2011年04月11日
1 : 名無しさん@涙目です。(埼玉県) :2011/04/11(月) 20:14:04.69 ID:ZrKU5wOs0● BE:1021324673-2BP(50)
震災直後から福島第一原発で行方不明となっていた2人の東京電力社員が、遺体となって見つかった。いずれも、同原発第一運転管理部に勤務する20代前半の男性である。

死因は多発性外傷による出血性ショック。死亡時刻は、津波直後の3月11日午後4時頃と推計されている。遺体が発見されたのは、3月30日。4号機のタービン建屋地下で見つかり、家族による身元確認の後、4月3日に東電によって発表された。

しかし、第一原発内に出入りする下請け企業の作業員たちの間では、かなり前から遺体の存在が確認されていたという情報がある。第一原発での作業を終え、新潟県柏崎市に避難しているある下請け企業の職員がいう。

「第一原発内で今も働いている同僚の作業員から聞いた話なんですが、3月20日ごろの段階で、建屋の内部は、津波の海水やレスキュー隊などの放水によって、プールのように水が溜まっている状態になっていた。

同僚は、その水面に、男性の遺体らしきものがぷっかりと浮いていたのを見たというのです……。作業員たちのうち何人かは、その遺体が遠目に見える状況の中、被曝に脅えながら作業を続けていたと聞いている」

これだけでは、その遺体が、今回見つかった2人のものなのかは確認できない。しかし作業員たちは、この遺体を見つけても手を出すことはできなかったようだ。

「作業員たちも被曝量を知らせるアラームを胸につけて、限られた時間内で復旧作業を行なっているため、遺体の回収まで手が回らなかった。仮に回収しようとしたとしても、放射能汚染された遺体の処遇を考えると、簡単には扱えないでしょう。だから、断腸の思いで見ているしかなかった」

この話だけでも、作業員たちが置かれている状況が、いかに過酷なものであるかがわかる。
http://news.livedoor.com/article/detail/5481940/

続きを読む




2011年04月10日
1 : 名無しさん@涙目です。(神奈川県) :2011/04/10(日) 22:02:45.49 ID:oydbmiuZ0● BE:336912858-BRZ(10475)
ドクター・中松氏「手応えはあった。本当に民意を反映しているのか疑問だ」
2011.4.10 21:51

 5度目の挑戦となったドクター・中松氏(82)は午後8時40分ごろ、世田谷区内の選挙事務所で「手応えはあったが、実際の結果が乖離(かいり)しているのは、今の選挙システムが本当に民意を反映しているのか疑問だ」と述べた。

 選挙戦で「強い防災都市東京」の構築を訴えてきた中松氏は、「今の東京では災害に弱い都市。今すぐ対策が必要」と強調。「これからも草の根で日本をよくする」と再起を誓った。


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110410/elc11041021530031-n1.htm

続きを読む
2011年04月10日
1 : 忍法帖【Lv=39,xxxPT】 (catv?) :2011/04/10(日) 15:11:58.89 ID:4KqAQCYE0● BE:1170576645-PLT(27617) ポイント特典
本部や会議が乱立…指揮系統、官僚も「不明」

東日本大震災への対応で、政府全体を指揮する「司令塔」が依然として見えてこない。政府内には「本部」や「会議」が乱立気味のうえ、菅首相はブレーンとして内閣官房参与を次々と任命するなど肥大化が続いている。菅首相がどう指導力を発揮するのか、正念場となる。



◆「何の会議」◆
「出席してても『これは何の会議だっけ』と思う」
国土交通省幹部は震災以来、対策本部などの会議に忙殺される官僚の気持ちをこう代弁した。

震災から1か月後の今、政府内では、「会議が多過ぎる」「指揮系統や役割分担がハッキリしない」など、「組織乱立」への不満が充満している。各組織の構成や仕事の内容を整理するために政府が作成した内部資料は十数ページに及ぶ。

対策本部は閣僚級だけで五つ。被災者受け入れ支援については、地震・津波なら「被災者生活支援特別対策本部」、原発事故による退避なら「原子力被災者生活支援チーム」に分かれる。省庁ごとの「縦割り」でなく、複数省庁による「横割り」組織の乱立には、「責任の所在がわかりにくくなり、かえって非効率だ」(政府筋)との指摘もある。

ある経済官庁幹部は、「ナントカ会議が多すぎて政府全体の優先順位が見えない。自民党政権時代は、党の部会で政治家同士が議論し合い、その場で役人に指示があったので、政治家の問題意識が顕在化して動きやすかった」と話す。民主党は、内閣と党の「政策決定の一元化」を掲げ、震災対応も党より政府主導で進んでおり、意思決定プロセスがわかりにくい。

震災1か月となる11日を機に、首相はさらに有識者らによる「復興構想会議」や閣僚級の「復興本部」(仮称)などを設置する方針だが、西岡参院議長は7日の記者会見で「会議が踊っている」と酷評した。

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866918/news/20110410-OYT1T00366.htm

>>2につづく

続きを読む
2011年04月10日
1 : ぽキール星人φ ★ :2011/04/10(日) 14:21:18.32 0

戦後65年間で最大の国難をもたらした東日本大震災。発生から1カ月という時間を経て、われわれ日本人は今、どんな場所に立っているのだろうか。

「われを失っていた」

揺れが収まるのとほぼ同時に爆発音があった。千葉県市原市の金融機関に勤める桑折雅彦さん(27)は職場の外へ出ると、数キロ先にあるコスモ石油の巨大な液化石油ガスタンクが炎上し、爆風が全身を覆った。空へと燃え上がる黒煙…。
あの瞬間、「何か大変なことが起きた」と悟った。

数日後、妻(27)と千葉市の自宅からスーパーへ走った。レジには行列ができていた。2リットル入り飲料水6箱(24本)、カセットコンロ用ボンベ15本、菓子パン10個、カップ麺5、6個を30分並んで買った。

「棚から持ち去られていく様子を見ていると、保存できるものは何でも買っておかなければという気になった。モノを少しでも手元に置いておきたかった」

dst11041001060002-p1


東日本大震災後、被災地から数百キロ離れた首都圏で起きた食料品や日用品の買いだめ。ガソリンスタンドでも行列ができた。

消費者庁によると、関東圏向けのガソリンと軽油はすでに、3月21日から平年並みの出荷量へ戻っている。飲料水は放射性物質(放射能)の影響で依然として平時の8倍の需要があり品不足が続くものの、食料品は納豆やヨーグルトなど加工工場の被災や計画停電のため減産が続く食品を除き平常に戻りつつある。

桑折さん宅の冷蔵庫脇には、ペットボトルや保存食が山積みになっていた。

「妻と『正直、むだに買いすぎたかもしれない』と話すことはある。あれは一体何だったのだろうと思うこともある。われを失っていたのかもしれません」

そーす MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110410/dst11041001060002-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110410/dst11041001060002-n2.htm


続きを読む
2011年04月10日
1 : 西独逸φ ★[sage] :2011/04/10(日) 09:04:26.70 ID:???0
9日午後1時10分ごろ、岐阜県下呂市小坂町落合の県道で、通行人の女性が「白骨死体がこの下にあり。110番願う」と書かれたメモを見つけ、下呂署に通報した。

県道の約10メートル下の斜面で一部が白骨化した遺体が見つかり、県道から投げ捨てられた可能性があるとして、県警は死体遺棄容疑で捜査を始めた。

県警の発表によると、遺体は成人とみられ、性別不明。周囲に女性用の衣服が散乱していた。

メモは、県道の中央付近に置かれた車の三角表示板に貼りつけられていた。

現場は、下呂市役所から北東約25キロの「濁河(にごりご)温泉」そばの山林。同県高山市や長野県境にも近い。

ソース
asahi.com  http://www.asahi.com/national/update/0409/NGY201104090022.html

続きを読む
2011年04月10日
1 : 名無しさん@涙目です。(東京都) :2011/04/09(土) 23:41:12.03 ID:Uj1NejbS0● BE:940837872-2BP(2)
被災地公衆便所で女性待ち伏せ男「ちっ!男だから無理だな」

 東日本大震災の被災地では、女性をターゲットにした強盗や強姦といった犯罪も危惧されている。地元歓楽街で働くホステス嬢の間では、「夜間外出する女性を狙ったレイプ集団がいる」といった話が、まことしやかに語られているという。

 自警団メンバーの青年はこう語る。

「夜に外を出歩いていて、急にお腹が痛くなった。公園の男性用トイレに入ろうとすると、ドアが開かない。壊れていると思って、やむを得ず女性用に入りました。すると、隣の男性用で、携帯電話でひそひそ話す男の声が聞こえる。

『ちっ! 男だから無理だな。戻るわ』

 そして足音が遠ざかった。もしその時、女性が来ていたらどうなっていたのでしょうか……ぞっとする」


 この青年は、当初は木刀を持って見回っていたが、この出来事を機にして、自警団の一員となった。巡回は主に、夕方以降に複数回。5人一組で構成され、地元警察官と連携をとってパトロールを行なう。

 実際に成果もあげた。仙台市宮城野区蒲生地区で自警団を結成した二瓶透さんがいう。「深夜、営業していないコンビニに侵入していた若者を捉えました。『何してるんだ!』と大声で叫び、取り囲んだら相手も観念しましたね」

 その後、自警団は、なすすべもない若者を警察に引き渡したという。


※週刊ポスト2011年4月15日号
http://www.news-postseven.com/archives/20110409_16879.html

続きを読む
2011年04月08日
1 : 名無しさん@涙目です。(愛知県) :2011/04/07(木) 23:57:43.79 ID:19RGtNZJ0● BE:149149229-2BP(6313)
宮城沖地震の想定震源域
だいたいこの辺↓深さ34km マグニチュード7.5クラス

1861年10月21日 前の地震から26.3年 M7.4程度
1897年2月20日 前の地震から35.3年 M7.4
1936年11月3日 前の地震から39.7年 M7.4
1978年6月12日 前の地震から41.6年 M7.4
http://ja.wikipedia.org/wiki/宮城県沖地震


今回の地震
↑のアスペリティの真上。深さ40km、マグニチュード7.4



だから何だって話だけどそういうことで



追記:東日本大震災の余震らしいです。
続きを読む
2011年04月07日
1 : 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) :2011/04/07(木) 16:34:54.17 ID:dxnzvBXp0 BE:314366764-PLT(13055) ポイント特典
エネルギー史における中東と先進国

原油が高騰してますねー。当然といえば当然。もう世界には石油しかないというこのタイミングで、産油国が政治不安にゆれているのですから。

ところで石油資源ってオイルショックの頃から「あと50年しか持たない」と言われ始めてました1974年ー1979年、既に35年前です。では今、石油はあと15年しかもたないと言われているでしょうか?

算数的にはそうなるはず。でも実は変わらず「石油資源はあと50年しかもたない」と言われてます。30年後にもたぶん「石油資源はあと50年」と言ってるんでしょう。なんで?結局、永久にもつのか??

何が起こっているかというと、石油の埋蔵量自体は「いっぱい」あるんです。でも、その時点の科学技術をもって計測できない埋蔵量は、理屈としては「ない」とされます。加えて、30年前の技術で採掘可能であった石油と、今の技術で採掘できる石油の量も違う。昔は、深ーい海の底まで掘ることはできませんでした。

(つづく)

http://news.livedoor.com/article/detail/5472573/

続きを読む
2011年04月07日
1 : 名無しさん@涙目です。(愛知県) :2011/04/07(木) 00:01:29.54 ID:Hq5tTFAu0● BE:2093548984-2BP(2)
NHKの期待背負うヒロイン井上真央、制服姿“解禁”も

 NHK連続テレビ小説「おひさま」の平均視聴率は初回(4日)が関東18・4%、関西15・6%(ビデオリサーチ調べ)と、前作「てっぱん」(関東18・2%)を上回り、まずまずのスタートをきった。第6回(9日放送)からヒロイン・陽子を演じる女優、井上真央(24)が登場する。すでに芸歴18年の井上は、映画、CMでも引っ張りだこで、“新人の登竜門”のイメージが強い朝ドラでは異色。新時代のドラマ女王となるか。



http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110406/enn1104061604015-n1.htm

続きを読む
2011年04月06日
1 : ☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★[off_go@yahoo.co.jp] :2011/04/06(水) 13:05:07.27 ID:???0
・元気があれば、復興もできる。元プロレスラーのアントニオ猪木(68)が5日、東日本大震災で多大な被害が出た福島県いわき市と宮城県東松島市の避難所4か所を慰問。ミネラルウオーター3万リットル、真っ赤な闘魂タオル5000本、ダウンジャケット500着などの支援物資を送った。さらに希望した被災者約30人に、ビンタを見舞って復興へ立ち向かう闘魂を注入した。

 「元気ですかーッ」。いわき市立江名中学校の体育館で猪木が絶叫すると、避難生活を送る約90人の被災者から拍手が巻き起こった。「足りないものはありませんか」「困っていることはないですか」と声をかけ、握手しながら回った。

 闘魂注入ビンタに、被災者への愛情と復興への思いやりを込めた。津波で自宅が半壊し、通学する同校で避難所生活を続ける高久麻衣さん(14)の前に仁王立ちした猪木は「願いごとを思い浮かべて。行くぞ!!」とピシャリ。感極まった高久さんは、泣き崩れて「衝撃で何も頭に浮かびませんでしたが、これで元気に始業式を迎えられそう」と話した。東松島市の災害対策本部では自衛官にも闘魂を注入した。



 慰問には、新日本プロレスの後輩、蝶野正洋(47)やIGF所属の猪木門下レスラー4人も帯同。東松島市では“ご当地レスラー”のザ・グレート・サスケも参加した。いわき市立藤原小で猪木に闘魂タオルを首にかけてもらった60代の女性は「前に進む元気をもらいました」と感激。闘魂注入を受けた整体師の松崎仁美さん(20)は「放射能で避難していますが、やっと気持ちがスッキリしました」と話した。最後は、布団に入っていた高齢者も起き上がり、一緒に「1、2、3、ダーッ」で復興を誓い合った。(抜粋)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110405-00000273-sph-soci

※元ニューススレ
・【東日本大震災】「元気ですか!」 アントニオ猪木氏、被災地に支援物資 被災者にビンタ★2
 http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1302061092/

続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク