報番組に、人気俳優の出ている料理コーナーがある。そこで使われているオリーブオイルの量は、料理一品に対して多すぎるのではないか。オリーブオイルは体に良いものであっても、使い過ぎるとどうなのか。そもそも、安価で簡単に手に入るものなのか疑問だ。視聴者の健康や家計などに配慮するべきではないか》

 ここまで丁寧に書かれれば、誰のことを言っているかは一目瞭然!これは『BPO』にメールや電話などで寄せられた『視聴者意見』の中からホームページ上に抜粋されたもの。2月にはさまざまな番組について1713件もの意見が寄せられた。

 都内にあるイタリア料理店のシェフは、「本場のイタリアンでは、あれくらいのオリーブオイルを使うことは全然普通ですよ。むしろ作るものによっては、足りないくらいです」
 と速水の肩を持つが、ニュースはひとり歩きし広まった。クレームを送りつける視聴者心理はどんなものなのか。家族問題評論家の池内ひろ美氏に読み解いてもらった。

「相手にミスがあると感じ、自分が正しいと持論が展開できれば、何でもいいのだと思います。速水さんの場合も、健康を盾に取って揚げ足取りをしているだけなんです。現実に自分がオリーブオイルを1本使うことはないとわかっていても、クレームを言えるチャンスを逃さないんです」

 今後については「メディアがいきすぎたクレームに屈して“誤った表現がありました”と謝罪すると、クレーマーにとって成功体験になります。逆に、正当なクレーム以外が放置されるとわかると、つまらないクレームは減っていくと思いますね」と見通す。




続きを読む
2017年03月25日
1 : 海江田三郎 ★ :2017/03/24(金) 21:35:57.77 ID:CAP_USER.net
http://www.narinari.com/Nd/20170342937.html



トイレの排水などの下水からビールを作り、実際に販売しようというニュースが話題を呼んでいる。米カリフォルニアにあるストーン醸造所が先日、下水処理水を使用して「フル循環ビール」を作り、イベントでサンディエゴ市長らほか、多くの人たちにふるまった。サンディエゴでは2021年までに、使用される水の3分の1を生活排水などのリサイクルでまかなう計画を立てており、今回のビールはその計画の一環だという。


実際にビールを造った醸造所の職人は、最初美味しいビールが造れるかどうか懐疑的だった。実際、浄水には味が足りないと感じたらしく若干塩を入れたとのこと。だが完成したビールは今まで作った中でも3本の指に入る傑作で、飲んだ人たちからも「信じられない、うまい」「傑出した美味しさだ」と好評だったそうだ。

ネットでは
「アメリカのビールはもともと小便みたいなものだからな」
「水の節約はいいことだ。値段が安ければ尚いいが」
「正直、おいしければ気にならないよ」
「これ自宅でもできないかな。そうすれば飲み放題、出し放題なんだが」
「一度飲んでみたい」
といった様々な意見が寄せられているようだ。




続きを読む
2017年03月23日
1 : シャイニングウィザード(東京都)@\(^o^)/ :2017/03/23(木) 11:27:08.34 ID:V+HVjVuz0.net BE:373518844-PLT(14931) ポイント特典
北海道札幌市の飲食店で理不尽な扱いを受けたという情報がTwitterに出回り、騒然となった。
(略)
90分食べ放題の「デザートフォンデュ ビュッフェ」を利用したという。小麦アレルギーを持つ妹と共に店を訪れたが、最初に出てきたのは小麦を使用した菓子ばかりだったというのだ。それらを一通り食べ終わらなければ次の注文をできないと、店員に言われたそうだ。
(略)

そして、ようやくフルーツを注文。ところが、注文から10分以上も待たされた末に出されたのは、4つに切り分けたイチゴ1個だけが乗った皿だったという。あっという間にそれを食べ終えて改めて注文したら、12分も待たされて、イチゴ1個が乗った皿が再び出てきたとのこと。それらを撮影した画像を掲載した上で店名を公開し、「二度と行きません」と批判した。

(略)
22日、当サイトでは店に事情を尋ねた。
(略)
女性のツイートには、菓子が盛られた皿の画像しか掲載されていないが、実際には菓子に続いて、各種のフルーツが盛られた皿を提供したという。菓子に続いてフルーツという順番は、来店時に説明済みだったとのこと。また、追加注文の皿にイチゴ1個だけが乗っていたのは、女性がそれ以外に注文しなかったからであるという。追加注文は、菓子やフルーツなどの中から好きなものを頼める。ただし、1回の追加注文で頼めるのは、1種類につき1個ずつと決まっているという。つまり、追加注文の際には、複数の菓子やフルーツを同時に頼んで、それらが1個ずつ皿に盛られて提供されることを想定したものであるということだ。

10分以上待たせてしまったのは、店が大変混雑していたためであるという。ただし、注文から提供まで10分くらいかかることを、全ての客に対して入店時に説明してあったそうだ。このたびの件で、店が入る商業施設に女性から苦情が寄せられたとのこと。今後の対応を検討した結果、食べ放題メニューの提供を当面中止する予定であるという。

記事全文とそのほかの画像一覧 http://tanteifile.com/archives/5136


関連記事
2017-03-23 90分780円のデザート食べ放題に行った結果が酷すぎて炎上「10分以上待たされて出てきたのが苺一粒w



続きを読む
食生活 | 社会│12:09│コメント(89)

2017年03月22日
1 : アキレス腱固め(神奈川県)@\(^o^)/ [sage] :2017/03/22(水) 16:31:35.74 ID:5UvVtCNg0.net BE:695656978-PLT(12000) ポイント特典
http://news.livedoor.com/article/detail/12831715/


レストランは休業中 川越シェフが「世の中から忘れてもらいたい」


“イケメンシェフ”としてテレビ出演も多かったシェフの川越達也氏(44)が、代官山のレストラン「タツヤカワゴエ」を長期間にわたり休業していることが週刊文春の取材で分かった。川越氏は渋谷や白金台、出身地の宮崎などで手広くレストランや居酒屋を経営していたが、次々に閉店。「タツヤカワゴエ」は本店にあたる。

「タツヤカワゴエ」のHPには3月の営業について、別の事業に携わるため「お休みとさせて頂きます」と書かれている。しかし、都内の飲食店経営者はこう証言する。

「あの店は1年以上、事実上休業している状態です。川越氏はもはやレストランシェフとしての仕事はしていないようです」

 同店の近所の飲食店関係者などに聞いても、「ここ1、2年くらいは営業をしているのを見た記憶がない。昨年のクリスマスも真っ暗でした」と語る。

 HPや川越氏のブログを見ても、最近の仕事に関しては、宮崎での野菜などの通販事業やショッピングモールでの料理イベント、コラボメニューの開発などがいくつか確認できるくらい。あとはここ数年ハマっているというゴルフについて、専門誌で連載を持っている程度だ。シェフの仕事はどうなっているのだろうか。

 川越氏本人に聞くとこう答えた。

「もう僕は皆様に忘れていただきたくてしょうがなくて。家庭のことと子育てもありますし、出来ることなら世の中の人から、僕の存在は忘れてもらいたいくらいです」

 3月23日(木曜日)発売の週刊文春が詳細を報じる。



続きを読む
2017年03月21日
1 : バズソーキック(愛知県)@\(^o^)/ :2017/03/21(火) 01:31:15.15 ID:IswOw3GS0●.net BE:544270339-PLT(13000) ポイント特典
古き良き“情”の世界が残る大阪の「屋台ラーメン」


この道40年以上、屋台を引く棚倉さん

 最近、めっきり見かける機会が少なくなった流し屋台のラーメン屋。とりわけ、リヤカータイプの手押しとなるとずいぶん希少で、昭和世代にとっては、夜中になるとどこからともなく聞こえてくるチャルメラの音に、郷愁を感じる人も多いはず。そんな手押し屋台のラーメン屋を長年続けている会社が大阪にある。ラーメン「大統領」だ。

続き
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/664843/



続きを読む
2017年03月21日
1 : パイルドライバー(やわらか銀行)@\(^o^)/ [sage] :2017/03/21(火) 00:29:10.17 ID:S4WL7DRF0●.net BE:472367308-PLT(16000) ポイント特典
日本を代表する国民的ラーメン屋「ラーメン二郎」といえば、デカ盛りラーメンの聖地として多くのラーメンファンに親しまれている。皆さんも、食べたことがあるのではないだろうか。

・第二のラーメン二郎
そんなラーメン二郎には無数のインスパイア店が存在するが、なかでも有名なのが野郎ラーメン。複数の店舗展開を成功させており、ある意味、第二のラーメン二郎と言っても過言ではない。

・「二郎」ではなく「G郎」
そんな野郎ラーメンが、ラーメン二郎にケンカを売って……、いや、インスパイアしたラーメンを開発! その名も「鶏G郎」(トリジーロウ)として販売していることが判明した。どうして「二郎」ではなく「G郎」にしたのかは不明だが、やりすぎると反発を受けるからかもしれない!?

・エベレストのようなデカ盛りだ!
そのボリュームはまさにラーメン二郎的デカ盛り! ガッツリともやしメインの野菜が盛られており、肉がドドーンと野菜に寄りかかっている。まるで富士山、いや、エベレストのようなデカ盛りだ!

http://buzz-plus.com/article/2017/03/20/ramenjiro-yaroramen/







https://youtu.be/QnSyAVl075M



続きを読む
2017年03月20日
1 : フライングニールキック(北海道)@\(^o^)/ :2017/03/20(月) 19:49:05.12 ID:zAZDZczp0●.net BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
ランチタイムで混雑する回転寿司屋で、食べ終わったのに楽しそうにおしゃべりする女子大生たちーー。その後姿を見つめながら、都内のIT企業で働くHさんは、席が空く順番の列にイライラしながら並んでいた。

Hさんの食事が終わり、退店するころになっても、女子大生たちはおしゃべりを続けていた。Hさんは、牛丼屋や回転寿司などファストフード店では、食べ終わったら速やかに会計して退店するべきではないかと考えている。「特に混雑するお昼時で、並んで待つお客さんが大勢いるなら、なおさらではないでしょうか」と憤る。

(省略)

●客を退店させるかどうかは、店側の管理権限

「そもそも、こういったことは本来マナーの範ちゅうで考えるべきことで、法律的に強制するのは最後の手段と理解しておいて下さい。

(省略)

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00005802-bengocom-life



続きを読む
2017年03月19日
1 : ダイビングエルボードロップ(栃木県)@\(^o^)/ [sage] :2017/03/19(日) 09:42:15.36 ID:nTMW9KDs0●.net BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
もやし業界「窮状」訴えに驚きの声 「今までが安すぎた」「値上げしていい」

「もやし生産者の窮状にご理解を!」「このままでは日本の食卓から『もやし』が消えてしまうかもしれません」
――もやし生産者の業界団体が発表した声明に、反響が広がっている。

お手頃な値段のもやしは、庶民の味方としておなじみだ。しかしその「安さ」が災いして、コスト増に対応しきれず、廃業する生産者が相次いでいると団体は訴える。業界の思わぬ「窮状」に、消費者からは驚きの声が上がるとともに、「値上げしていい」「今までが安すぎた」など、生産者へのエールも出ている。

生産者、この8年でほぼ半減

続き
http://www.j-cast.com/2017/03/18293479.html



続きを読む
2017年03月19日
1 : ジャンピングエルボーアタック(やわらか銀行)@\(^o^)/ :2017/03/19(日) 01:40:49.25 ID:sa3C9iyD0?2BP(2525)
懐かしい味




続きを読む
2017年03月19日
1 : ファイヤーボールスプラッシュ(岡山県)@\(^o^)/ [sage] :2017/03/18(土) 22:41:56.54 ID:HY15cPhA0●.net BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典
>食べたいもの、飲みたいものがあれば下で買ってこいという、
>かなり大胆なスタイルの営業をしている。
>食べ放題は2690円、しかも3時間とかなりお得感がある。


>ロースやハラミ、その他もろもろの盛り合わせ。




http://nara.ikomap.com/?p=730



続きを読む
2017年03月18日
1 : 海江田三郎 ★ :2017/03/17(金) 20:36:38.97 ID:CAP_USER.net
http://www.newsweekjapan.jp/nippon/mystery/2017/03/188097.php


<訪日外国人観光客の増加につれ、クローズアップされる「お通し」トラブル。「なぜ払わなければいけないのか!?」
という不満の声は、実は外国人だけでなく日本人からも上がっている>

【シリーズ】外国人から見たニッポンの不思議ビザの緩和や免税制度の拡充を背景に増加し続ける外国人観光客。2016年の訪日外国人観光客数は前年比21.7%増で2400万人を突破し、4年連続で過去最高を更新するなど、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、さらなるインバウンド市場の拡大を期待する業界も多いことだろう。訪日の大きな目的である「グルメ」を提供する飲食業界もそのひとつ。近年では、よりネイティブな食文化を楽しみたいと、ガード下や横丁の焼き鳥屋や居酒屋で夕食を楽しむ外国人も増えている。

【参考記事】訪日外国人の胃袋をつかむ「食」のマッチングサービスそんな居酒屋でいま、客である外国人とのトラブルが多発しているという。居酒屋をはじめ、主に酒類を提供する日本の飲食店特有のシステムである「お通し」に関するいざこざだ。昨年末、沖縄の地元紙「琉球新報」が報じたところによれば、外国人観光客向けに沖縄観光をサポートする沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)には、居酒屋などのテーブルチャージやお通し代など、メニューに表示がない料金の請求に困惑する外国人から質問が寄せられており、同センターが詳細を確認して店側が非を認めた場合、返金する事例もあるのだという。店舗側からすれば、お通しは「注文した料理が出るまでの酒のつまみ」であり、「テーブルチャージ」の意味合いも含んだものというのが一般的な認識だ。しかし、その金額は300〜500円と料理1品と同等であるため、システムを理解していない外国人にしてみれば、「頼んでもいない料理になぜ料金を支払わねばならないのか!?」と、不満や憤りを覚えるのも当然だろう。英語のネット掲示板では「お通し」は「Compulsory Appetizers」、つまり「強制的な前菜」と翻訳され、たびたび非難の的となっている。

実のところ、そうした日本特有の「お通しシステム」には外国人はおろか、これまで当たり前のものと捉え享受してきた
日本人からも非難の声が上がり始めている。2009年にYahoo!が行った意識調査(回答数:76,339票)によれば
、「お通しは出して欲しい?」という質問に対し、「無料なら出して欲しい」が77%、「無料でもいらない」が17.3%と、実に94.3%が否定的な回答となった。来店後、おしぼりと一緒に提供されるお通しは、居酒屋でのお馴染みの光景である。この日本の飲食店特有のシステムであり文化は、本当に必要ないものなのだろうか。

(続きはサイトで)
http://www.newsweekjapan.jp/nippon/mystery/2017/03/188097.php



続きを読む
2017年03月14日
1 : ニールキック(愛知県)@\(^o^)/ :2017/03/14(火) 23:03:30.58 ID:0VYN86s10●.net BE:544270339-PLT(13000) ポイント特典
いか? @e60f4 3月13日
1000円のおまかせ握りと300円のカニ汁を頼んだらとんでもないのが出てきてひっくり返った

https://twitter.com/e60f4/status/841112490054311937



続きを読む
2017年03月10日
1 : ドラゴンスクリュー(愛知県)@\(^o^)/ :2017/03/10(金) 17:58:00.73 ID:FEi5DX2e0●.net BE:544270339-PLT(13000) ポイント特典
【名古屋デカ盛り列伝】完食すればタダ&無料券5枚進呈!『麺屋 あっ晴れ』2kg超の二郎系ラーメン「15ばか」に挑む!
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/1510001



ノーマルな「らーめん」(左)と「8ばか+でら盛り」(中)、「15ばか+でら盛り+全部のせ」。並べると、その大きさは一目瞭然。


大きさがわかるように、タバコの箱を置いてみた。



続きを読む
2017年03月10日
1 : 風吹けば名無し@\(^o^)/ :2017/03/10(金) 12:43:07.53 ID:3eXW4HEv0.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000001-jct-soci


 日本テレビ系情報番組「ZIP!」の人気料理コーナー『MOCO'Sキッチン』に対し、「オリーブオイルの量が多すぎる」と問題視する意見が放送倫理・番組向上機構(BPO)に寄せられた。



続きを読む
2017年03月10日
1 : 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ :2017/03/10(金) 02:38:01.52 ID:GbHux5GZ0●?2BP(2000)



続きを読む
2017年03月09日
1 : ウエスタンラリアット(catv?)@\(^o^)/ [sage] :2017/03/09(木) 19:41:51.02 ID:YEwZaFJ10.net BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
火星環境でじゃがいもは育つか。国際じゃがいもセンター、数千種から選り抜いたタフな品種で栽培実験
http://japanese.engadget.com/2017/03/09/potato/


ペルー・リマにある国際じゃがいもセンター(CIP)が、火星の大気環境を模した実験室内で、じゃがいもの生育実験を実施しています。目的はもちろん、宇宙飛行士が火星でじゃがいもを生産できるかを確かめるため。

研究チームは現在、いくつかの品種を実験室内の畑に植え付け、育ちの良さを比較しようとしています。

火星でジャガイモ栽培というと、映画「オデッセイ」でのエピソードが思い当たります。しかし、あれはハビタット(居住空間)内、つまり地球環境を模した環境でのジャガイモ栽培であり、きちんとやれば育ってあたりまえ。一方、研究チームが実験しているのは素の火星環境、つまり大気全体の量が少ないうえに二酸化炭素の割合が非常に高い状態での栽培実験です。

植物は光が当たっていれば光合成によって水と二酸化炭素から糖類を生み出し、その過程で酸素を放出します。しかし、日の当たらない夜間では逆に酸素を消費します。一方、火星では水がほとんどなく気温も低いため、夜間に野ざらしにすれば、映画に出てきたようにあっという間に凍結してしまうはずです。

ところが、CIPの研究員はじゃがいもの種類によっては極限環境に適応可能な遺伝子を備えるものがすでに見つかっているとしており、初期段階の実験ではまずペルー南部にある高塩分濃度の土壌を使って塊茎がきちんと育つことを確認しました。

じゃがいもはたくさん収穫できて高カロリーという利点があります。より少ない農地でより多くのカロリーを作り出せるという点では理想的ともいえる植物と言えるでしょう。

現在研究チームが取り掛かっている火星環境栽培実験では、初期に選別した上部な品種の塊茎がどこまでまともに育つかを確認しようとしています。もしこのじゃがいもが無事に実をつけるならば、火星だけでなく将来の地球で気候変動が激しく悪化したとしても人類を生き延びさせてくれるかもしれません。




続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク