2011年03月21日
1 : 名無しさん@涙目です。(静岡県) :2011/03/21(月) 09:24:59.30 ID:hjX0i2gW0● BE:803815834-2BP(111)
「この地震、本当に起きてよかった」大阪府議長が発言

2011年3月21日9時4分

4月1日告示の大阪府議選に立候補を予定している長田義明府議会議長(自民)が、20日の事務所開きのあいさつで、東日本大震災に関連して「大阪にとって天の恵みというと言葉が悪いが、本当にこの地震が起こってよかった」と発言した。長田氏は朝日新聞の取材に「不謹慎な言い方で、反省している」と話している。

長田氏は、橋下徹知事が目指す大阪湾岸の府咲洲(さきしま)庁舎(旧大阪ワールドトレードセンタービルディング、大阪市住之江区)への府庁舎全面移転に反対。東日本大震災で咲洲庁舎が被害を受けたことを「天の恵み」と発言し、「橋下知事の考えが間違っていたということが示された」と続けた。

長田氏は取材に対し、「大阪の府庁舎移転問題の面でよかったと言ったつもりで、地震が起きてよかったと言ったつもりではなかった」と釈明した。

11日に起きた震災で、55階建ての咲洲庁舎ではエレベーターに人が閉じこめられたり、壁面パネルが損傷したりした。

橋下知事は2009年に咲洲への庁舎移転案を2度提案。府議会はいずれも否決する一方、ビル購入予算案は可決。府はビルを第2庁舎として使用している。長田氏はビル購入に賛成したが、庁舎の移転には反対していた。

http://www.asahi.com/national/update/0320/OSK201103200049.html

続きを読む




2011年03月21日
1 : 名無しさん@涙目です。(大阪府) :2011/03/20(日) 22:04:02.84 ID:WlQwmTY9P BE:2020536465-PLT(12000) ポイント特典
http://blog.livedoor.jp/w88/archives/51765314.html
この度の東北関東大震災におきまして、被災された皆様方に心よりお見舞い申し上げます。
逝去されたご親族やご友人の皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。そして、被災地の皆様のご無事と、ご健康と安全と安心を、心より心より祈らせて頂いてます!
辛く苦しい状況の中、懸命に頑張っていらっしゃる皆様の姿に、いてもたってもいられない思いでいっぱいです。

そこで、私、久本雅美災害募金という口座を立ち上げました。
少しでも、ご協力頂ければ有難いです。呉々もご無理されませんよう!
責任を持って、真心を被災地にお届けしますので、宜しくお願い致します。

【銀行名】
三菱東京UFJ銀行 四谷支店(支店コード 051)

【口座番号】
普通預金口座 0099177

【名義】
久本雅美災害募金

振り込む際、口座名が、久本雅美しか出ませんが、大丈夫ですので、宜しくお願いします。
いつも応援有難うございます!!

続きを読む
2011年03月20日
1 : 名無しさん@涙目です。(愛知県) :2011/03/20(日) 07:32:35.96 ID:18wklAuC0● BE:673804782-2BP(1)
香港紙・東方日報は19日の論評で、日本が大震災で混乱している機に乗じて、中国は尖閣諸島(中国名・釣魚島)を奪取すべきだと主張した。

香港では日本に対する支援ムードが広がっており、同紙のこうした主張は異色。論評は「中国が釣魚島を奪回するには、コストとリスクを最小限にしなくてはならず、今が中国にとって絶好のチャンスだ」との見方を示した。

論評は「日本が強い時、中国は手出しができず、日本が弱っても手を出そうとしないのであれば、釣魚島はいつ取り戻せるのか」と訴えている。 

http://news.goo.ne.jp/topstories/world/541/0d082830f26476ace5567ed8cb9e54c6.html

続きを読む
2011年03月19日

1 : 名無しさん@涙目です。(埼玉県) :2011/03/19(土) 16:20:04.22 ID:SMkQjg8h0● BE:1750842566-2BP(1)

NHKニュースから。
政府がメーカーに乾電池を要請 → 
メーカーが政府に190万個を送る → 
危機管理センターはほったらかしで被災地に乾電池が送られず。

理由 「救援物資は自治体の要請があって初めて送るものだが、要請がなかったので送らなかった」

依頼
http://hatsukari.2ch.net/test/read.cgi/news/1300452696/308

続きを読む
2011年03月19日
1 : 名無しさん@涙目です。(神奈川県)[sage] :2011/03/18(金) 23:05:47.89 ID:Q3UhAprr0 BE:610665473-PLT(12150) ポイント特典
http://www.rainews24.it/it/news.php?newsid=151021
Tokio, 16-03-2011

Roma piu radioattiva di Tokyo. E' la sorpresa delle analisi effettuate dalla squadra della Protezione civile italiana, composta da sei persone, giunta oggi nella capitale nipponica.

I rilievi fatti dai tecnici - comunica l'ambasciata italiana - danno una radioattivita di fondo misurata sul tetto dell'ambasciata di 0.04 microsievert/ora.
Per riferimento, il valore di radioattivita ambientale tipico della citta di Roma e di 0.25 microsievert/ora.

東京 0.04マイクロシーベルト/h
ローマ 0.25マイクロシーベルト/h



207 : 名無しさん@涙目です。(長野県) :2011/03/18(金) 23:18:39.24 ID:jFfNrriB0
放射性物質測定、日本の首都東京よりローマが高い。

6人で構成されるイタリア市民保護チームがローマ市で実施した
放射能測定で、ローマの数値の方が東京より高いことがわかり
驚きの結果だと伝えられている。

東京のイタリア大使館で専門家が測定したところ、1時間あたり
0.04マイクロシーベルトだったことが明らかになった。

参考までに、イタリア市民保護チームによると普段のローマ市は、
1時間あたり0.25マイクロシーベルトであるという。

続きを読む
2011年03月18日
1 : 名無しさん@涙目です。(神奈川県)[sage] :2011/03/18(金) 19:44:07.27 ID:sSboLRwxP BE:2385158966-PLT(12000) ポイント特典
 先進7カ国(G7)が、協調為替介入に合意したことで、急激な円高の進行にはひとまず歯止めがかかった。ときに為替政策などで激しく対立してきたG7各国が、東日本大震災で甚大な被害を受けた日本を支援するため、わずかな時間で強く結束できたことは、日本の浮沈を「世界のリスク」ととらえる国際社会の危機感の表れでもある。世界が日本をバックアップしている。

 「異例の対応。それだけ日本経済をサポートしようということだ」

 節電のため照明を落とした財務省内。野田佳彦財務相は力強くこう語った。

 フランスの呼びかけからわずか2日で緊急会議が実現。平時なら文言一つでもめる声明文を1時間でまとめ上げた。野田財務相は「日本の苦境を各国が理解してくれたことが今回のポイント」と、国際協調の意義を強調した。

 震災に加え、原発の重大事故、計画停電など幾重もの痛手を負った日本企業にとって、急激な円高は「こらえられない」(日本自動車工業会の志賀俊之会長)試練だ。介入規模や期間などは明らかにされていないが、円高を仕掛けた投機筋も警戒感を強めており、「警戒感から当面は1ドル=80円を割らないだろう」(エコノミスト)と、効果は抜群だった。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110318/fnc11031819400026-n1.htm

続きを読む
2011年03月18日
1 : 名無しさん@涙目です。(三重県)[sage] :2011/03/18(金) 19:00:06.59 ID:MwIqmC8V0 BE:558624645-PLT(12000) ポイント特典
東日本大震災の影響がスポーツ界に広がる中、団体球技のリーグで構成する日本トップリーグ連携機構の理事会、評議員会が18日、東京都内で開かれ、森喜朗会長が「各競技団体で大会開催の判断はしばらく難しいだろうが、スポーツ界そのものが沈滞しないようにしてほしい」と訴えた。

 森会長はプロ野球セ・リーグが予定通り25日に開幕する点にも触れて「選手の方から延期とか言ってくるのは納得がいかない。経営者が考えること。(ナイター開催に批判もあるが)昼やればいい」と持論を展開した。

 トヨタ自動車会長の張富士夫副会長は「自分の本業でもいろんな状況がはっきりしないと動けない。スポーツ界も電力の問題とか、少し落ち着くまで時間がほしい」と述べた。日本サッカー協会名誉会長の川淵三郎副会長は「すべては原発次第。動向を見極めないと」と見解を示した。

 同機構は被災地に義援金120万円を送る。
http://www.sanspo.com/baseball/news/110318/bsr1103181755008-n1.htm

続きを読む
2011年03月18日
1 : 名無しさん@涙目です。(dion軍) :2011/03/18(金) 03:24:40.70 ID:Q7rcOHCG0 BE:1003334584-PLT(12005) ポイント特典
<福島原発>東電全面退去打診 首相が拒否…水素爆発2日後

東京電力福島第1原発の高濃度放射能漏れ・爆発事故で、東電側が14日夜、同原発の職員全員を退去させる方針を政府に打診していたことが分かった。現地での作業継続は困難と判断したとみられ、自衛隊と米軍にその後の対応を委ねる構えだったという。菅直人首相は打診を拒否し、東電側も一部職員を残すことになったが、東電はその時点で高濃度の放射線被ばくが避けられない原子力災害に発展する可能性を認識していたことになる。

複数の政府関係者によると、東電側が14日夜、「全員退去したい」との意向を枝野幸男官房長官と海江田万里経済産業相にそれぞれ電話で申し入れた。両氏は認めず、首相に報告した。首相は15日午前4時過ぎ、清水正孝・東電社長を官邸に呼び、「撤退はあり得ない。合同で対策本部をつくる」と通告。その後、東京・内幸町の東電本店を訪れ、「東電がつぶれるということではなく、日本がどうなるかという問題だ」と迫ったという。

政府当局者は14日夜の東電側の打診について「全員を撤退させたいということだった」と明言した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110318-00000015-mai-soci

続きを読む
2011年03月17日
1 : 名無しさん@涙目です。(長野県) :2011/03/17(木) 08:01:03.27 ID:CM6yMX4g0● BE:559548285-2BP(931)
アジア各国からの支援広がる

東北関東大震災による甚大な被害を受けて、アジア各国では、被災地への支援の輪がさらに広がっています。

このうち、タイでは、民間企業やボランティアによる主催で、募金活動のほか、さまざまなイベントが開かれ、16日夜も、首都バンコクのコンサートにおよそ1000人が集まって、被災地への励ましを込めて歌を合唱したり、ろうそくをかざして祈りをささげたりしました。また、参加者たちは、鶴を折って、折り鶴には「東北がんばれ」などと日本語のメッセージも書き込んでいました。

一方、インドネシアでは、16日、マルティ外相が記者会見を行い、被災地への支援金として200万ドル(日本円で1億6000万円余り)を拠出するとともに、レスキュー隊や医療関係者ら15人からなる緊急援助隊を、17日にも日本に派遣することを明らかにしました。

インドネシアは7年前、インド洋大津波によって、死者・行方不明者が16万人を超えるという大きな被害を受けただけに、マルティ外相は「当時の私たちに、日本は多大な支援をしてくれた。これまでの恩に報いる機会を与えてほしい」と述べ、今後も可能なかぎりの支援を惜しまない考えを示しました。また、韓国では、16日、被災地への支援を調整するため、政府や民間企業、それに市民団体などによる官民合同の協議が、ソウル市内で開かれました。

この中で、外交通商省のミン・ドンソク第2次官は、日本政府から支援の窓口を一本化してほしいとの要請があったとしたうえで、「韓国民は、隣国の痛みをともに分かち合い、助け合う伝統を持っている。これを機に、両国民の理解と絆が強まってほしい」と語りました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110317/t10014727483000.html

続きを読む
2011年03月17日
1 : 名無しさん@涙目です。(神奈川県)[sage] :2011/03/17(木) 00:19:38.26 ID:wVYgXKEhP BE:993816735-PLT(12000) ポイント特典
100時間ぶりに“生存確認”の14人 「生活できる」と搬送拒否
2011.3.17 00:09
 東日本大震災で打撃を受けた宮城県女川町で16日、男女14人が民家に身を寄せ合って暮らしているのが見つかった。発生から100時間以上が経過しての“生存確認”だが、全員が「自立できる」などと話して救助を拒否した。他にも住民が自宅にとどまるケースはあり、自治体などは津波の再来の危険もあるとして退去を呼び掛けている。

 16日午前10時半ごろ、宮城県女川町宮ケ崎の民家2階で、男女14人が身を寄せ合っているのを救助隊が発見した。町の職員らが避難所への搬送を勧めたが「生活できる」と拒否した。

 同町災害対策本部によると、発見されたのは男性7人、女性7人の計14人で、いくつかの家族が集まっているとみられる。海面からは少し高い場所に立つ家屋で、職員らの「余震が来たらもたないかもしれない」「津波がまた来たらどうするのか」との説得にも応じていない。ただ、体調が悪い被災者が出た場合は病院へ搬送することで合意したという。

 災害対策本部職員は「嫌だというものを無理矢理引っ張ってくるわけにもいかない。本人たちの意思を尊重するしかない」と話す。

 「妻がひょっこり戻ってくるかもしれない」。ほぼすべての建物が損傷した宮城県石巻市湊地区で、自動車整備業、鳥畑真一郎さん(61)は話す。妻は津波発生直前に「友人と買い物に行く」と出掛けたまま帰ってきていない。かろうじて浸水しなかった2階の一部で生活している。

 台所などにあった水と食料は残りわずか。だが「結婚して38年。家の再建はもう無理だろうが、とにかく妻が帰るまでは」と離れる考えはない。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110317/dst11031700100001-n1.htm

補足:14人が女川町の話で、妻を待つ夫が石巻市の話です。
続きを読む
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
スポンサードリンク